2014年01月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 2007年5月10日 島松川&茂漁川 | メイン | 2007年5月19日 道南 Day 1 »

f-bobo blog

2007年5月12日 瑞穂ダム&千歳川&支笏湖


■ニジ42センチ。瑞穂ダム。


午前4時半札幌出発。
午前6時瑞穂ダム着。

水温13℃。
一番奥の橋の下、ライズは結構あって活性は高い。
ま、跳ねてるのは小さそうなので、
沈めて大きいのを釣りたいなあと。

いろいろフライを試すが、反応なくて
飛んでるユスリカよりかなり太いけど
見方によってはなんにでも見えそうな
ファジーなウェットフライを結ぶ。

午前9時半頃。
小刻みに割と早めにリトリーブしてるとアタリが来た。


■ヤマメ25センチ。


魚にあまりストレスをかけたくないので
最近はストマックを調べるの控えてたんだけど、
ここの魚が何を食べてるのどうしても知りたい。

で、ちょっと拝見。



■ヤマメのストマック。


なるほど。ユスリカのラーバとピューパを食べてるのね。
色は、赤、グリーン、白、透明なのはシャックか。

大きいやつも同じものを食べてるとは限らないけど、
食べていないとも限らない。

フライボックスにはどんぴしゃのやつが
入っていなかったので、

グリーン&パートリッジのソフトハックルをむしって代用。
なかなかいけそう。


しっかり底まで沈めて、時折ひきずるように小さくリトリーブ。

そして午前10時半頃。
フライをおさえるようなアタリがきた。



■フライ的中。


42センチのニジ。サイコーですわ。


午後2時。千歳川。
千歳の街はずれの中流域。
護岸工事の起点から入渓。
水温12.7℃。



■千歳川。


真昼間だし、それほど期待はしていない。
ま、試しにね。

ブラウンなんかが釣れるとうれしいのだが、
反応ゼロ。

さ、支笏湖に向かうか。

支笏湖はいつもどこに入るか悩む。
丸駒、伊藤温泉横ホテル跡、オコタン、美笛、モーラップ、トンネル下。。

水温高そうなのは丸駒周辺。
とりあえず丸駒を目指したが、
伊藤温泉横ホテル跡に車がいない。
これはラッキーということでホテル跡に入る。


湖面はベタ凪。
水温7.3℃。
これでもう少し波が出てて、右から左へ風が吹いてれば
ばっちりなんだけど。

午後6時半納竿。
やっぱり支笏湖は難しい。


●今回のヒットフライ


■オリジナルウェット #14



■グリーン&パートリッジ #12 (ハックルをむしって使用)

投稿者 fumiaki : 2007年05月16日 13:21

コメント

▼投稿者 777 : 2007年05月30日 13:20

はじめまして。瑞穂ダムに入釣してみようと
前々から思っていたのですが、腰までのウェダー&エサ釣りでは釣果見込めませんか?

▼投稿者 fumiaki : 2007年05月30日 14:34

777さん、こんにちは。

どのようなタックルをお使いなのかわからないのでなんともはっきりお答えできないのですが、僕は去年は腰までのウェーダーで瑞穂ダムに行ってました。

今年は胸までのウェーダーを使ってますが、それほど深くウェーディングはしてません。

ちなみに瑞穂ダムで出会うエサ釣りの方は、海用の投竿を使って大遠投している方が多い気がします。

ポイントによっては岸からどん深のところもありますのでウェーディングしなくても釣りができるところもあると思います。

という感じなのですが、参考になれば幸いです。
是非、大物をGETしてください!