2014年01月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 2006年10月 | メイン | 2007年01月 »

f-bobo blog

8月5日 渚滑川 DAY1

3ヶ月前の話で失礼。
しばらくこんなのが続くかも。

*****************************************************************


f20060805_1.jpg
(C)Google Map

堀株川を一緒に釣りしたクボタさんが、渚滑川で大爆釣だったという話をTAKAから聞いた。釣り始めて30分で、40クラスを5尾も上げたそうだ。
しかもそれだけにとどまらず、朝から昼までの釣行で釣果は二ケタ、バラシも二ケタ、30から45cmまでを釣りまくったそうだ。

なんてことだ。とんでもなくうらやましいぞ。
そんな話を聞いちゃったら、さすがに渚滑への思いがうずうず慕る。

「だけどなー、渚滑は遠いし、ガソリン値上がりしたし。。」

無為に悩んで日にちを重ねるごとに、渚滑川の水温は否応なく上昇していき、魚もどんどんスレていく。
そう。これは時間が経てば経つほど状況はキビシくなるという大問題を孕んでるのだ。
僕はスレた魚なんて大っキライである。

「んー。やっぱ、今行っとかなかきゃ好機を逃すやもしれん。。ショコツウェイカーとかスティミュレーターで、デカいニジマスを釣ってみたいぞ。そして一気に尺越え、いやいや40オーバーを狙うのだ。」

かくして僕の計画は(カミさんには)極秘裡に進んでいった。

*****************************************************************


前日、仕事を早々に片付けタイイングに精を出す。スティミにデカデカヒゲナガ、ショコツウェイカー。
普段なら使うことのない大型ドライフライを必死に巻き上げる。
そしてさらにいざという時の保険とばかりにホッパーやらセデューサやらのコマーシャルフライも購入。
フライ買ったのなんて久しぶりだ。

気になるのは天気だが、予報では「小雨がパラつくかもしれないが、もし降っても朝には晴れる。」
僕にはそう聞こえた。


ナビをとりあえず滝上町役場に設定する。
目的地まで下道で240km。所要時間8時間。・・ってウソこけ。そんなにかかるワケないじゃん。

僕のプランでは旭川まで3時間、そこから残りを2時間で。と、所要5時間を想定。

で、午前0時48分、札幌を出発。

道は空いてて、なかなかいいペースで進んでく。
予定より1時間ほど早く旭川を通過。
通常、旭川からは上川経由で向かうのだろうが、ウチのナビはなぜか岩尾内ダム経由を表示している。なのでこっから先は山道となる。

空が白みはじめ、滝上町も近くなってきたころ、景色もなんだか「まんが日本昔ばなし」みたいな里山ちっくになってきた。
北海道にもこんなミニチュアみたいな風景があるんだなー。
なんて思ってたら、鹿が出た。まだ小鹿のようだ。
野生の鹿なんてはじめて見るぞ。しかし、どうみてもこいつ、畑食い荒らしてるな。
そんなところフラフラしてたら、鹿肉缶詰にされちゃうぞ。

次にでたのはキツネ。キツネはめずらしくもない。

さて次に出てくるのは何だ?クマか?
クマ上等。来るなら来いヤぁ。こっちはクルマだから平気だもん。

なんて思ってると、茶色く濁った川が出てきた。。。うそ。。マジでか?


通過した川を見すぎて首を持ってかれそうだったが、運転中なので前見なきゃ。
しかし、何だ?あの色は。
まあ、落ち着け。あれは渚滑川ではない。違う川だ。

しかし気になる。雨が降ったか?でも路面は乾いてるぞ。安心しろ。なら大丈夫だ。降ってたとしても大した雨じゃない。
それに渇水気味のこの季節、もしかしたら恵みの雨かもしれんぞ。渚滑川は大っきいから大丈夫。
なんて意味不明な自分へのいたわりを見せつつもちょっと緊張気味である。

しばらくするとまた川が。

「。。。」

あの川で釣りするワケじゃない。。


川を越えるたび、なんか不安がどんどん大きくなっていく。
おねがひー。

午前4時45分、渚滑川にかかる滝上町三条橋到着。
札幌から4時間で着いた。
なんだ以外と近いじゃないか。

でも。

橋から川を見下ろすと正真正銘の濁流。普段はどんなか知らないが、間違いなく増水してる。
コーヒー牛乳みたいなのがすごい勢いで流れてる。


f20060805_2.jpg
■ここまできてこんなだなんて。。


あーなんだか力が抜ける。
せっかくここまできたのに。僕が何したってゆーわけ?

