2014年01月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 5月5・6日 飛騨方面 釣行 ~その2~ | メイン | 4月29日 杉坂隆久 スペイキャスティングクリニック in 支笏湖 »

m-bobo blog

5月8日 長良川本流

この日はゴールデンウィークあけの月曜日で、本来は仕事のハズだ。

ところが前日が休日出勤で、しかも徹夜で働いたため、この日は昼過ぎからフリーになった。
休み明けで人が居なくなっただろうと勝手に考えて無理矢理出動したものの、仕事の疲れと翌日の仕事への影響を考えるとあまり遠くへは行けない。何より時間もないし。

ということで、遠くへ行かずに済む本流と、あわよくば比較的近い支流筋にでも入ろうかなあ、と甘ーい予定で出発した。

15時に自宅を出て、ポイントへ着いたのは16時ちょうど。

~以下個人メモ ~自宅から57分、36.4km~
060508_1kamikouwahashi.JPG
● 長良川本流 上河和橋 砂は写真左手の下側、殆ど写ってないね

さてさて、上河和橋に来てみたが、ライズのラの字もない。

立ち入れる場所は淵尻で、綺麗なベージュの砂に覆われており、気分が良くなる美しさ。踏んだ感じも心地よい。

本題の川は、元気のありそうなヤツがいるだろう流れ込みははるか遠くで、しかも崖になっておりどうせ釣りができる環境ではない。汗ばむような陽気で、計ったわけではないが水温もぬるめ。

ライズのありそうな主流越しの向こう側、ドリフトがとっても難しそうだ。結構投げなきゃいかんだろうし。


ん~、まだ時間もあるし、他の所も見てみるか。

三日町のプール  ~自宅から1時間8分、45km~

相戸堰堤      ~自宅から1時間14分、49km、~

連続して移動するが何もなし。

何もないな~と思って地図を眺めると、近くに渓流が。
禁漁じゃないか確認しようとしたら、漁協の遊漁地図にも載ってない。

…もしかして隠れたパラダイスなのでは?

1人で勝手に想像して盛り上がってしまう。
そこは郡上に入る手前の安久田川。読み方すらわからない。
上流に大滝鍾乳洞というのがあるらしい。

るんるん気分で探検に行くが、国道を曲がっていざお目当ての川を見てみると…

あまりに細すぎる川の両岸から木が斜めに倒れて放置され、
屋根を組んだように塞いでいた。

ここまで荒れ果てた山というか川は見たことがない。

それこそ、川の上を人も通れないんじゃないか、と云うくらいの密度と狭さで木が塞いでいる。

がっくりきたが、それでも一応上流を見てみようとして走ると、少しずつ流れが見えるようになってきた。が、川幅は相変わらず極狭で振る場所もないくらいだ。

この川幅、岩○大先生のリーダーならどう見ても半分くらいしか使えないだろう。
リーダーどころか、ティペットしか使えんと云う状況ではないか。

状況的には竿1本分のリーダー&ティペットでも扱いが面倒というところだった。

ある程度上まで行くと、ちょっと開けたところに何故か釣り堀。目標にしてた鍾乳洞の少し手前だったがもうどうでもよくなって引き返した。

といいつつ、帰り際ちゃっかりちょっとだけ場所を選んで竿を出してみるが、やっぱりダメだね。水温も14℃近い。見た目は涼しそうなのに、今年の釣行では一番の高水温だった。

で、三日市のプールに戻る。まわりの木にはヒゲナガやでかいガガンボがついていた。

薄暗くなってきたらいつの間にか白い蛾のように見えるヒゲナガが沢山出てきていたが、ライズもなけりゃアタリもない。
そしていつの間にかフライも無くなって、日没終了。

昨年藪沢で活躍した実績パターンをなくしてちょっとガッカリの結末でした。

投稿者 masaki : 2006年05月13日 21:17

コメント

▼投稿者 fumiaki : 2006年05月13日 23:42

藪沢で活躍した実績パターんってなに?
なに?なに?

▼投稿者 masaki : 2006年05月13日 23:56

でっかいスティミュレイター。
ウィングのエルクもボディハックルも白っぽくしてイブニングにも使い易くして、テイルは柔らかめ。
TMC200Rで8~10番のフック、それでも20cmちょっと位のイワナがかかったよ。

▼投稿者 fumiaki : 2006年05月14日 01:14

ほー、なるほどね。
やっぱ水面を滑らせたりするわけ?

オレが持ってる8番のスティミュレイターは2年前にアメリカ屋で買ったやつなんだけど、重量配分が悪いのか、ひっくり返っちゃうさ。

▼投稿者 masaki : 2006年05月16日 00:25

大抵普通に流して使ってるよ。

フライがひっくり返るって、フロントハックルを下にして逆立ちしちゃうってこと?

それとも、ウィングが下にきちゃってキールフライになっちゃう?

▼投稿者 fumiaki : 2006年05月16日 12:55

その中間。フックが水面に入らずに横倒しになっちゃうわけ。

ウィングに曲がり癖がついちゃってて、直して形整えてももうダメなんだよね。

下側のハックルをカットすれば直るかも。
切ってみよう。