2014年01月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 2007年11月 | メイン | 2008年01月 »

m-bobo blog

'07年12月29日(土) 14回目・ひょうたん池

1匹…
 ・引っ張り 0
 ・浮き釣り 1

何日振りだろう?
月券が終わってからしばらく来れなかった。

この前日から雨。
昼前には雨も上がっていたようだ。寝てたからよくわからないが…

気温はこの日だけ若干暖かめで、10℃は越えていたらしい。

そろそろボートで流れ込みまで行かなくても桟橋から釣れる時期らしいので、第1桟橋に入る。

管理人さん曰く、シンキングなら釣れてるみたいって。

1400ころから、桟橋先端から10m少々、3人目の位置に。
水温9℃。

シンキングと云われたが、シンキングはシューティングヘッドしか持ってない。

このところキャスティング・コンプレックスが悪化して練習せずにはいられないので
最初はフルラインのフローティングでキャスト練習を兼ねる。

寒くなると明るい色が効いてくるという話を耳にしたので、この秋上りアメマス用に巻いたかなり重めのチャートリュースを結ぶ。(他に出番がない…)

ベタ底がタナらしいがフローティングラインで練習したいのでティペットをかなり足した。

さーて、やってみっかね。

あ、あ~…

リーダー・ティペットが長い上にフライが重すぎて、全然キャスティングにならない…

あんまりダメなので一旦フライを回収しようとしたら、すぐ目の前のタナ1.5~2mほどでアタリがあった。

意外と浅いところでアタリがあったので、ウェットと白のラバーショットで浅めを狙う。

しかし、反応無し。

肝心のキャストも、どうしても竿を真っ直ぐ振れていない…
リーダーもターンしないし…

キャスト練習も行き詰まり、タイプⅡのシューティングヘッドに交換。

結論から云うと、引っ張り系は釣果ゼロ。
使ったのは以下のフライ。

・マラブー 黒、茶
・シュリンプ チャートリュース
・ソフトハックル

一度だけ黒マラブーを底で引いててアタリがあったが、それっきり。

1600を過ぎても釣果がなかったのでさすがに焦った。

今年の釣り納めでボーズだけは何としても避けなければ!


…シンキングを中止して浮き釣りに逃げた。(←弱え…)

タナ1.5m、#12GBHピューパ赤
いつもどおり。

程なくして何とか1匹。


はあ~。


その後はもうラインを替えるのも面倒で、キャスト練習に戻った。

バックキャストがグニャグニャなので前に飛ばない…

解禁までに修正できるんかいな?


なんともすっきりしない釣り納めだったが、
来年の釣り納めはもっと気持ちよく迎えられるように
また1年頑張ろうか!

あと1ヶ月もすれば長良川解禁だ!意外と早いな~。
そろそろ解禁準備モードでテンション上げるぞ~!

投稿者 masaki : 00:35

f-bobo blog

47cmの壁

今年も残すところあと3日。

釣行記が半年分溜まってる。。
記録は全部つけてるので、あとは書く時間さえあれば。。なんて
みなさん忙しいでしょうに、やってる人はきっちりやってるんだよね。
こんなことじゃ、いかんばい。

年の瀬なんで、まとめに入らなくちゃ的雰囲気に素直に呑みこまれつつ
今年の極々個人的な総評をひとつ。

6年という個人的感慨からすれば長いような、
でも一般的本気モードのフライフィッシャーからすれば
まだまだヒヨっ子だぜポジションのワタクシ。

人類の歴史が個人の中で再現されていくように、
原始的エサ釣り釣法から華麗なる疑似餌釣法へと発展した
僕の釣りの歴史のなかで、今年はエポックメイキングとなる
ダブルハンドロッドの導入という一大革新が起こった。

この革命的アプローチにより、僕は自分にとって今までない革新的釣果を得た。
だって40オーバーいっぱい釣ったもん。
去年なんか手のひらサイズできゃっきゃ言ってたのに。

そんな素朴な釣人にとって、今まで自分が体験したことのない世界へ
誘ってくれたダブルハンドロッドとそのシステムは、素晴らしく革新的に思えた。

一方スローでパラボリックな定番手シングルハンドをこよなく愛する友人TAKAと
粋も甘いも超越したKUBOTAさんは、
ダブハンなんぞ使わなくとも50オーバー、60オーバーへの世界へと
突き進んでたりするんだから、あくまで個人差を伴う主観的感想なんだけど。

ともかく飛距離なのか、シンキングラインなのか、重たいフライなのか、
はてさてバックスペースのとれないところで釣りができたのがよかったのか、
たまたま魚のいるところで釣りができたからなのか、判断要素は多岐に渡るが、
自分的解釈としてはダブルハンドとシンキングラインと重たいフライを多用して、
かつ釣れそうな場所へ赴き、その結果たまたま釣れちゃったというのが正直なところなんだけど。

って、いっても今年の最寸は47cm。
しかも4尾。最初は尻別川(これは46cmだったかな)。次は支笏湖。
そんでサホロダム。最後は9月の屈斜路湖(しかもスレ)。
なんだ、どうなってるんだ、なぜ50オーバーが釣れん?
べつにね、気持ち一つで47cmの鱒は48cmになったりもするかもしれないけど、
なぜか47cmなんだよね。これが。


50オーバーを目指してターゲットを鱒からサケへ移すという
流行の偽装スレスレ(?)の凶行を進めていた8月のある日、事件は起こった。

早朝、支笏湖で4番フックに巻いた真っ赤なフライをキャストして、
その泳ぎっぷりをテストしていた僕のフライに根掛かりような感触が伝わってきた。
ランニングラインを引っ張るとずるずるとついてくる。
ティペットが切れなくてよかったなんて思っていると、そいつは突如動き出した。
「?!」
かかってんじゃん。

10分近いやり取りの末、距離2mまで詰めたのにそいつはネットをかい抜ける。
で、そのとき姿が見えた。60オーバーのブラウンだ。
そして悲劇は起きた。

テンションが突然軽くなり、頭の中が真っ白になる。
ちょっと震えながらラインを手繰るとリーダーとティペットのつなぎ目で
ラインは切れていた。

後悔の念が走馬灯のように駆け巡る。
ビッグファイト松本で大物相手の取り込みシミュレーションを
やっておけばよかった。。あー。。

かくして僕の今期最大寸は47cmでとまった。

なんで47cmなんだ??