スティミュレーターをキャストすると同時に、ロッドが大きく弧を描く。なんて妄想を頭の中で目一杯膨らませてたのに。ロッドを伝わる振動すらイメージできてたのに。
現実は無情である。

まー、いつまでもうだうだしたって始まらない。
選択肢は3つ。

1.濁りが取れるまで待つ。
2.違う川を釣る。
3.濁流を釣る。


ここが札幌の近場なら、迷わず1か2である。
しかし片道4時間もかけて、しかもかなり悩んだ挙句下した渚滑釣行の決断である。

このまま指をくわえて見ているわけにはいかない。
こういう状況下で魚はどういう状態でいるのかまったくわかわないが、魚がいないわけではないだろう。
何事も経験である。釣るしかあるまい。

腹が決まると、迷いはない。
...なんてことはない。

まったく人生とは決断の連続だ。

次はどうやって釣るか考える。
どう考えたって、ドライはムリだ。見えるわけない。
ならばニンフかウェットだろう。
濁りに負けない目立つやつ。
ビーズヘッドか、派手な色のウェット。。
そんな感じかな。。


役場の駐車場に車をおいて、役場裏の川に入渓。
6番ロッドにタイプ3のシンクティップ、オレンジのスペイフライに、タングステンのシンカー、そして先端はビーズヘッドヘアズイヤーをセット。

いざ川へ入ろうとするものの、底の見えない川ほど恐いものはない。
恐る恐る川底の感触と深さ、流れの強さを確かめながら川へ入る。

水温は15度。ハッチなし。日差しはどんどん強くなっていく。


そして、、まったく反応なし。


しょうがないか。
結局小1時間釣ったらなんだかアホらしくなってきた。

とりあえずこれは濁りが取れるまで待とう。
イブニングにはきれいな川に戻っていることを祈りつつ、一旦クルマに戻る。

さて、どうしようか。とりあえず、クボタさんの釣行記録によればここより下流の鎮橋と大雄橋の間がポイントのよう。
ならばと、ちょっと偵察することにした。

*****************************************************************

鎮橋到着。
谷底深いところを渚滑川が流れている。渓谷を流れる川って感じ。
もちろん川は濁流。どうすることもできない。

さてどうしよう。とりあえず濁りの川を釣る方法をしらべなきゃ。

と、たくさん持参したフライ雑誌に目を通す。
するとあった。
里見栄正さんがQ&Aに答えてるやつで、夏の川の増水時、濁りが入っているときはどうしたらいいですかという質問。まさにどんぴしゃ。僕も答えを知りたーい。

で、里見さん曰く、
「濁りが入っているときは、ビーズヘッドや黒いニンフが効きます。川底がうっすら見えるぐらいの濁りでしたらドライでもいけるでしょう。」

だって。
うーん、さすが里美さん。受け答えもじぇんとるめん。

なるほど、ドライはムリでも黒いニンフとビーズヘッドね。

よしよし、黒いニンフはないが、ビーズヘッドならあるぞ。
戦法が決まればあとは釣るのみ。とりあえず寝よう。
と、ビールをかっくらって一眠り。

午後3時。
あまりの暑さに目が覚める。
眠いけど、もう寝てられない。

問題は川だ。もう濁りとれてるだろーか?
とりあえず上流からきれいになるだろうし、もっかい見に行こう。
と役場裏を目指す。

しかしそんな簡単に濁りが取れるわけでもなく、状況は朝とまったく変わっていない。
ま、でもやるしかないね。

再度役場裏に入渓し、今度はどんどん上流へと遡行する。
どんどんといっても川底が見えないからおっかなびっくり進んでるので、やたら時間がかかるんだけど。

ある程度上ったところから釣り開始。ビーズヘッドとパールダンで濁りに挑む。
水温は18.5度。朝より3.5度上がってる。
濁流で一見、どこも同じように見えるが、よーく見ると底石がからんでそうなところとかがわかる。
河畔木の下や瀬、川底に変化がありそうなところをひとつひとつしらみつぶしに探っていく。

しばらくたって流れのキツイところの脇にフライを流すとあたりがあった。
やった。
アタった感じは大物ではなさそうだ。が、ラインを手繰り寄せているとき魚がジャンプ。
そしてフックがはずれた。がーん。

ショックでかい。でかすぎる。
逃した魚は20cmぐらいだったろうか。

いそいでラインを手繰り、もっかいキャスト。しかしその後反応はなかった。

もー、ため息しかでない。

しかし、態勢を立て直さなければ。
いまのやつどっちくってたのか見えなかった。んー、一体どっちだ。
濁りに効くフライはほかにもあるのか?

