2014年01月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 2006年04月 | メイン | 2006年06月 »

m-bobo blog

5月27日(土) 御母衣湖・庄川釣行

060527_0912_shoukawa_3.JPG
● ヤマメとニジマス

前日は貴重な平日の休みを活用しきれずに惨敗、折角の連休なので本来ならそのまま湖で泊まって朝まずめを狙いたかったが、当日に嫁さんの妹と姪っ子家族が僕の自宅に遊びに来ることになっていた。
大阪からわざわざ姪達が来てくれるのに釣りに行くのはとても気が引けていたのもあって…姪っ子に会うために100km、2時間以上の道のりを帰った。
帰宅時はもうフラフラ、夜10時過ぎだったが、とても僕になついている姪っ子が喜んでいる姿を見ると…やっぱり帰ってきて良かった。

…といいつつ、体調が良ければ朝だけでも釣ろうかな…と密かに画策、結局みんな寝静まってから再出撃の準備を始め、帰宅からわずか4時間後に徹夜で出発、来た道を戻る。半日だけと思っても、体がとてもキツイ…要らん根性だけは結構あるな、と自分でも感心する。

朝4時御母衣湖着。薄明るくなってはいるが、細かい作業にはヘッドランプが要るなと思ってるうちに、みるみる明るくなって不必要になった。…到着が遅いか…

この日はライズが見あたらなかったが、とりあえずいつもの庄川桜下に入る。
どうも生気がない…
水温は11~13℃くらいだったと思う。(メモするの忘れた…)
中に長袖のサーマルシャツを着て、上には薄手の長袖シャツだったが寒いのでカッパを着る。これでちょうどいいくらい。6月も近いというのに肌寒い朝だ。

湖岸からとりあえず見ていると、たまーにライズが見えたがどうも小魚がライズしているらしい。まともな大きさの魚ではない雰囲気である。時折起こる大きな音のライズは遥か彼方、というのはお約束。
虫もあまりハッチしてないようで、飛んでない。
ライズがないので立ち込んでワカサギ系ストリーマーを試すが、辺りを見てもやはりワカザギが見えない。
う~ん、昨夜といいどうした?キビシイ…

釣れないのは慣れてても、釣れる雰囲気がないのは辛い。思い切りキャストできるわけでもなく投げにくいし。どうもダメそうなので、ポイントに見切りをつけて移動することにした。
それでもまだ6時過ぎくらいだったけど。

湖岸をゆっくり走っていると、諦めた頃にかなり遠くのライズらしき波紋を見つける。細い山道が続くところなのですぐには停まれず、ドライブインに車を置いて歩いて戻る。湖面まで一番藪の背の低い所を通るが、とげとげ植物が多いな…藪こぎで穴が更に増えた気がする…

次回ウェーダーを買う時は、膝くらいまでのスパッツを買おう。膝下のピンホールが多すぎる。
ゴアの5層構造を謳い文句にするなら、前の方だけじゃなく膝下全部やって欲しい。
前(膝とかスネ辺り)だけだと、スネの横やふくらはぎ、特に横にピンホール被害が酷い。僕のウェーダーは買って1シーズン半で、補修のアクアシールだらけになった。もう3シーズン目だが、来年はもうダメかな?
A○RONのフロロリーダーと同じように高いけどイマイチな商品作ってるようじゃなぁ…
って、云っておくけど僕はティ○コ好きなんだけどね。

ライズを見つけてから大分経って湖岸に着くと、ライズ無し!以上、報告終了!

ともいかないしな。

この辺りはちょっとだけ立ち込みやすい。後ろはブッシュだが、桜下よりはキャストしやすそうだ。この先更に減水したら有望かも。

060527_0640_miboroko_1.JPG
● 下流側はこんな感じ。桜の下より良さそう

060527_0641_miboroko_2.JPG
● こっちは上流側、浅いと思ったら急に深く切れ込んでいるので立ち込むと結構危険

でもまあ、水際から数メートルは背の高い草がまだまだ水没していて、フライを引っぱるとすぐ引っかかって話にならない。

060527_0647_miboroko_4.JPG
● こんな大きな木のかたまりを発見。目印にちょうど良い。次回はどれだけ水が引いているか?

なーるほどね、と目を付けて撤収する際もちゃっかりトゲトゲ植物がウェーダーにぷすぷす刺さっていた。勘弁してくれ~。

湖を諦め庄川上流部へ転進してみると、ちょうど牧戸の深みをエサ師が攻め終わったところらしい。そのうしろから対岸に入る。前回釣れたのと同じポイントである。
まだカッパを着ててちょうどよい寒さ。水温は11℃。

しばらく様子を見るがめぼしいハッチもライズもない。まあ、昨夜から動きっぱなしだったので一休みしようかと思ったら、ストーンか何かが飛んでいたが、よく見ると何か違う。
なにやら足の長い虫が群飛していた。足の感じはハチのように曲がってダラリと垂れ下がっている。二重反転ローターのような羽でもないし…何だろう?よくわからない。
前は好調だったガガンボもあまり多くはない様子。せっかくガガンボパターンまた作ってきたのに~。

風もそこそこ有り、川にせり出した木から房のような部分が頻繁に落とされ、ボッチョン、ボッチョンと結構な勢いで水面を叩いていた。
魚逃げないか?大丈夫かよ…

といろいろ観察しているうちにやっとライズが起きた。しかしメイフライはあまり見えない。ミドリカワゲラ系が少し飛んでいる。あと、何か小さなヤツもいるようないないような…なんだろ?