投稿者 fumiaki : 06:32 | コメント (3)

m-bobo blog

'07年12月16日(日) 番外編・ワカサギ~諏訪湖

071216_1022.jpg
● ワカサギ=ベイトフィッシュ

ストリーマーだけじゃなく、ドライまでワカサギ?

…っと思ったのがワカサギ釣りのきっかけ。

071216_0643.jpg
● 餌と仕掛け、竿は「手バネ竿」、オレンジの洗濯ばさみみたいのは竿台


湖の釣りもぼちぼちやってみようかと思い始めてからというもの、とても気になる「ワカサギ」という魚。

「リアルなワカサギ」なんて云われても、元をよく知らないんだからしょうがないのだ。

御母衣湖で立ち込んでいた僕の周りを泳いでいたチカのような魚、あれだ。


気になりだしてから新聞の釣り欄を見たら、東海・中部地方では諏訪湖(←東海じゃないだろ?)がダントツの釣果で、時期によっては何と1,000匹以上釣れている。
そんなにたくさん見たくないけど…

僕のフライの何年分の釣果だろう?いや、何10年分?

去年住んでた岐阜市近くのダムでもワカサギは釣れるし、実は今の自宅近くにもワカサギ釣り場はある。しかし、どうもやる気にならないんだよね。あんな所で?って思っちゃう。

それに、諏訪湖とは釣れる桁が違うので(ほんとに「桁」が違うのだ)素人の僕では気持ちよく釣れることはまずなさそうな雰囲気なのだ。(2桁から数百!匹程度)

釣れないのはフライだけで十分だ…

そんなこんなで、去年の渓流オフに初めて行った。
アップしようとしたらもう1年経っちゃったので去年の初釣行ネタはボツにするが、人生初釣りで、嫁さんと2人で200~300匹くらい釣れた。

最初のうちは美味しく楽しく食べたが、そのうち食べても食べても一向に減らず、最後は拷問のような状態で食べざるをえなくなった。

しかしまあ、1年に1度くらいはたくさん釣れてもいいかな~とも思う。(←フライでたくさん釣れよ!)

今回は嫁さん欠席で1人だが、キープ数を抑えたいからまあいいか。

---------------------------------------------------------------

さてさて、前夜は初のネットカフェ泊、寝れんかった…

時間の関係で、早めに宿?を出てワカサギドーム船をやっている民宿みなとへ行く。

コンビニで時間調整してたら、のんびりし過ぎた…6時過ぎに到着すると、既に受付は行列だ。

0630ころ、「1人だけなら乗れるよ」って云われて乗船。僕予約ちゃんとしてたんですけど…

まだ暗い中、1人席に案内されると、隣りに座っていたベテランらしき人の桶には、客の乗船が完了する前から既に多数のワカサギが!

おお~!こんな人たちが4桁の大台を釣るんかね~?

って感心しながら、よっこらしょっと座ろうとしてる最中にも隣じゃバリバリ釣る。すげー。

船が動き出したのでみんな一旦竿を上げ、湖の中程まで移動して、いよいよ本番開始。

…ところが、みんなアタリがない。

気の早い人は「さっきの方が釣れんじゃねーのか」って大声で文句行って船頭さんが困ってるじゃないの…

管釣りのひょうたん池より反応いいと思うけどなあ。

さあ、僕もやってみよう。久々に見たワカサギ用の餌。

071216_0644.jpg
● 餌の紅サシ

餌の「べにさし」を今調べたら「人工飼料で養殖された、イエバエのウジを食紅で染めた」云々~って、うげ…

僕がフライをやるのって、キモイ餌なんかを扱うのが苦手ってのもあったな、そう云えば…

071216_0647.jpg
● 紅サシの大きさは1cm以上

船頭さんは、食いが悪くなったら餌を一部切って中のエキスが出るようにするといい、って…

それにしても餌持ちがいいね。皮が結構丈夫で、自然の物ってのは良くできてると感心する。

071216_0650.jpg
● 爆釣さんの道具立て

白い横長の魚入れ(中は網の二重構造で水切りをしやすい)はベテランの標準装備らしい。
クーラーボックスに座るより、床に直接座る方が手返しがよい気がする。

竿を2本用意して、一本巻いてるうちに他の一本掛もかっちゃうんだよね。

とっても忙しそう。

群れがきてるとみんな釣れるが、過ぎ去ってしまうとさーっぱりなので、群れがきた時のわずかな時間でいかにして手返し良く釣るかが重要なのだ。

071216_0650-2.jpg
● 中はこんな感じ

ドーム船って、筏の上にビニールハウス建てたようなもの。筏の下はドラム缶とかだし。エンジン付いてるけど。


071216_0653.jpg
● こんな自作の竿台を持ってくる人も

竿台の上にのってるのは電動リール、グリップに電動リールが内蔵されている。
自作できそうだけど結構めんどくさそう。

071216_0950.jpg
● この日唯一の5連掛け

5匹なんて、フライじゃ1日分の釣果の時だってあるのに…

071216_1021.jpg
● 本題のワカサギ資料写真

コレを参考にしようと思ったけど、あんまり参考にならなさそう…


071216_1041.jpg
● 自動タナとりシステム

乗船受付で借りる竿は「手バネ竿」。
竹ヒゴ程度の細さのバットとティップで、グリップに結びつけた糸を引っかけるところがある。

糸が切れることはまず無いが、もし切れても道糸でも3X程度なので、いつもろくに出番がない糸をちょっと使ってあげられる。
まず使うことはないが、フライフィッシャーなら3Xの先につける5~6Xと、ハリス用に8~9Xがあれば糸はまず問題ない。