困った時はケータイを取り出し、弟に電話をかける。
「濁りの時ってどうすればいい?」
「あー、黒いニンフとかビーズヘッドが効くんじゃないの?」
「あ、そう。ありがとね。」

弟に聞いても同じ答えしか返ってこん。やっぱり濁りのときはこれしかないのか。。

その後、延々フライを流してはリトリーブ。
結局4時間近く粘ったもののアタリは取り逃がした1尾のみ。

明日こそ。。と竿を納めたのであった。

釣りが終わると今度はキャンプの準備。
滝上町には無料のキャンプ場があるらしいので、とりあえずそこに向かう。
町中からクルマで5分ほどにある町営の(無料!)キャンプ場。
ちゃんとトイレもあるし炊事場もある。これがタダとは太っ腹だねー。

暗い中、テントを張って晩飯準備。
といっても味噌汁とコンビニ弁当だけど。。
一人キャンプだと、どうも料理をする気にはならないね。

腹を満たしたらさっそく明日に備えてタイイングである。


f20060805_3.jpg
■せまいテントでタイイング。でもちょっと楽しかったりして。


しかし何を巻こうか。
きっと明日には濁りもとれるに違いない。
ならばここはやっぱ大型ドライで勝負。

この時点で明日も濁ってるかも知れないなんて微塵も考えてないのである。

そしてせっせとショコツウェイカーとスティミュレーターを巻き上げ、
道東の夜は更けていくのであった。


つづく。

投稿者 fumiaki : 22:43 | コメント (2)

f-bobo blog

11月7日 千歳川高架下&支笏湖大崎橋下

f20061107-6.jpg

朝から豪雨と雷な感じで、ちょっとヤバイ。

今日のテーマは「ストリーマーで釣っちゃうぞ」なんだが、
試してみたいストリーマーをまだつくっていない。

天気をうかがいながら出撃前の30分、ストリーマーづくりに精を出す。

このバカでかいストリーマーがはたしてフライと言えるのかどうかは
疑問だが、イワイさんのマジックミノーだってフライと言ってるんだから
ま、いいだろ。。

なんでこんなフライを作ろうと思ったかと言うと、理由は二つある。

一つはTAKAが先日、今年最後!と、BIG FIGHT 松本に行った時の話を聞いたことである。

フライに食いついたチビマスをそのまま泳がせて様子を見ていると、デカマスがやってきて丸呑みした!というのである。

BF松本のポンドにはチビと中ぐらいの、そしてデカイのが共生している。
普段(とは言っても、僕は1回しか行ったことないけどね)はチビマスをデカイのが襲う光景など目にしたことはない。

そんでもって二つ目がプロタイヤー・備前貢さんのブログの話である。

氏が「一反もめん」と呼ぶバカデカいフライをつくるようになったエピソードが載っている。

その話によれば、TAKAと同じような状況で、フライに掛かったチビを泳がせていたら、普段はミッジにも反応薄いスレスレのデカマスが、トチ狂ったようにチビマスに襲い掛かったというのである。

その経験を元に開発したのが「一反もめん」で、適度に暴れるよう重量配分に苦心したそうである。


なるほど。双方、チビマスを喰うデカマスの話。なんとタイムリーなリンクっぷり。
これは試してみるしかあるまい。

ということで、作ったのがこのフライなのである。

ま、まんま備前さんのパクリだけど・・・。

f20061107-1.jpg

●千歳川高架下

午後1時すぎ千歳川到着。水温10度。
雨は小降り。川はかなり増水してるが、濁りはない。
状況は悪くないというか、むしろ良いんじゃないだろうか。

実験メインとはいいつつも、とりあえず普通にトライしてみる。

飛んでる虫は見当たらないので、ニンフをセット。
ヒゲナガラーバのウェイトを巻き込んだやつ。


f20061107-5.jpg
■ヒゲナガ。ぷっくりんこ。


マーカーはつけず、とりあえずドロッパーもなし。
ウェットと同じ感じで流す。

しばらくやって反応なし。
時折バシャっとかなり大きな音がするが、姿は見えず。

ニンフに反応ないので、ピューパをイメージして、
ナガレトビケラWETをドロッパーとして追加。


f20061107-4.jpg
■ナガレトビケラWET。ウィング長すぎたかな。。


釣り下りながら高架の真下にさしかかった頃、
対岸の流れのすこし緩い岸際で、突然魚が飛び上がった。

40cmはあるブラウンかニジマスだ。
豪快な音とともに空中に飛び上がる。
どうも飛んでる虫をくってるようだ。

雨にジャマされて虫を確認できないが、たぶんミッジ系だろう。
前もそうだったが、飛んでる虫を飛び上がってくってるやつは
釣れる気がしない。こういうやつはどう攻略したらいいのやら。

