2014年01月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« '08年2月11日(月) 祝日 長良川 関観 | メイン | '08年2月17日(日) 長良川 支流 »

m-bobo blog

'08年2月16日(土) 長良川 支流 

080216_Nagara1.JPG
● 1000 今川

前夜は雪、当日は晴天。

0901 出発ICを通過するが、9時までのETC半額割引に1分遅れた。くっそー。
出だしからしてまずいぞ。

以前の釣行で「千疋橋」と思っていた放流ポイントは「今川」だったようだ。
1000 今川。初めて来た。

人も魚もいなくて、どこがポイントかもよくわからない。多分ここ?
ダメだこりゃ。


080216_Nagara2.JPG
● 関観

橋の下に1人だけ。ライズもよく見えないが、うん!ダメ!


080216_Nagara3.JPG
● 1105 板取川・蕨生大橋下流

ここも人がすっかり減っちゃって…

下流側に1人のみ。
20分くらいやってみた。

気温 4℃ くらい
水温 6℃

ウェット、ドライともに反応無し。魚影も無し。
はい、サイナラ。


080216_Nagara4.JPG
● 板取川・上牧橋

あれ?あてにしていたここもダメ?
まさかとは思っていたが、そろそろ小渓流も見てみる頃なのかな。

上牧橋近くの放流河川、乙狩谷を見てみた。


080216_Nagara5.JPG
● 板取川支流・乙狩谷

ここも初めて来た。川幅は4m程度か?う~ん…

途中、小さな堰堤下の小さなプールで釣ってるエサ釣り爺ちゃんがいた(1号)。放流ポイントなのだろうか。
しかしフライで隣に入る隙間はなく、雰囲気も全然ダメなのでやる気にもならん。
はい、移動。


080216_Nagara7.JPG
● 板取川支流・片知渓谷

板取川沿いに下っていくと、次の放流河川は片知渓谷。
片知は美濃フィッシングエリアに1、2度来たことがあるだけで、川のポイントはわからない。

以前読んだどこかのショップのHPを思い出した。
釣るためには自分でよく考えて移動しろと。
魚がいる場所→「放流し易い場所」と考えるべし!

「悲しいけど、これ戦争(?)なのよね。」

テキトーに走っていると、放流しやすそうな場所を見つけた。
覗いてみると、水深は足首からすねぐらい、流れも殆どない。

が、ライズ発見!
そそくさと準備して、1330ころ開始。

初めての場所でどういう状況かよくわからない。

ミッジを結ぼうかと思ったが、長良川中流域付近でこの時期、そしてお昼だしクロカワゲラかオナシかでも出てんじゃないのか。

ミッジ用のティペットをそのままに、#18CDCカディスのアンテナを取って、ストーンに見立てて投げた。

がっぷり食ってきたがあわせ切れ!

ぎゃあああ!!
ちゃんとティペット太くしとけば良かった!

それからの反応が悪い。位置が悪くて魚が見にくく、ライズが時々あるが、安定しない。

やっぱりダウンクロスで狙いたいが、障害物で河原からは移動できない。

ライズの上に回り込むべく、ちょっと遠回りになったが岸に一度上がってから入渓点を探し、やっと再入渓して釣り下っていくと、


がーん。


目当てのポイントにエサ釣り爺ちゃん(2号)が!


仕方なく、付近の端の方でチマチマやったがダメ。

エサ釣り爺ちゃん2号にガイド役?の爺ちゃんまでもう1人追加された。
釣りをせずに、2号(略)に魚の位置を教えている。

大分寒くなって手もかじかんできた頃にエサ爺ちゃん2号が2匹釣って帰った。
2号のガイドは「3匹しかいないのに2匹も釣るなんて大したもんだ」って。
おいおい、その10倍は魚いたけど…

これでこの地元の人の間では「あそこはもう魚が殆どいない」という話になるかも。

今日の教訓:人の話を聞くのは大事だが、話を鵜呑みにするのも危険
ってことかな。

2号が帰る直前、やっと僕が目当ての場所でやれそうになった時、ガイドは云った。

「兄ちゃん、そんなところにおったって魚おらんぞ!こっち狙わなきゃダメだ。」

…ギリギリ…ギュウウ…(歯ぎしりと拳を握り締める音)


そして開始から2時間以上かかってやっと釣れたのは1610。

080216_Nagara6.JPG
● 20cm

ここで衝撃の事実が…

またまたスレ!

フライは#28ミッジピューパだったが、ストマックには小型ストーンのシャックも入っていた。
最初ストーンのドライに反応したのも偶然ではない様子。

その後、ティペットを0.175号から12Xまで落としたがさっぱり…
0.1号は寒かったので使わなかった(指が動かん。)

計約4時間粘ってスレで1匹のみ…

最後は沈めてみたが、最小クラスのヤーンインジケーターですら魚がことごとく避けて通ってる様子が見えたよ…

リーダーの影にもおびえて逃げまどう気難しさ。

あの小さな浅いプールに、ゆうに2,30匹はいたような…

暗くなる前だったが、寒さと釣れなさに絶望して帰った。


いつもより帰るのが若干早かったので、帰りに寄り道して、多治見市にあるショップを初めて訪れた。

どっかで見たことあるような人だと思ったら、阿寒湖のフライな土産物店、OWLのオヤジさんに似てないか?
話し方まで似てるのでちょっと驚いてしまった。

僕は一見なのに親切で、いろいろ教えてくれた。
郡上漁協管内の那比川がいいって。
それと、前回僕が(スレを含めて)2匹しか釣れなかった2月9日、
僕が釣ってた場所の1つ下流にあたる蕨生大橋下流プールでは、雪が降ってから大分釣れたらしかった。

行くところ間違っちゃったか?…

それにしても、もっと前に来てりゃよかった、このお店。

次回は郡上漁協かな?

投稿者 masaki : 2008年02月26日 01:45

コメント