2014年01月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 2007年6月9日 阿寒湖 | メイン | 2007年6月17日 屈斜路湖&斜里川 »

f-bobo blog

2007年6月10日 屈斜路湖


■うーん。屈斜路湖ってステキ。

前日の阿寒湖で予想外のボーズをくらって、落ち込みまくり&自己嫌悪&阿寒湖のばかやろーと呪いの言葉を囁くも、過ぎてしまったことはしょーがない。

今までを振り返ってみればボーズの方が圧倒的に多いじゃないか。

でも今年は何だか調子よかったからねー。さらに勢いつけたろーと思って乗り込んだんで、ショックはやっぱりでかいのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


朝3時過ぎ。
さすがに道東の夜明けは早い。

2時間ほどしか寝てないのでもう少し眠りたいのだが、腹の底から気合を振り絞り、「ここは屈斜路湖だー」と起きたのでありました。

まずは車中泊ポイントの和琴半島を探る。
朝霧の立つ湖面を見ると、ポコポコとライズがある。
速攻タックルを用意して、キャスト。

が、なんだか様子がおかしい。
これはもしや。。

やっぱりウグイさまでした。


次なるポイントを探して車をとばす。
カーナビ見ながらインレットを片っ端から探っていくが、どこもかしこも先客ばかり。
みんな朝早いねー。

時間はあっという間に過ぎていき、気がつけば朝8時をまわってる。
ポイントらしきところもすでに4箇所目。ん、5箇所目か。
山側のインレットに入ったが、ここも仲良しおじさん3人組がビデオカメラまわしながら、釣りの真っ最中。
釣れてるのは、、ウグイか。

おじさんたちの邪魔にならないようにインレットの左側に陣取り、キャストを開始。
岸際なんだけど、結構深くて、ウェーディングも危なっかしい。
おじさんたちのポイントを羨ましがりながら、ビーズヘッド付のブラックのウーリーバガーをキャスト。

インレットの横っちょのカケアガリをリトリーブするといきなりフライをひったくられた。

なんだかのそっとした感じ。

ん、ウグイか?

急いでリールを巻き上げ、ランディング間近になると途端に暴れだした。
ん?何だこいつ?

ま、なんぼ暴れても#10/11のロッドと3Xのティペットにかなうわけはない。

記念すべき屈斜路湖の1尾目は37センチのアメマスだった。



■屈斜路湖第1号。


気をよくして次をキャスト。

何投かしてアタリがきた。

あんまり大きそうではないが、なんだかめちゃめちゃ元気いい。
ジャンプの連発とめちゃめちゃな走りっぷりに、今度は何だと思いながら、なんとかランディングすると、銀色ぴかぴかの魚が。

ニジか。いや違うな。
これはもしかしてヒメマスじゃん?

おー。こんなのビデオでしか見たことない。
屈斜路湖サイコー。

ギンギラぷっくり幅広ボディーにいくぶん大きなお目目。
こいつはかわいいね。



■ヒメマス29cm。ネットの中でも暴れるからボケちゃったじゃん。


初ヒメマスの美しい魚体にしばし感動するも、
こいつ食ったらうまいんだろうなーなんて、一瞬マジで迷いが出たが、
ヒメマスは弱いからすぐにリリースすべしという杉坂隆久さんの言葉を思い出した。
命拾いしたね。

その後おじさんたちが立ち去り、インレットを独占。
が、2ヒット2バラシ。
午前の釣りはとりあえず終了した。


午後はどこを釣るか再び悩む。
買ったばかりの「釣り旅 北海道」をしばらく眺め、なんとなく池の湯にターゲットを決定。

現地到着後、底をついたウーリーバガーを7つほど巻き上げて、午後3時半釣り再開。

岩盤底で遠浅のこのポイントはかなりウェーディングできる。
湖面の波の変化のあるところめがけて思いっきりスペイでシュート。
そんでリトリーブ。

釣り始めてすぐにアタリがきた。
今度はなんだか重たい。

アメマスだ。



■アメ45cm。


このでかい目と厚いクチビル。
すっごくかわいい顔してると思うのは僕だけ?
こーゆーのが釣りたかったのよ。
屈斜路湖素晴らしー。


次にきたのはニジ。
元気よすぎるからまたヒメマスかと思ったけど、ニジでした。



■ニジ30cm。きれいだね。

日も傾きかけて湖面がざわついてきた頃、
もうあと1尾欲しいなとキャストを繰り返す手元に強烈なアタリがきた。

強い。ライン出しすぎてて巻き取る暇がない。
ハンドリトリーブで寄せようとするが、なかなか寄らない。

リールファイトできないのが悔やまれる。

そんなこと思いながらじりじりとラインを手繰るが、バラさないようにいなすのがやっと。
こっちは10番ロッドなのに、かれこれ5分ほど経つ。

春先の尻別川のニジマスを思い出しながら、やっとのことでランディング。

何よりバレないでよかった。

ネットに収まったやつは43cmのニジ。
サイズの割りにとても強かった。



■痩せても太ってもいないシャープなボディ。ホントきれいだね。


屈斜路湖。来てよかった。。


投稿者 fumiaki : 2007年06月10日 02:22

コメント

▼投稿者 kubota : 2007年07月13日 21:31

素晴らしい!
アメマスのヒットの感じ、リアルだねー!
来春連れてって。
あ、秋もあるのかな?
では、また近々。

▼投稿者 fumiaki : 2007年07月14日 02:10

kubota さん、お疲れ様です。

先日の尻別川ではお付き合いいただいてありがとうございました!

屈斜路湖、秋は10月ぐらいになるとカメムシパターンのドライでいけるらしいっすよ。
ターゲットもアメからニジに変わるそうです。
是非一緒にいきたいですね。

明日あたりショコツか十勝かまだ決めてませんが、いってきまーす。