2014年01月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« '07年2月11日(日) 長良川・吉田川釣行 またボウズ | メイン | '07年2月18日(日) 長良川・吉田川釣行 またまたボウズ »

f-bobo blog

2007年2月18日 島牧アメマス

どうも今年はツイてない。

1月の半ば、バンブーロッドを作ろうと、
ナタで竹のフシ取りしてたら、手すべらせて右手指2本切った。
右利きのクセに右手指切るなんて。。

とりあえず家の中は血の海。
何をトチ狂ってんだか、
僕が必死になって探していたのは絆創膏。
その間、血が容赦なくしたたりまくるし、
絆創膏は見つからないし。
かなり深めの傷っぽいから
あんまり傷口見たくないし。
あーあ、やんなっちゃうねぇ。

結局、人差し指4針、中指8針。
病院で縫ってもらうまで3日ほどほったらかしとなったけど、
やっぱ縫ってもらって良かったんだな、これが。


まーしかしこれじゃ仕事にならないね。
キーボードもマウスも使えないもん。
もちろんフライも巻けないし、釣りにもいけない。
結構そっちの方がダメージでかかったりして。


次にはクライアントを横に乗っけて撮影に向かったら、ガス欠。
雨の中スタンド探して走る走る。
(雪の方がまだマシだな)


ほんでもってヨドバシカメラに買い物行ったら
駐車場の壁に思いっきり車こすっちゃった。
まだ買って3ヶ月なのに。。


そんで、PCクラッシュ。
仕事のデータが全部ぶっとんだ。
まじでシャレにならないっす。
仕事ヤバイから。。
データ作ってメシ食ってんのに。

で、こんな時に限って仕事が集中しちゃったりして。

さらに極めつけは愛鳥の死。
ココだけの話、泣きましたわ。マジで。
こたえたなー。
あと10年は生きてもらうはずだったのに。


ああ、つらいわ。。


って、こんだけめちゃめちゃ不幸を背負ってる僕だけど、
ツイてないのもここまで来ると笑うしかない。

カミさんが本厄なんで、その厄を僕が引き受けちゃったのかなぁ。

とりあえず、カミさんには厄払いに行ってもらって
最近はちょっと落ち着いてきたような。。
気のせいかな。。


って、こんなツキのなさ絶好調の真っ最中、
行ってきました、島牧、海アメ。

TAKAから誕生日プレゼントとしてもらった
CND/GPSスペイラインのデビュー戦でもある。

午前0時半。TAKAを拾って札幌出発。
小樽・共和経由で島牧を目指す。
下道3時間半の道のり。

午前4時に有名ポイントの18番に到着したら、
駐車場にはすでに車が20台ほど。
みんな車中泊しながら日の出を待っている様子。

1時間でも眠ろうと思ったけど、テンション上がってて結局眠れず。
横ではTAKAがいびきかいてる。。


日の出近く6時をまわりそうな頃、みんないっせいに車から
出てきて、タックル準備。

「おー、オレらも急がなきゃ」なんてやってるうちに
いつのまにか皆さん、すでに砂浜へ。

さっきまで人っ子一人いなかった砂浜にあっという間に
30人ほどが横一列となっていた。

うーん、なんだココは。。

入り込めそうなスペースを探して
端に端にと歩いていく。

とりあえず釣れてる気配はない。
ま、みんな始めたばっかりだけど。


なんとかスペースを見つけていよいよ開始となる。

TAKAは今回はルアーで勝負。
すでにキャストを始めたTAKAの横で、
僕はフライをセットし、周りの状況撮影とか
なにやらうだうだやっていて、
ようやくキャストをはじめようとした矢先、
「かかったー」という声が。

???

振り返ると、TAKAのロッドがしなってる。
おー、マジでか。早くねぇ?


再びカメラをもってかけよると、
30弱のピチピチアメマス。

自分の身体の半分ほどもあるミノーを
がっちりくってる。

これはたまげた。

ま、でも幸先いいじゃないの。


それにしてもこの男、ホント運が強いというか
なんというか。
盛り上がるヤツだ。

俄然やる気になってきた。


さてここらで一発、僕も大物をと意気込んでキャストするが、
まったく飛ばない。。

向かい風と荒波とウデのせいか。。

手返しのいいスペイと言えど、
ライン伸ばして、
ライン浮かせて、
それキャストってなると、
シュートまで2度海面を叩くことになる。

TAKAが上げたのは波打ち際に近いすぐ目の前。


これじゃ、シュートしたときにはすでに
魚が散ってそうだ。

このロッドじゃ、オーバーヘッドはできないし。
まいったな。。


周りをみてもスペイなんてやってる人はいない。
状況的にはシューティングヘッドでオーバーヘッドが当然の選択だろう。

ま、しかしだ。
この際細かいことは気にしないことにしよう。

なんせ釣ったもん勝ちだし。


日の出前は霙が降ったりしてたけど、
日が昇ると雪が降ってきた。

水温も気温も計ってないけど、かなり寒い。
冬の海での釣りはひたすら厳しいのだ。


そんな中、あっという間に2時間経過。
アタリなし。
周りも釣れてない。

とりあえず、そろそろ休憩タイムかな。


偵察がてら赤灯前にも行ってみる。
ここのポイントはなぜかフライマンがぎっしり。
上がってきた人に話を聞くと全体で2・3尾の釣果らしい。

ま、あんまりかんばしくないようだ。
ま、でも釣れてるのも確かなようだ。


セイコーマート(北海道方面によくあるコンビニ)で
カップラーメンを食べて
身体を暖めた後、生コン前に移動。

ここもフライマンが多いが、魚が上がってる気配はない。



なんかさっきより波が高い気もするが、
あまり気にしないようにしよう。


僕のロッドはCNDのカスタムスペイ。
サイトをたぐればこいつとGPSラインの組み合わせだと
ミサイルのようにぶっ飛んでいくいう話もあるんだけれど、
僕の場合にはロケット花火ほども飛ばなかったりする。

いや、まぁね、練習あるのみですよ。


結局ね、この日はボーズだったんです。僕は。

相方は釣ったんだけど。

この日は大潮。満潮は午後五時過ぎ。
ってことは、午後3時ぐらいって
魚の活性があがってたりするのかなぁ。

でもその前に撤収です。

だって無理だもん。
アメマスって目がいいって言うでしょ。
そんな連中相手に水面バシャバシャ叩いてたら
そりゃ魚逃げますよ。


とか、なんとかいろいろ言い訳つけてるうちは
まだまだなんだろうなー。


投稿者 fumiaki : 2007年02月18日 23:27

コメント

▼投稿者 masaki : 2007年04月02日 22:08

指治った?酷いよ、ちょっとこれは。

それにしても、泣き尺海アメのTAKAさんね、黒塗りの形がリアル過ぎて気持ち悪くない?

なに、車も買ってたの?