釣具屋に売ってる枝針仕掛けなんて、こんな釣りでもなきゃ買うことはない。

仕掛けは一番下に重り、その上に5本くらい枝針が付いている。

で、釣り方なんだけど、タナは底なので仕掛けの一番下にある重りを着底させ、上下に揺らして誘いを入れて食わす。

ドーム船は一度固定されると動かないのでタナは変わらない。

なので、タナを最初にとったら糸巻き部分で輪ゴムを余分な糸にかませば自動タナとりシステムなのだ。

071216_1042.jpg
● 隣の人

ああ~、タオル忘れた~!
ウェットティッシュも欲しいなあ。

071216_1104.jpg
● こんな隙間から釣る

糸を垂らすのは隙間だけど、この写真で見るほど狭くはない。釣りをするには十分なスペースがある。

071216_1258.jpg
● 遠くに見えるドーム船

天気が良いと気分も良い。
あわよくば船を下りてからライズを探して、陸っぱりでワカサギをミッジングで狙えないかとフライ道具も持ってきていたが、この風じゃライズもないわな。
 
071216_1259.jpg
● ドーム船内の様子。ほんとにただのビニールハウス

寒くて外でやる気にならんなあ。
一部の石油ストーブには薬缶がのってるので、カップラーメンやコーヒー、スープなど持ってくれば良さそう。補充用の水もあるし。

071216_1555.jpg
● 諏訪湖の景色は綺麗だね~

諏訪湖を初めて見た時は「えらい開発されててイマイチだな~」と思ったけど、冬の景色は全然違うね。

071216_1559.jpg
● あっちは山梨なんだろうか?

僕はフライ以外の釣りはまずやらないので、たまに違う釣りしてみるとそれだけで参考になることもあるね。

よくニジマスの「群れ」とか「回遊」って言葉を聞くけど、ワカサギだとすごくわかりやすいのだ。

船のどっちかの端から反対側に向かってみんな順番に釣れ出したりとか、逆に一瞬真ん中付近だけが釣れて、両端は全然アタリすらなかったり。

肝心のワカサギの観察があまりできなかったのはどうかと思うが、今回は適度に持ち帰って良かったな。
唐揚げ粉につけて、さっと揚げて美味しくいただきました。
ご馳走さ~ん!

あるといいもの
 ・タオル(ウェットティッシュ)
 ・座布団
 ・餌入れケース、ヨーグルトの空きカップで十分(写真で餌を入れてたヤツ)
 ・お湯を入れて作る飲み物、カップラーメン

注意点
 ・丸ごと唐揚げにすると、でかすぎるワカサギは食べる時気持ち悪いから
  大物はあえてキープしない方がベターかも。

投稿者 masaki : 22:22

m-bobo blog

'07年12月15日(土) ショップのイベント

071215_1507_jani.jpg
● 講座

この日はショップの展示即売会でいざ長野へ!

ETC通勤割引のうちに諏訪攻めだ!
と云う気合は朝までもたず、11時過ぎに出発。

恵那IC~塩尻北IC 約135km、3,700円!!

塩尻北ICを降りてから会場まで6~7kmなのだがいつも来てから思い出す、国道19号は常時渋滞なのだ。

1300からのマーヴェリック・勝俣さんのハックル講座になんとか間に合った。

その後買い物して、

1500から今度はキャナル・岩崎さんのマテリアル講座。

2人の話をごく簡単にまとめると

「ハックルやマテリアルの輸入は、検疫や動物の保護で将来先細りするかも」

ってことで、早い話が今のうちに一杯マテリアル買ってね!ってことかい?

今回はマーヴェリックの豊富な在庫からグリズリーのハックルを選べたらいいな、と思って行ったのに、いきなり勝俣さんが「今回はグリズリー1枚も持ってきてないよ、在庫無いから。」
って、そんなあ…

とりあえず、ハックルは品薄なんやね…

今回は他にウェーディングシューズとベストを買い換えるつもりだったのに、あまりなかった。

それでも気がつけば何時間居たんだ?ってくらい。

17時くらいに会場を出たら、今度は松本IC近くの上州屋へ行く。

僕はこういう量販店に来る機会はなかなかない(店がない)。

こういう店でたまに見る日本の大手メーカーが作るリールはコストパフォーマンスが高い、と思う。

さっきイベント会場で見た自分が欲しいと思う洋物は、これらより値段ははるかに高いが品物自体は日本製の方が上のような気が…

どんなもんだか。

若干のフライ用品を補充したあと、ワカサギグッズを入手していざ諏訪攻め。

071215_1815_matsumoto.jpg
● 松本

この写真じゃよくわかんないけど、とりあえず渋滞でした。


松本から諏訪湖に行く途中の峠では雪が降っていた。諏訪湖畔の岡谷市に入ったはいいが、市内で行き先をだいぶ迷い、気がつけばもう2130。

とにかく風呂に入りたくて彷徨ったら、児湯(こゆ)と云う不思議な名前の温泉にぎりぎりで入れた。

071215_2201_jani.jpg
● 児湯(こゆ)

児湯の駐車場は付近あちこちにあるのに、本体のこの小ささは何なんだ?

でも入浴できるのでほっとした。

とりあえず入浴券を買おうとしたら↓

071215_2200_jani.jpg
● 券売機

220円って!?

