2014年01月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« '08年2月3日(日) 長良川支流 2回目 | メイン | '08年2月11日(月) 祝日 長良川 関観 »

m-bobo blog

'08年2月9日(土) 板取川 (雪)

080209_1352_Ita3.JPG
● 板取川 雪で視界悪し

この前の晩、水道が凍りかけて出が悪くなってた!寒い中でもかなり寒い!

やっと釣りに行ける、と思ったらまた寒波!東京でも雪だと?
もう、槍でも鉄砲でも持って来い、くそ~!


080209_0927_nagara1.JPG
● 0927 月見ヶ原FC下流

出発は8時過ぎ、なのに高速に乗る前の地元の気温は-3℃、飛騨じゃないのに何で?

美濃ICで降り、とりあえずインターすぐの月見ヶ原管釣り下流を見るが、魚影も釣り人も無し。
一応有名ポイントも近いので見ておく。

080209_0933_nagara2.JPG
● 0933 美濃橋

車3台で人影2つ、魚影もライズも無し…

…っさ、板取行こ、板取。

080209_1012_Ita1.JPG
● 1012 蕨生(わらび)大橋

読み方わかんなくてね、地図の索引で振り仮名探したよ、わらび大橋。ワラビかなって気はしてたんだけど(言い訳)。
流れ込み付近に3人組FFMがいて、ライズを狙っている雰囲気だ。

ちょっと下流に入るが、ライズも魚影も無し。少しだけ手を出すが、すぐに諦めて移動した。


080209_1052_Ita2.JPG
● 1052 上牧橋 雪はまだ序の口

やっぱりここかな。
人も大分減ったな。ってことは魚も減ったんだろう。

水温5.5℃、ライズは少々、あまり釣れていない様子。

準備を始めた途端、かなり雪の降りっぷりが良くなってきたような…

この日はドライでやろうと思っていたが、フライを結んでる間にも指にどんどん雪が付いて、結び終わる頃にはフライがビシャビシャ。

やっと投げました!というレベルなので、賢い子は当然食わないね。
そのうち指がかじかんで動かなくなってきた。細糸は濡れた指にくっついて扱いにも困る。
結ぶのもきつくなってきて、結局#18ヘンウィング・ウェットに替えた。

大分経って漸く1匹、19cm。
以前よりサイズが落ちてる。大分抜かれたんだろう。

射程距離が微妙に足りないのと、後ろのブッシュにすんげーフライ食われた上に(←キャスト練習しろよ)、3番で釣っても大して引かなかったので4番にパワーアップ。

次はせめて20cmは越えてくれないかと思って、ライズを狙うと速攻ヒット!

うひょー!僕も少しは上達したか?

080209_1512_Ita4.JPG
● 1512 18.5cm

わお!サイズ落ちてるだろ!
しかもまたスレかい!

寒さと空腹で一旦車に戻る。どうせ3、4人しかいなかった他の釣師(全員FFM)もみんな帰ったし…


080209_1618_Ita5.JPG
● 1618

おいおい、どんだけ降ってんだ?だからここも飛騨じゃないんだってば。
もしもと思って持ってきといた雪ブラシ、まさかこんなに活躍するとは。

夕方まで時々ライズもあったが、対岸の際でライズするようになっちゃった。
一瞬ね、我に返るととっても奇特な人に思えてきたよ、雪の中殆ど釣れてないんだもん。

結局、相変わらず暗くなるまで最後まで粘ったがダメ。


080209_1752_Ita6.JPG
● 10~15cmくらい?

引き上げてウェーダーを脱ごうとしたら、ウェーダーが脱げん!
普通の靴に履き替えたら雪で埋まってしまう。

 080209_1811_Ita7.JPG
● 和紙の里公園?

その分帰り道の景色は良かったね。
雪は半溶けでタチ悪かったけど。

投稿者 masaki : 2008年02月15日 22:39

コメント