2014年01月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« '07年6月9日(土) 御母衣湖・庄川本支流 Day-1 | メイン | '07年6月16日(土) 長野県 西野川C&R・岐阜県 小坂川支流 »

m-bobo blog

'07年6月10日(日) 御母衣湖・庄川本支流・小八賀川 Day-2

070610_1_0645.jpg
● 御母衣湖東岸 岩瀬橋下からずっと奥まで行けた

豪華宿付き釣行 2日目

0300頃 高山市街 ホテル発

0430頃 御母衣湖 岩瀬橋東岸

あれ?恵那の自宅から行くのと大して変わらんな…

0545 ライズ少数、遠方 小島付近にもライズあり

コイ多数

湖を諦め川へ行く。


牧戸

プール付近。前日釣り落とした分→ダメ

その後まともなのは全部ダメ…

070610_2_0748.JPG
● それでも釣れないと困るので、写真撮っちゃった


次は、牧戸から少し上流に行った、前回27cmを釣った所→鮎の気配濃厚でダメ。


寺河戸川に移動。

070610_3_0928.JPG
● この写真と本文、合ってるのか?

イワナ1 19cm

の、写真だと思う、上の写真…

一枚宙に浮いちゃった写真があったので、これが多分ね…

この大きさでも、もう「やっと釣れた」という感じだった。

掛け損ねもほかに1~2。


移動。


飛騨の上手な人のブログから良さそうな川に目星を付けておいた。

清見(村)の川上川だろうと思って探したが場所が見つけられず、彷徨うだけで時間を食ってしまった。

もういい時間になってしまったので、高山の西側には見切りをつけ、高山に戻って嫁さんと合流し、市内のパスタ屋で昼を食べる。
やはり、嫁さんつきだと昼食もだいぶグレードアップするなあ。

午後からは高山の東側へ移動し、丹生川(村)の小八賀川方面へ転進した。

昨年以来か?久しぶりだな~。

070610_4_1514_shindoubashi.JPG
● 小八賀川・神童橋

減水で付近にも反応・魚影すらなし。

水温19度。

…ハイ、移動。


上(中?)流部は増水気味だった。

荒瀬、淵は反応無し。

浅瀬、チャラ瀬、緩流部で反応

いつもどおり小さなプールを攻めるが、また乗らなかった。
ここも毎年、出るけど乗せられないなあ…

そこから上の瀬には、浅場に20cm前後のイワナがぽつぽついて、少し釣りらしくなってきた。

21、20、19、18 4匹

微妙に小さくなっていくが…

バラし多数。
 
070610_5.JPG

070610_6_1840.JPG

070610_7_1845.JPG
● イワナばっかり

イブニングは高山に住んでいた時に通った、さらに上流にある小さなプールへ。

薄暗くなる頃に着いてよくよく見たら、ずいぶんと淵が埋まっており魚影もライズもない。


「う~ん…」と困り果てたが今更移動もできず、悩みつつも入ることにして川に降りた時、


足下から「ガサガサガサ」っと音がしたと思ったら、

モグラのような生き物が!

水の上を走るように

上流側へ滑って行って、岸際の藪の中に慌てて入っていった。


暗くてはっきり見えなかったが、モグラのようなやつだったけど、モグラは水の上を走れないでしょ?
あんまりモグラなんて見たことないけど。

水面を滑るように移動したって事は飛んでいた??

でも羽ばたいてなかったし…

モグラのようなシルエットで、羽ばたきもせず鳥のように水面を滑って行く子猫くらいの大きさの黒い影、が確かに見えたが…そんなのいるのいか??


オレ、疲れてんのかな??…


しかし、謎のお出迎えの甲斐無くイブニングにハズレちゃった。


それにしても、プールが埋まるって話を聞くことはあったが、いざ直面すると大分ガックリだね。

投稿者 masaki : 2007年08月11日 12:10

コメント