2014年01月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 2008年9月7日 支笏湖 | メイン | '11年10月12日(水) 北海道釣行準備 »

m-bobo blog

突然記録再開 '09年6月6日(土) 長良川~庄川水系

荘川支流 イワナ1

090606-1.JPG
● 長良川中流域 

'10年11月15日(日)更新
 2年以上のブランクを経て突然記録再開。

'08年(H20)の春から仕事が悲惨なことになり、引越しまでするはめになって、釣りに行くのもめっきり減ってしまった。
'08年は実家に帰省すらできなかったし…

この記事は'09年6月6日に下書きしたらしいが、それからも1年以上経っている。
釣行の記憶なんてまったくないどころか、今となってはなぜ1年後の'09年6月に再開しようとしたのか、それすらまったくわからない。
まあ、人の記憶なんてこんなもんだ。

今日('10年11月15日)は'10年冬シーズン初の管理釣り場・ひょうたん池でも行こうかと思って数日前から情状収集していたが、なかなかうまいこと最新情報が見つからない。
結局ちょっと時間的に行くのがきつくなってしまったのだが、久々の釣りが流れてしまったやり場のない釣欲から、2年振りの再開に至ったワケだ。

色々見ていて思ったのは、自分の記録が一番自分の役に立つ、ということでね。
「以前は今の時期、どこに行ってたんだっけ?行ったらどんな状況だったっけ?」
という疑問に答えてくれる。
そのくらい覚えておけよ、って話なんだけど。

そしてなぜ1年前の記録から再開するのか?
というのは、ただ単に下書きが残っていたから。なぜ、この日を選んで書こうとしたのか?
覚えてな~い!

というわけで突然再開するが、いつまで続くことやら。
ではでは、1年前に書いた2年前の釣行は以下のとおり。

-----------------------------------------------------------------

2009-06-06

実家にすら帰れないような仕事の嵐も過ぎ去り?というわけではないが、'09年になって少しは余裕が出てきた。
前回から1年以上の時を経て、ようやく再始動か?
長かった、この1年…
これからぼちぼち、過去にさかのぼって記録していくつもり。
まあ、釣れてないのは相っ変わらずなんだが。
去年なんか、ホント信じられないくらい釣れてないし。

-----------------------------------------------------------------

さてさて、今シーズンは長良川に通おうと思った。
去年、とっても本流の釣りがしたかったんだけど、チャンスがなかった。
今までは早春のミッジングメインで通ってた感のある長良川だが、もっと大きな魚を本流で釣ってみたいのだ。
という1年越しの挑戦だったはずが、緒戦のミッジングはいつものごとくゼロ。

それに続く、戻りシラメ・本流アマゴもゼロ、0。
帰宅して釣果が無いと聞いた嫁さんは、いつも夜のニュースのマネする↓
ゼェロ~
って。
くっそ~。

本流のドライは水温が上がりすぎ、鮎釣りも始まるし、もうハイシーズンが外れつつある感があるな。

それなら次はサツキだ。
サツキの為だけではないが、1年近く前から準備していた僕の初のダブルハンドをとうとう実戦配備した。
ところが新品の竿なのに、こないだそっこーで1箇所ガイドをぶっ壊しちゃった。おまけにガイドが外れた拍子にガイドの端が牙を剥き、手がざっくり切れて出血が止まらなくなった。
物持ちの悪さだけは健在。だから僕は生涯補償の輸入ロッドの方がいいんだ…

サツキはロッド壊したくせに勝負すらできてない。

冒頭の写真はそんなサツキ狙いで行った本流だが、ポイント名がわからない。
ちょっとやってもサツキどころか、あたりの「あ」の字すらなかった。
ホントは相戸堰堤とか行きたかったけど、この日は朝方まで外せない用事のせいで、昼過ぎ頃に現場に着いたので、車だらけでとてもじゃないが入る隙間もなかった。

アタリもないまま2時間半以上粘ってしまった。

090606-2.jpg
● 魚影が見えたところ ポイント名がわからん

移動してたら魚影が見えた。今度はシングルハンド。
今年何度か狙った場所だった。う~ん、僕には届かない…

ぎりぎりで届かないことがほとんど殆どで、ごくたまに届いた時もあったかな、という程度。
飛距離もアキュラシーもあと少し足りないのだが、そのあと少しがどうがんばってもいかんともしがたく、逆立ちしても無理なのだ…

そのポイントで以前出会ったFFの男性は、びっくりするくらい飛ばして釣っていた。
竿はスーパープライで、ラインはリオ・グランド(だったかな?)。
ちょっとさわらせて貰ったら、リオ・グランド(?)はスパゲッティみたいな太いラインでびっくり。

しかし、せっかくの道具も僕には扱いきれなくてふにゃふにゃラインしか投げられなかった。
逆に、その男性が僕の道具で投げると、僕のいつものふにゃふにゃループはかけらもなく、まっすぐなラインがしゅーっと遠くへ飛んでいった。
道具換えるよりも自分が練習することの方が大切なのは痛いくらいわかったけどねえ…
飛ばす竿が欲しいなあ…

でも竿は滅多に買えないから、ラインを新調してみるか…
というわけで後日買っちゃった、3Mのエキスパート・ディスタンス・ライン。

しかし、届いた頃にはぎっくり腰になっちゃったので、キャス練出来るのもいつになるかさっぱりわからない、もどかしい…

090606-3.jpg
● 浄化センター

僕が今まで見てきた中ではあまり人がいないことが多かったが、この日は鮎解禁の前日?、既にみんなスタンバイ中なの?えらいこっちゃ、パス。

090606-4.jpg
● 一色川

それで結局旧荘川村まで走った。
ひねりも何もなく、メジャーな一色川に入る。
イブニングの定番プールは、下流から釣り上がって行きそうな人がいたので断念し、特に大場所もないようなちょろちょろポイントから入った。

090606-1735-21.jpg
● 1735 21cm

090606-6.jpg
● 小物


090606-end.JPG
● 月夜だった

え?1匹だけだったの?


投稿者 masaki : 2010年11月15日 12:30

コメント