安い…安すぎる!何なんだこの安さは!?

しかし掛け流しの風呂だそうで、湯温も高いので加温もしない湯量の豊富な温泉だ。
古くさいけど、学生時代に通った町銭湯に比べたらだいぶ綺麗だし。

慌てて入って、今度は本屋でネットカフェを探す。

他にもあったが通り過ぎ、下諏訪まで来てやっと発見。

初めてのネットカフェ泊だがこういうものなのか…

071215_2300.jpg
● 広さ1畳くらい?

この日のまとめをしていたらもう0030。

ネットカフェ泊は7時間コースに夕飯のうどん300円を足して、しめて2,100円。

こんなところが荘川あたりにあったらしょっちゅう使っちゃうな~。

翌朝は0600には民宿みなとに行ってワカサギドーム船の受付しないといけないから、早く寝ないと…

でも腰痛いわ~…寝れんし…

投稿者 masaki : 22:39 | コメント (2)

m-bobo blog

'07年12月11日(火) 13回目・ひょうたん池

4匹…

071211_1408.JPG
● 1408

この日は1330過ぎから。

だいぶ冷え込んで、予報では雪もあり得るとのこと。
午前中からぽつりぽつりと雨が降っていたが、時折きつめに雨が降った。

寒い…

初めてボート2時間コースにしてみたが、やっぱり、ちょっと時間が足りない気がしたな。

入るときにちょうど上がってきたルアーマンと話をしたら、流れ込み以外はあまり釣れないとのこと。
でもフライでは結構釣れていたらしい。

流れ込み方面へ向かう途中、第3桟橋~第1ワンドの間の沖合付近で時々ライズがあったので少し狙うが、何ともならなくてすぐ移動。

他のボートは2艘だけか?


「流れ込み」へ。

071211_1418.JPG
● 1418 #12GBH赤ピューパ

30分以上かかって、やっと偵察用の浮き釣りで釣れた。
やたら元気のいい40越えの無斑。

でも以前に比べ、流れ込みでの反応はずいぶん減ったし、反応があってアワセても掛からない微妙なアタリが増えた。

こんなこと前まで殆ど無かったのになあ。

この前の週末に放流したらしいが、釣り大会でスレたとかって影響あるんだろうか?

開始から1時間経ったので様子見の浮き釣りをやめてウェットに換え、流れ込みの奥の方へ少し移動した。

散発ライズをいくつか狙ってようやく釣れた。

071211_1500.JPG
● 1500 #14コンドルクイル・ソフトハックル

その後いくつかアタリはあったがやっぱり少ない。


071211_1512.JPG
● 1512 #14コンドルクイル・ソフトハックル

ボートは2時間なので、この後ボートを返却して第3桟橋へ移動した。

釣りを中断してひょうたんの端から端までボートを漕ぎ、荷物を全部降ろして上陸してから今度は荷物を持って第3桟橋まで移動して…

結構時間掛かったな。結局30分くらいは釣りができず。

時間もったいね~!

ちなみに、この時は初めて両舷が低くて舳先が尖った流線型のいかにもって形のボートに乗ったけど、
ひょうたんで乗り慣れた四角い釣り用ボートの方が使い勝手が良かったなあ。


さてさて、雨もいい具合に降ってて寒いし気温も低下しちゃったし、こんな雨ならやらずに帰りゃいいのにって思ったけど、陸でキャス練したくなってしまった。

初の第3桟橋での釣り。

ライズもあんまりないし、少し疲れて休憩がてら浮き釣りしたらタナ2mで釣れた。


071211_1610.JPG
● 1610 #12GBH赤ピューパ

以後何もなし。

たまに射程圏内のライズがあっても、投げたところで数回ウェットをチェイスしただけで掛からなかった。


071211_1610-2.JPG
● 1610

キャス練しても最後はターンオーバーしなくて、ラインも心もくしゃっと失速。

ついつい暗くなるまで粘っちゃったけど、

濡れるわ寒いわ、釣れんわ飛ばんわで半日釣りでは珍しい位疲れたな…

投稿者 masaki : 20:38

m-bobo blog

'07年12月7日(金) 12回目・ひょうたん池

2~3匹くらい…

071207_1413.JPG
● 1413


月券終了後の初釣り。

天候良く、風も少ない。最近にしては暖かい。

さあ、初めての時間券(5時間1綴りで2,500円、つまり1時間500円)。
コレは比較的安いんじゃないかなあ。やった分だけ払えばいいし、状況悪くなればさっさと帰れるし。

1320から。

水温9.5℃
お!やっと10度を切ったか。

流れ込みを目指して漕いでいくと、第3桟橋から第1ワンドの沖合、ライズ多数。

何度か表層のウェットに反応があったが乗らず。

071207_1359.JPG
● 1359

1時間弱かかってウェットで何とかライズを2つ。

ここで初めてのアメマス系イワナが釣れた。

ブルーがかってて白点も大きく、イワナじゃないと云われりゃ確かにいつも見るイワナとは全然違うけど、こんな小さなヤツをアメマスと呼ぶのもどうなんだかねえ。


以降ダメ。

↑コレで記録終了。アレ…?