とりあえず魚のいたところよりちょっと上流をめがけてフライを
送り込むが、やっぱり反応はない。

このおっきいやつじゃなくてもいいんだけどねー。
アタリすらない。


正攻法でいってみたが、釣れる気配がないのでここからは
実験タイム。

ストリーマーを試すのだ。

いきなり10cm以上もあるやつを投げるのはなんとなく気がひけるので、
4cmぐらいのミニバージョンをキャスト。


フォルスキャストのスピードにフライが追いついていかない。
このサイズでも空気抵抗を受けてこの状態なのだから
デカイやつはまともにキャストできるのだろうか。。

着水したフライをさらに下流へと送り込んで距離を稼いでから
いよいよリトリーブ。
よくわからんけどとち狂った魚をイメージしてのリトリーブなので、
左手を一生懸命動かす。

が、思ったよりも暴れてくれない。わりと素直に水面直下を泳いでくる。
つくり方が普通すぎたか。。

どうもウェイトバランスを崩すとか、なんらかの工夫が必要なようだ。

f20061107-2.jpg

●支笏湖大崎橋下

午後3時半、大崎橋到着。
ここのポイントははじめてである。というか支笏湖南岸一帯進出自体はじめてだけど。

ポイントとなる岩場にはすでにルアーマンが3人入ってる。
こんな平日にあなたたち何してるんですか。有給とって釣りですか。

彼らを避けて100mほど西に移動し、ちっこい岬っぽいところに落ち着く。

水温9度。小雨。波もちょっとある。
当然ライズはないし、虫も飛んでない。

ドンピシャな感じのフライがイメージできないので、
なんとなくウーリーワームを結んでみる。
なんとなく中途半端な感じもするけど、まぁいいか。
とりあえず、なんとなくな感じで行こう。

バックがぜんぜんとれないので、当然スペイキャストを使うしかないのだが、
9ftのロッドじゃ、たいして飛距離は望めない。
困ったもんだ。

スペイキャストとはいえ、
ロッド1本分ちょいぐらいのスペースは必要になる。
岸から枝がせり出してるようなポイントではちょっと厳しい。

こういうところはやっぱルアーの方が強いな。
こんな状況だとフライの人はどうしてるんだろう。
ポイント変えるのかな。
ロールキャストならなんとかなる感じではあるけど、距離は稼げないし。

課題だなー。画期的なキャスト方法が欲しいところだ。

なんて悶々としながらキャストをするのだけれど、反応はない。

ウーリーワームをマドラーミノーに変更し、キャスト続行。
もちろんヒゲナガなんて飛んでないけど、ミノー及びなんだか喰えそうだぞ的要素を
期待してのことである。

最近は4時半をまわると真っ暗になる。時間はない。

マドラーミノーに見切りをつけ、真打バカデカストリーマーをラインに結ぶ。

さて、実験タイムだ。

f20061107-3.jpg

こんだけでかいと水面に張り付いてしまうので、ロールキャストすら使えない。
使うフライにより岸からの投射角度が制限されてしまうのはいかがなものかと思いつつ、
なんとかこいつをキャストする為にはオーバーヘッドで岸と平行に投げるしかない。

フライはバタバタと凧のように宙を泳ぎ、キャストは至極困難。

6番ロッドではロッドパワーが足りないかも。
備前貢さんは9番ロッド使ってたみたいだしなー。

やっぱダブルハンドが欲しいところだ。

3回に1回の確立でなんとかキャスト。
それでも15mぐらいしか飛んでない。

リーダーとティペットは合わせて10ftほど。
それに2mのType3をつけてるので
リトリーブできる距離は10m弱ぐらい。
その限られたスペースに魚がいることを願いつつ、
困難なキャスト&リトリーブを繰り返す。

動きはそれほど派手ではないけれど、なかなか傍目には
もがく小魚感が演出できてるような気がする。
マイラーチューブを透過するパーマークの入ったボディは
ちょっとウマそうだし。。

が、結局何も起こらないまま、タイムアップ。
真っ暗で来たルートをもどれないので、目の前の10mほどの崖を
よじ登り、この日はゲームセット。

軽くね、10mの崖って言ってるけど、
人生がゲームセットにならなくてよかったってのが本人の
感想だったりして。

*******************************************************

追記


なんだかねー、仕事と釣りと忙しくしてたら、3ヶ月も釣行記たまっちゃった。
とりあえず、後ろ倒しでちょこちょこ3ヶ月分アップしてく予定です。。

あっ、それと備前さんのブログめっちゃ面白い。
フライ、キレイだし。
おススメです。

■プロタイヤー・備前貢さんのブログ


投稿者 fumiaki : 04:50