2014年01月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 2007年7月8日 尻別川 | メイン | '07年5月13日(日) 長野旅行 Day-2 天竜川水系遠山川  »

m-bobo blog

'07年5月12日(土) 長野旅行 Day-1 太田切川

070512_1_ootagiri.jpg
● 太田切川C&R

大変久々の更新である。

2ヶ月半前の釣行なんておぼろげだけど、一応次回の参考に書いとかないとね。

この日は1人で釣りに行きたいのを我慢して、嫁さん孝行で旅行に。
長野県は駒ヶ根市へ。

家の出発に大分寝坊して、駒ヶ根市の太田切川C&Rに到着したのは午前7時ころ。
ポイントを探して走るが、さてさて、水温は…


070512_2_ootagiri.jpg
● 中央道高架下


水温5℃!!

渓相は良いが、魚が見えないな…

まあ、やってみるか!


…全然ダメ。

0930 水温9.5℃気温18℃ 快晴 日差し熱いが日陰は涼しい


渓相は、良さそうなんですけどね…

その後諦めて移動。
観光に戻りつつも付近の川の様子をチェックする。

C&R上流はゲートがあるので、今回はそんなに時間をかけられないので無理。
じゃあ下流は?

C&Rより下流に向かうとこっちの方がいいような気がしてきた。

左岸のダートロードを走ると、川に入れそうな所を見つけたので、夕方前から入った。

070512_3_ootagiri.jpg
● C&R区間よりも下流


魚が居るんだか居ないんだかさっぱりわかんない初めての川を釣るのは疲れる。

自分の何が悪いのかもさっぱりわからない。


しばらく半信半疑で釣っていくと、反応が!
パシっと大分早く出たので掛からなかった。


でも、魚がいるのはわかった。


ここ、


…C&Rよりマシじゃないのか?…


しかし、パシッとはくるものの、なかなか乗らない!

ハイ、得意技です、乗らない病…


次は念願のライズを発見するが、最後にすっぽ抜けて逃げられる。

それにしても小さい。
見えた魚は15cm強で、まるで加子母川サイズだった。って云うか、加子母川の方がまし?…

釣り上がるうちに、大きな堰堤?に出た。
何というのか、角張ったテトラポット?で堰堤が構成されている不思議なプールだった。

070512_4_ootagiri.jpg
● テトラ堰堤

岐阜や北海道では見かけたことない。さすが関東圏は違うなあ?

写真ではわからないが、結構な高さで歩きにくいし危険な雰囲気満載である。


そこでは先行のエサ師が帰ろうとしてたので聞いたら、尺を優に超えるサイズが遊弋しているとのことだった。

しかし、日が傾いてきてよく見えず、イブニングまで粘れるわけでもなかったし早々に諦めてそろそろ退渓しようかと。

テトラ堰堤を大きく迂回したら、水の流れが殆ど無い浅いプールに2匹ほどいたがあっさり逃げられ終了。


困ったことに川岸上の道路は崖の上で登れない…

帰ってくエサ師を慌てて追いかける。


「すいませーん!帰り道がわからないんでついて行っていいですかー!」


親切なエサ師さん、アリガトウ。(汗)


釣果はなかったが、あの道案内がなければ僕が路頭に迷う所でした。


それにしても、自分の腕がC&R区間の魚について行けてないのか、それともC&R区間の魚影が少ないのか…よくわからない所だった。

投稿者 masaki : 2007年07月29日 22:24

コメント