とにかく、釣れなかったんだよ。

流れ込みとかももうダメでね。

そんな記憶しかもうないよ。

2~3匹か、もうちょっと釣れたかもしれないけど、確実に云えることは

絶対に5匹までは釣れてないってことくらいか…


…月券買って通った今までの努力っていったい…

投稿者 masaki : 20:51

m-bobo blog

'07年12月1日(土)  11回目・ひょうたん池・中締め

合計 14匹
 ・引っ張り 10匹
 ・浮き釣り 4匹
071201_1139.jpg
● ひょうたん池

この日は大枚はたいて買った月券の最終日、一区切りつけにきた。

中間試験のつもりで本気モードだ。
なので写真は1枚だけ。


1210 から、流れ込みの石に近い方へ。
まずは浮き釣りでの様子見から。タナは相変わらず1.5m、フライはいつもよりちょっと小さくして#16のGBH黒ピューパ。
フライのサイズをいつもより小さくするところからしてやる気が現れている。


10分間で3匹、その後10分で1匹。

1230頃 から風で水面が波立ち、アタリがわかりにくくなる。
その後ライントラブル、システム組み直しに併せて

#16ミッジウェット(グリズリー・ウィング)

に交換、ショットを噛まして浮き釣りで釣れてたタナの1.5m前後を狙った。

たまたまライン回収の為にリールでラインを巻いたら反応が出て、その後スローリトリーブにしたらアタリが増えた。

1255 ウェットで1匹、スローリトリーブ。

それからショットがフライまで移動してしまったので、フライから離すと1投目からアタって、ウェットの2匹目。

しかしまたアタリが減った。

今度はショットを大きくし、スローな底引きを試すがアタらず、フライ回収時に引いたらアタリがあったので、途中から早く引いて誘いを入れたらアタった。初の誘い食わせでウェット3匹目、1325。

早めのリトリーブと誘いで釣れたので、そのままトライするがまた反応が無くなる。
今度はベタ底でしばらく止めてから、ちょっと動かしたらきた。

1335 ウェット4匹目。

上、下、遅い、速い…タナもスピードもてんでバラバラなのでパターンがつかめない。

1343 またベタ底狙いでスローに引くと反応があったがすぐばれた。

1355 ウェット5匹目 底付近、スレ!…

この10分くらい、ウェットの底引きで反応が多数あった。

1400ころ 大物が掛かかって糸切れしたり、ジャンプでバラしたり、取り込みができない。

1430 ウェット6匹目、またまたスレ!!…

1440 ウェット7匹目 ポーズで微妙なアタリがあった。ポーズ強し!

1445 ウェット8匹目、これもポーズで食ってきた。40cmクラスで、今日の大型の部類かな。顎にスレ!!

    カラーショット白色に変えてからスレ多発。

1500 ウェット9匹目、リーダーの動きとポーズでアワた。

GBH#12黒ピューパに交換、白ラバーショット、超スローに引いたらポーズで2投目に出たがのらず。
その後ショットを普通の小さめのものに替えてもアタリはあった。

1553 ウェット10匹目、ソフトハックルに替えてフォーリング中に向こうアワセ。

1620 ひょうたん池7回目に釣った59cmよりも大きな魚が掛かった。
今まで経験したことのないような引きで、いきなりバッキングまで持って行かれたが、リーダーの結束部から切れちゃった。

以降何も無し…

バラしも多かったが、浮き釣り以外の方が釣果が多くなり、ようやく手応えを感じはじめたところだったのに~!!

月券、あと半月分くらい延長できたらいいのにな~(←無茶云うな)。

僕の小遣いでは月券は1回(1ヶ月)が限度ですわ、もうもちません…


初ひょうたん釣行だった1ヶ月くらい前に比べれば多少は進歩したが、果たして値段分の効果はあったんだろうか…?

あったと云うことにしておこう、とりあえず。

投稿者 masaki : 00:50

m-bobo blog

'07年11月30日(金) 10 回目・ひょうたん池

嫁さん  9匹
僕    ドライ1匹、ウェット1匹、浮き釣り2匹…

071129_1150.jpg
● 1150

写真はあるが記録がないぞ…

と思ってたら、写真の日付が1日間違ってた 

この日も嫁さんと一緒に行った。

1130から。


風無し、ライズ多数。


第3桟橋~第1ワンド方面


1140 半沈みドライ#18で小型(30cm)

久しぶりにドライで釣れたよ~。ウハウハ。
珍しく、というより初めて嫁さんより先に釣れた。


071129_1151.jpg
● 1151

しかし嫁さんもすぐ釣った。
いつもの浮き釣り#12GBH黒ピューパ、タナはいつもよりちょっとだけ浅めの1.3m。


071129_1201.jpg
● 1201


071129_1216.jpg
● 1216

第1ワンド、馬の背と移動する。

馬の背で嫁さんが浮き釣りで1匹。

071129_1325.jpg
● 1325

1400頃から流れ込み。

嫁さんがタナをちょっと深めにして、浮き釣りで釣り上げる。

同情された僕は、云われるがままに浮き釣りタックルを借りて2匹釣り、とりあえず落ち着く。

それから僕は食事なんかしてる間に、嫁さんはぽつりぽつりと釣っていった。

僕は食事休憩後マラブーの黒、茶その他を試し、1530からはウェットに交換したけどさーっぱり。

1600頃に三角地帯に移動し、ライズがウェットでとれた。35cmすらない小型だったけど…

嫁さんは結局9匹、超初心者のはずなのに…

あ~あ…

投稿者 masaki : 23:46

m-bobo blog

'07年11月25日(日) 9回目・ひょうたん池

嫁さん 3匹(浮き釣りピューパ)
僕   5匹(ウェット、夕方はライズねらい)


