2014年01月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« '07年8月21日(火) 長野県・太田切川C&Rとその上流 | メイン | '07年8月26日(日) 清見・馬瀬川上流 夕方釣行 »

m-bobo blog

'07年8月22日(水) 長野県・大田切川C&R 夕方釣行

070822_1603_ootagiri1.jpg
● 太田切川C&R

前日、反応多数ながら全く釣れなかった太田切川。
C&R区間もその上流も、まるでダメだった。川じゃなくて、僕が。

あれだけ魚がいて全く釣れてないというのは悔しすぎて落ち着いていられない。

と云うことで、いてもたってもいられなくなってしまった。
前日消耗しきったが、昼からリベンジだ。

嫁さん同伴の半ドライブだけど…

1620 駒ヶ根橋下流100mから
気温23℃ 水温16.5℃

先行者なし。

前日の教訓から、魚が居ることはわかっているので気合いと集中力が違う。

というか、そんなこといつでもどこでも集中してなきゃいけないのに、できてないからいっつも釣れないんだな、僕は…


しばらく経ってとうとう釣れました、飛騨で普通に釣れそうなサイズが…


…でもここまで長かったな、なんせ春に来た時は2日ともボーズ、この前日もボーズ…

太田切川挑戦4回目にしてやっとの1匹。

C&R区間なのに…


それから約10分間隔でイワナばかりが釣れた。19、20、21cm。

070822_ootagiri2.jpg
● イワナ


その後しばらくは流れも細くてどうもイマイチ。

せこいポイントも流すが反応が減ってきた。

しかしそのまま続けていたら、コンクリートブロックによる数10cmの段差とコンクリ底の隙間、という何ともせこいイワナポイントでカポンとゆっくり出た。

それから不意にコンクリ底の上に這い出してきて散々振り回され、ついでに次の落ち込みまで行かれてしまい、挙げ句に自分に向かって何度も突進されるし、なんせネットがイワナを入れてて手元にない。竿は2番でしなやかさがないような気がするし…ダメかとも思ったけど、それにしてもこの魚強いなあ。

やっと釣り上げたらC&Rとは思えないくらいの容姿と体高、コンディションの良さでびっくり。

C&Rではあるが、僕の釣果の中ではトップクラスのアマゴだった。


070822_ootagiri3.jpg
● アマゴ 32cm

黄色パラシュート


その後しばらく休んでから釣り下ろうとしたら薄暗くなってきた。

さっきの対岸を釣ろうとしたが先行者を発見してウロウロしてるうちに日没終了。


この日は嫁さん同行なので豪勢な夕食がおまけについてきた。

「すが野」でソースカツ丼に馬刺し付きの「すが野定食」。


駒ヶ根、ごちそうさま~。

投稿者 masaki : 2007年08月29日 22:50

コメント

▼投稿者 f-bobo : 2007年08月30日 15:18

おー!なんかかっこいいアマゴだなー!
いいねー。

▼投稿者 h : 2008年04月17日 19:51

すごくウラヤマシ美形だ。