2014年01月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 2008年8月24日 北海道スペイキャスティング競技会 | メイン | 競技会の結果 »

f-bobo blog

2008年8月30・31日 支笏湖から尻別川そして支笏湖

月末が近づくと滑り込んでくる仕事をできるところまで進め、せめてイブニングにはと、土曜の夕方支笏湖へ。
南岸を目指していたが、この日はなにやら車も多い。
このままでは着く頃には日が暮れてしまいそうなので、南岸をあきらめ丸駒へ向かった。

ほかに釣り人がいない中、9番ロッドに乗せたフローティングのシューティングヘッドをひたすら振り続けるも、僕のロッドにはなかなか反応はこない。

10番フックに巻いた小さなメルティバガーに変えた後、フライを追って食ってくる手応えが伝わっては来たものの、フッキングにはいたらなかった。

日が落ちるのもとても早くなって、6時半をすぎるとあたりはもう真っ暗。

水温を計ろうとウェーディングジャケットのジッパーを下げ水温計を取り出したとき、一緒に携帯電話も滑り落ちてしまった。


まいったな。。


携帯水没との引き換えに水温20.7度という情報を手にいれたけど、あまり嬉しい情報でもない。

代償が大きかった分、手ぶらでは終われないとひたすらキャストを続けた。
そして1時間半がたち、午後8時。
ようやくあきらめる気になって、車に戻った。

ま、釣れないのはいつものことだけど。

そのままニセコまで車を走らせ、道の駅で夜を明かした。

---------------------------------------------------------------------------


翌朝は尻別の本流からスタート。

一つ目の流れをType3で釣り下る。
午前6時で水温は18度ちょっと。
遠投はすこしできるようになったものの、いまだに角度変換がうまくできない。
シングルスペイからいつのまにかスイッチキャストになってしまう。

スカジットのベリーにシンクティップというシステムなのだから
本来ならばスカジットキャストがいいのだろうけど、
Type3ぐらいだとラインはまだ楽に抜けるので、どうしても慣れてるスプラッシュ&ゴーで打ってしまう。

二つ目の流れでヤマメが釣れた。
小さいのに幅広で、口が大きく大人じみた顔つきだった。

そのいい顔を写真に撮りたかったけど、僕の携帯はボタンが反応しなくなっていた。
残念。


三つ目の流れはまた何の反応もなく、そこを後にした。


ずっと下流側に移動して昼食をとり、午後に備えてゆっくりフライを巻くつもりだったのだけど、
目の前の流れを何尾もの大きな魚が跳ねているので、やはりじっとはしていられず
6番のシングルハンドを引っ張り出して狙った。

虫はいろいろ飛んでるけれど、いったい何を食べてるんだろう。

40~50cmサイズがイルカのごとくそちらこちらで姿を見せる。


、、ああ。サクラなのね。。


たまにはシングルハンドも楽しいものだ。

夕方も近くなり、支笏湖へ戻ったがここでもなにもなく納竿。


車のフロントガラス越しにおいて乾かしておいた携帯が
未だ反応せず。
ちょっとヤバイかも。。

投稿者 fumiaki : 2008年08月31日 22:10

コメント