071125_1440.jpg
● 1440 

この朝もかなりの冷え込み。
この数日で車のガラスに霜が降りるようになってきた。

三連休の最終日で混雑も想定の内だが、前日の土曜日よりはマシだ。

今日は久し振りに嫁さんと一緒。

1430 開始

流れ込みはいっぱいだったのでその一歩手前、三角地帯の神谷ワンドの入り口方面へ向かう。

まずは#5で浮き釣りタックルをセットして嫁さんに渡し、状況を見る。
フライはいつもの#12GBHピューパ、タナは1.5m。

それから自分用のシンキングとフローティングのタックルをセットする。

天気は良く厚着には暖か過ぎなくらいで、予報でも平年より暖かいとのこと。
風は少々、時折ライズがあるが多くはない。

周りはポツリポツリと釣れている様子。

いつもなら僕の分のセット中から嫁さんにアタリが出るのだが、
さすがに連休最終日でそこそこ人がいると反応が悪いようだ。

嫁さんはここ数回のひょうたん池通いで少し釣りを理解してきたらしく、
初めて自分でタナを調整し始めた。

C&Fのインディケーターなので、浮きを動かすのに「やり方教えて」ってほどのものでもないんだけど。

タナを1.5mくらいから2m位にしたら釣れた。


やるじゃないの。


どうも星ヶ見荘?の岸へ向かって投げたら反応が出てきたと云うので、
僕はフローティングラインにソフトハックルでそっち方向を狙ってみる。

途中からショットを噛まして、いつもより若干深め、嫁さんが云ってたタナを狙って引くと、やっと釣れた。

嫁さんはテンポ良く?釣ったが、タナを深くしてティペットが長くなってライントラブルが増え、しかも僕が面倒をみる回数を減らしていったので、実釣時間が減ってしまって、だんだん斥候役も怪しくなってきた。


その後僕が数匹追加したところで流れ込みが空いてきたので移動。

1600? ころからかな。ライズが増えた。

フローティングは柔らかな#4ロッドにセットしており、射程距離を稼げる#6ロッドはシンキングラインだったので、フローティングに換装した。

ライズをしり目に、焦ることあせること。

そして、ラインの換装が終わるころ、ライズも下火になった…

まるで、ミッドウェーでギリギリに魚雷と爆弾の換装を行って
大敗を喫した南雲忠一なのである。

最低だ…


南雲的換装に後悔しつつも粘ったら、
16時も半分すぎてやっとウェットでライズを2つ。


初めて(超初心者:嫁さんの)浮き釣りに勝ったな。


1700終了

投稿者 masaki : 22:45

m-bobo blog

'07年11月24日(土) 8回目・ひょうたん池、晴れ

3匹…

071124_1507.jpg
● 1507

この朝もかなりの冷え込み。
三連休の中日なので混雑するのは想定の内だ。

勤労感謝の日も真面目に働いたし。

1330 開始 晴れ、風あるが夕方やむ。
ライズなし。
 
三角地帯と流れ込みの間の狭くなったネック?部分。
流れ込みはボートでいっぱいでちょっと入り込めないな…

まずは浮き釣りタックルをセットして投げて、その後シンキング用の竿をセットする。
タナ1.5m。

いつもならシンキングをセットしてる最中にアタリがある。

投げて2、3分後アタリあったけど、シンキングタックルをセット中で対応出来ず。


混んでるが意外といつも通り反応あるじゃないか。ひと安心。


ところが、その後アタリ無し…

一艘居なくなったのでちょっと位置をずれて、しばらくしてやっと1匹。

開始から1時間あまり、前回も大きいのが釣れたが、今回のも重かった。ただし、ファイトはしなかったけど。

071124_1445.JPG
● 54cm


その後またしばらくアタリなし。

風が弱くなり、ライズもちらほら出てきたので、ウェットでライズを狙う。


1520頃 やっとライズが取れたと思ったら、初ブラウン45cmクラス!

僕は釣りを始めて最初に釣ったのがブラウンだったので、ブラウン大好きなのだ。嬉しい。

ところーが、スレ

しかし、ライズを狙うのに「ドライじゃないのか?」という疑問は自分自身あるけど、

ライズを水面直下のウェットで攻めると、魚がウェットに食いつく波が出るところが憎い。

ドライへの反応にも似たドキドキ感があって、これはこれで楽しい。

…っと、スレのヤツがなんぼ云っても空しいだけか…


071124_1517.jpg
● ブラウンの写真??

その後またさっぱりライズ取れず、流れ込みの右側の空いたスペースに入る。

071124_1602.jpg
● 1602

1600頃、35cm強が1匹

1700終了

この日は人も多くて、厳しかったなー。

投稿者 masaki : 21:58

m-bobo blog

'07年11月19日(月) 7回目・ひょうたん池

マラブー 1匹
ウェット 1匹
浮き釣り 10匹(GBH黒、赤ピューパ) ←アレ?…

またまたこの冬一番の寒気が来た。
ひょうたん池から見える恵那山も広範囲に雪をかぶっていた。

この4日前、恵那山に飛行機が落ちた時に雪が降ってたら、もっと大変だったことだろう。

他のボートは2艘。

1245から流れ込み。

071119_1246.JPG
● 1246 流れ込みの一角

まずは浮き釣り探りを入れる。いつも通りの#12GBHピューパにタナはとりあえず1.5m。

開始早々に…

071119_1248.JPG
● 1248 は…速い!(←誰?) 


調子よくコンスタントに出た。他の人も釣れていた。
いくつかポンポンと釣ってとりあえず気持ちを落ち着かせる。

ついでに体まで落ち着いちゃって、やりとりまで座りながらやっていたら
いきなりでかいのがジャンプして焦る。


結局立ち上がってからえんえんリールファイトしたら、びっくりの59cmだった。


アタリは普通だったのに。こんなトラウト初めて釣ったよ。


071119_1301.JPG
● この写真かな?

でも、そういえばNZで知り合いが釣ってたレインボーは
包んでいた新聞紙からはみ出ていたような記憶があるな…

向こうにいた貧乏旅行者は貴重な食料にしてて、キャッチ&イート派が多かったような…

ひれボロボロのひょうたんの魚でさえこれだけなんだから、野生の魚のパワーってどんなもんだろうかね?


