2014年01月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 2007年7月3日 尻別川 | メイン | '07年5月12日(土) 長野旅行 Day-1 太田切川 »

f-bobo blog

2007年7月8日 尻別川


なかなか厄介な連中に嵌まり込んでしまった僕は、
今朝も早くから尻別川へ。

ウェットやストリーマーを流し続けるんだけど、反応はない。

時折、大きな水柱があがるので、その度に萎えた気持ちに火がつくんだけど
こうも無視され続けるとちょっとムカついてくる。

中には飛んでる虫を捕食しているやつもいて、
やっぱり虫が効くのかなぁと。。

虫はそれほど出ているわけではない。
飛んでるのもとても小さなやつ。

だからといってウェットのサイズを小さくすると、
もれなく新子ヤマメがついてくる。

時にはリードとドロッパー両方に付いてきたりして、
チカ釣りじゃないんだから。


大物だからといってベイトばっかり追っているわけではないようだ。
次回はドライを試してみよう。

午前中いっぱいいつもの場所で粘ってみた。
その間、10人以上釣り人が入ってきた。
やっぱりプレッシャーは相当だろう。

ここのポイントは驚くほどスペイ率が高くて、
オーバーヘッドやシングルハンドはほとんど見ない。

こんなにスペイの人が釣りをしている光景はほかでは
なかなかお目にかかれないんじゃないだろうか。

なかにはイギリスから来たの?と思いたくなるような
ブリティッシュなたたずまいと優雅で美しいキャスティングを披露してくれる人もいる。
彫りも深かったし。。

スペイがその能力を存分に発揮できる場所なのかもしれない。

ということはシングルハンドで静かに小さなフライを流してあげれば
もしかしたら逆に効果があるのかもしれないとも思ったりもする。

そんなことをつらつら考えながら、次のポイントへと移動した。

目名川との合流。
冒頭の写真のポイント。

ここでもでかいやつらが跳ねていた。
真昼間なのでそんなに数は多くはないけど。

とりあえず、ポイントで昼寝に入る。
徹夜だったしね。
イブニングを狙おう。


午後5時前。
強い日差しと割合強い風だったけど、結構眠った。

気がつくと対岸にいつのまにかルアーマンが一人。
僕が起き上がって、おもむろにロッドを降り始めると、
移動してくれた。
ありがとうございます。。

まずはいつものウーリーバガーを深く沈めて流す。

と目の前でライズ。
結構なサイズだ。
いったい何が流れてるんだろ。

水面を見てもこれといって目立った流下物は確認できない。
ま、目立たないから厄介なのか。

小さい蚊みたいなのはいっぱい飛んでるんだけど。
.
フライを小さなウェットに換えるが、
アタリすらないとフライがマッチしてない気がしてとても不安になる。


途方に暮れながら水面をぼんやり見ていると、
目の前ででかいニジマスが飛んだ。

ぶんぶん飛び回る小さな虫めがけて、
上流側から下流側へと空中に飛び出して、水に戻っていった。

まったく。イルカじゃあるまいし。

それにしても立派な魚体だったな。
50センチを悠に超えた、銀色がかった幅広ボディー。

結局この日もまったく太刀打ちできないまま納竿することとなった。

しかしまぁ、あの光景が目に焼きついて離れない。

鳥肌が立ちました。


投稿者 fumiaki : 2007年07月08日 22:13

コメント

▼投稿者 masaki : 2007年07月26日 22:34

ちょっとしんどい時期に入ったようだけど、今が一番楽しいんじゃないかな~。
こっちは25cmすら掛からんよ(泣)。

▼投稿者 fumiaki : 2007年07月27日 01:58

お、ひさしぶり。

はまってるよー。まー、なんとかして釣っちゃるけどね。

地味ーに進展はあるので、その話はおいおい。

そっちはなかなか大変そうだなー。
尺未満ならこっちは渓流行けば結構いるよ。
移住だな。

▼投稿者 bytheway : 2007年07月27日 19:47

外野からいつも拝見させていただいてマス☆
http://blogs.yahoo.co.jp/bytheway0023

▼投稿者 fumiaki : 2007年07月28日 00:38

bytheway さん、こんばんは。

いつも見ていただいてるということでありがとうございます。更新滞り気味のサイトですが、今後ともよろしくです。

ちなみに僕もレッチリ好きです。