ほんのちょっと浮き釣りで様子見るだけのつもりが、
ついつい調子にのっちゃって「たまには10匹くらい釣ってみたいなー」
なんて欲が出てきちゃった。

年中釣れてないので、たまに釣ったってばちはあたんないよな…

ひょうたん池に来ている目的はあくまでも
「湖やダムでの沈める釣りができるようになる!」
ことのはずなのに、浮き釣りの目先の釣果に心を奪われてしまった。

で、1430に2時間弱かかってようやく目標の10匹をクリア。
出だしが良かった割に時間掛かったような気もするけど…


その後本題の引っ張り系にした途端反応が無くなり、投げ続けること1時間以上。


1610過ぎに2匹立て続けに釣れたのみで、後は成果なし。


071119_1338.jpg
● 大物はこれか? 

前振りの浮き釣りで圧倒的に結果が出てしまうってどうよ?


投稿者 masaki : 20:22

m-bobo blog

'07年11月17日(土) 6回目・ひょうたん池

5匹。

071117_1311.jpg
● 天気はいいんだけどね

この日は仕事の関係で午後から1人で。

週末だけあって人が多い。ボートも結構出ていた。

この数日は今シーズン一番の冷え込みになってたので、どういう変化があるんだか。


管理人さん曰く、「冷え込んでターンオーバーしたから濁りが入った」
ということだった。

ふーん、そういうモノなんだ。

日中でも風があり若干肌寒く感じた。

071117_1441.jpg
● 風が強いねー


さて、肝心の釣り場は、ボートで奥の流れ込み方面へ行く。行く途中にライズはあまり見あたらない。

1330ころから開始。

流れ込みの右奥の方、ブッシュの下にいつも通り小型がぽつぽつライズしていた。

上りアメマス用のヘビーなやつを使ってみようと思っていたが、今日は水深のあまりない流れ込みからほとんど動けなかったのでまた次回の課題にしておこう。

大型ドライから様子を見ながら徐々にサイズを下げていった。

ミッジサイズを使う前に軽く引っ張り系を試すがこれも無視されたので、この日の傾向を探るべく、浮き釣りに変更してスレッドボディーのビーズヘッドピューパでいく。
この組み合わせだと、初心者の嫁さんでもタイミングがいいとポコポコ釣れちゃう。

ところがこれもダメだった。

ようやくミッジウェットを取り出したらやっと反応が出るようになったけど、僕の不注意で1匹も取れず。

お茶入れたりお菓子食べながらの釣りだったので…

ライズを諦め、ティペットを組み直して流れ込み中央部に投げると、タナ1.5mほどでいきなりヒット。

1410頃から10分くらいで4匹、あわせ切れやバレもあったので、ほぼ入れ食い状態。

ま、この時だけだったけどね…


他の人はかなり釣ってたので出遅れ感は否めない。

一時のパラダイスは終わり、それから約30分試行錯誤。
その割にすぐバレた。

で、さらに暫くして1520、黒のマラブーに替えたら一発でヒット。やっぱり、フライはマメに交換しないとダメなんだな。
魚はよく見てるんだろうな、きっと。

ホウライマスだった。

だんだん寒くなってきて、陽もだいぶ傾いてきて、最後まで粘ったけど後は何もなし。

何じゃそりゃ?


今日の結果
・浮き釣り 4匹(GBH黒、赤ピューパ) 
・マラブー 1匹(黒)


投稿者 masaki : 01:41

m-bobo blog

'07年11月13日(火) 5回目・ひょうたん池

数不明。


この日も昼から、写真は無し。


嫁さんとボートで三角地帯へ。

ライズはちらほらあったらしい。


入渓?後、先にセットした嫁さん用の浮き釣りタックルは5分ごとに釣れた。やりとりその他を考えれば、投げてちょっと待てばすぐかかるくらい。

僕はドライを試す。

嫁さんが3匹釣ったところで、浮き釣りタックルを貸してもらう。僕もすぐ2匹釣れた。

1330以降(←記録してたのたった30分だけかい!)
記録なし…

投稿者 masaki : 00:40

m-bobo blog

'07年11月8日(木) 4回目・ひょうたん池

僕 マラブー3匹 + 浮き釣り4匹
嫁さん 10匹

071108_1300.jpg
● 神谷ワンド 

この日もボート日和で嫁さんと遊びに来た。


1305、三角地帯。

まずは#5の浮き釣りタックルを嫁さんに渡す。

タナ1.5m、#12 赤GBHピューパ。

自分用タックルを準備し終えないうちに嫁さんに反応あり、立て続けに2匹釣る。

071108_1317.jpg
● 1317

その後嫁さんはライントラブルでしばらく中断。

僕は嫁さんのランディングやライントラブルを手伝ったり、自分用のタックルをシンキングにセットし直したり、お菓子食べたり(←?)してたら、30分以上遅れてスタート。

三角地帯辺りはたぶん水深4-5mくらい。

どうやって測ったのかって?

えーとですね、それは…


ボートの錨を沈める時にロープを何となく手で測りながら沈めてるわけですね…


決してテキトーにやってるわけではない!


概算ってことで…


Type-Ⅱのシューティングヘッドに#10-12くらいのGBH(ゴールドビーズヘッド)マラブー黒。 

投げた直後にまた嫁さんの手伝いをして、自分のタックルはほったらかし。
それで沈めきったと言うことなのか?

底で当たって喜んでいると、嫁さんの浮き釣りにも掛かってWヒット。


その後も釣れ続ける嫁さんとタックルを交換して暫し浮き釣りに浮気すると、20分で4匹釣れた。

しかしやっぱり浮き釣りに飽きたので引っ張り系に戻っても反応があった。

15時までに引っ張りで僕が2匹追加。


ところが、その後の記録がないので僕は釣れなかったんだろう。

071108_1453.JPG
● 1453

おまけに嫁さんが要らんのまで釣っていた。


071108_1519.jpg
● 1519 

その後は嫁さんの浮き釣りの独壇場だった。

初心者の嫁さんにすら太刀打ちできず、浮き釣りに圧倒的に負けてしまった。

でもまあ、同行者に釣れないと気まずいのでこれでいいか。

天気も良く楽しい1日だった。

投稿者 masaki : 00:36 | コメント (3)

m-bobo blog

'07年11月3日(土) 3回目・ひょうたん池

5匹以下?

071103_1147.jpg
● 1147

この日は好天、ボートなのでやりやすいよ、と嫁さんも誘ってきた。

「流れ込み」~「三角地帯」へ。


嫁さんに#5の浮き釣りタックルを渡した。

タナは1.5mで、フライは#12ゴールドビーズヘッドピューパ。

自分用は#6の引っ張り系、ただしフローティングライン。


071103_1324.jpg
● 1324

1330前後頃から嫁さんの浮き釣りに反応が出てきた。

071103_1328.jpg
● 1328

嫁さんはフライをあまりしたことがないので、アタリは多いがあまり掛けられない。

それでも、すぐに写真を撮るのが面倒になり、写真を撮らなくなってしまうくらい釣れた。

しかし、僕が釣れない…

腹は減ったが僕が釣れないと食べに行く暇すらないってことで、1、2匹くらいは釣れたと思う。

昼食にしてはだいぶ遅れてひょうたん近くの喫茶店へ行った。

何と、長野県以来の「ソースカツ丼」があったのだ。

意外だったなあ、こんな近場にあるなんて。


しかも意外と美味しかった。

071103_1518.jpg
● 1518 ソースカツ丼

その後戻ったけど、僕はその後もたいして釣れなかったような…

嫁さんの浮き釣りは、釣れたね。


投稿者 masaki : 00:23

m-bobo blog

'07年11月2日(金) 2回目・ひょうたん池

この日は6匹前後?

071102_1317.JPG
● 放流トラック

樋からどばーっと放流していたよ。どうせ、放流したてなんて僕にはあまり釣れないし。


前回のひょうたん池初挑戦は管釣りなのにたった3匹というほろ苦デビューだったが、この日から「月券」を買って修行だ!

その値段は、何と12,000円!!

小遣いの数10%がなくなっちゃうよ…

元を取るまで半強制で通うのだ!

13時過ぎ、開始。


…ところーが、なーんにも記録なし、相変わらず。

だから、釣れないんだ…


とりあえず「流れ込み」へ。


アシ際でライズしていた。

パラシュートで釣れたような記憶があるな。


071102_1400.JPG
● 1400


071102_1438.JPG
● 1438


071102_1515.JPG
● 1515

無斑のホウライ。
実は、ホウライマスを見たのも釣ったのも生まれて初めてだ。

ふ~ん…

初めて見たけど、人工的に作られたものなので感慨はないな。


071102_1555.JPG
● 1555

マラブーだが、この時はまだシンキングラインを使っていなかったはず。


071102_1629.JPG
● 1629

ウェットでも釣れたらしい。


071102_1644.JPG
● 1644


全然釣れないなー。

通いはじめの頃は半日で5匹前後だったし。

って、1ヶ月以上経って書いている今でも大して変わらないけど… 

1750 ひょうたん池発

投稿者 masaki : 00:11

m-bobo blog

'07年10月27日(土) 初・ひょうたん池 

3匹。

071027_1316.JPG
● ひょうたん池

人生初のひょうたん池、結果3匹…

管釣りは通ったこと無いので今回のオフはちょっと頑張ろうかと。
前シーズンのオフは近くに住んでたのに来れなかったので。

071027_1614.JPG
● 1614

「流れ込み」方面へ行く。

まだ暖かかった時期だったので、雨が降ってるくらいがいいのかも。


やみくもに行っても釣れない釣れない…


071027_1544.JPG
● 1544

どうやったら釣れたのか、もう覚えてないよ…


071027_1612.JPG
● 1612

この日は初めてなので、とりあえず全部写真撮っちゃった。


071027_1629.JPG
● 1629

思ったより魚のコンディションは良かった。
放流魚でまだ水温も高いのに、よくファイトしたと思う。


071027_1650.JPG
● 1650

虹なんかゆっくり見るの久しぶりだ。


だいぶ釣れずに終了。


帰り支度をしていると、駐車場に猫が1匹たたずんでいた。もう日も陰って寒いころ。

やたら愛想が良い猫がすり寄ってきて、帰ろうとして車に乗った僕の上にのって丸まってしまった。


071027_1744.JPG
● かわいいなあ。

可愛いんだけど連れて帰れないので、どかそうとしたら「シャーッ」と本気で威嚇された。
しばらく待ったら僕の足の上でまたくつろぎだしたので、仕方なく手で起こそうとしたら、

犬じゃ絶対こんな勢いじゃ噛まないって位の勢いでかなり噛まれた!

人に慣れてるだけで性格は悪いんであった…

最後の最後までほろ苦いね、ひょうたん池…

1750 ひょうたん池発。


投稿者 masaki : 22:50

m-bobo blog

'07年10月3日(水) ソフトハックル

071003_bokin.jpg
● 善意の証

僕っていい人なんだな…


…って、町内会で半強制徴収(それ募金か?)

なんと1枚500円!
マラブーでもハックルでも、パックごと買えちゃうんじゃないの?

両面テープで服に留めるようになってた。

僕は善意を服につけてアピールする必要は全くないので、落ち着く先は予想通り。
どうせ管釣りシーズンになるしね。

マラブーみたいなのを巻いてみたけど、作成から2ヶ月くらい経っても使わないな、これ…

投稿者 masaki : 22:22 | コメント (1)