ここは目立たない小さいヤツでいってみるか、ということで噂のVARIVAS・4xファインのフックに巻いた新型カディスの実験をすることに。
巻く時はスレッドを引っぱるとシャンクがびよんびよん動いてとても不安だったが、そりゃTP77シリーズも一緒のこと。細く軽いことの証左だろう。確かに細いんだな。
ただ、何となく鈍い色が刺さりの悪そうなイメージを醸し出していて気にはなった。(根拠はない)

今回のカディスもネットで見つけたパターンだが、考案者はこればかり使ってるとのこと。さて実力はどんなもんかな?ラムズウールとCDCのウィングにボディはグースバイオット、インジケーター付き。良く浮き見やすい、そんなイメージだ。

いざ投げてうまく流れると、これがまたあっけなく出た。
ずいぶんあっけないなと思ったらニジマスだった。

060527_0833_shoukawa_1.JPG
● バリバリ放流魚、今まで良く生き残ったな 08:30

今期の最大更新ならず…(小っちぇー)
ストマックを見てみると、ストーンのアダルト、メイフライ・イマージャー、ニンフ、ピューパ、シャック色々、そして草の芽のような部分…

小さい黒っぽいカディスのフライは、結果的に釣れたけど外れでした~。
フライに一番似てたストマックの内容物といえば、植物の一部…がっくり。
4xファインも普通に刺さって一安心。って、そんな心配僕が勝手にしただけか…

一休みしていると今度はちょっと後ろの方でライズ音がした気がした。近いぞ。
振り返ると主流がテトラにぶつかった所のほんの少し下流で、テトラまわりが緩流帯になっている。
まああそこだろうと思ってまた見回すと今度は茶色系の小型メイフライが目に付く。
緩流帯とはいえそこそこ流れがあるのでパラシュートに替えて投げるがうまく流せない。やっとまともにいったので、ドラグがかかるギリギリまで我慢したらパクッと来た。

主流に入られたかと思えば、テトラの下にも入られるわでヒヤヒヤだったが、そんなときに限って携帯に着信があるが当然無視。
前回このポイントで細いままの糸で切れた教訓から、ティペットを少し太くして、こすれ対策でフロロにしていたので、前回より余裕があった。今年初めて魚とやりとりしたなあ、と思ったら良型で肩の荷が下りた。

060527_0912_shoukawa_2.JPG
● ヤマメ25cm 09:08

コイツのストマックはホントに種種雑多で、何でも良かったんじゃないかなと思った。

今年初の2ショットに喜んでいると、今度は主流の辺りでライズ音が聞こえた。
そろそろ色々な虫が飛び始めていたし、クリーム系のメイフライやストーンがよく目に付いていたので、色を合わせて試すが反応なし。おかしいなー。
次に目に付いたダーク系パラシュートを試すがこれもダメ。
じゃあってことでダーク系CDCイマージャーにしたが何もなし。
うーん、困ったぞ…

一時手を休めて考え、さっきのストマックを見直してみるとビートルが入っていた。あんまり気にしたことのない細長いヤツである。

ビートルって夏のイメージだけど、もう食われてるんだなー、意外と早いな~、へえ~、と感心してる場合ではない。
そういえばさっき飛んでた足長バチのような足の虫、どう見ても水生昆虫じゃないな。
だとしたらテレストリアルだろう。あいつらが群飛してたし、今いるポイントにはさっきから木から色々落ちている。こりゃ状況的にテレストリアルなんじゃないのか?

…ところが、小さな丸いビートルはあっても細長いのは無かった。
一番似てるところで、TMC200Rをキールにしてベンドにパラシュートハックルを巻いた黒いストーンのイミテーションしかない。キールのパラシュートというのを初めて見た時に、ついつい買っちゃったコマーシャルフライのコピーだが、ゲイプが異常に狭いのが気になって使うことなく二軍落ちしていた。
しかしストマックサンプルとはサイズも色も結構似ている。一抹の不満を抑えて投げると…

食った!

おお~!僕も少しは読めるようになったじゃないの~!
と喜びつつ、ランディングの心配をしたところで外れた…

またまたガックリ…

そういえば、何年か前のFF誌で某岩○先生が「雪代期はテレストリアルだよ」って云ってたっけ。
悔しいけど、その通りでございました。

その後、ニジマスが出た流れの数m上流で更にライズがあったがどうしてもうまく流しきれず、2回か3回出たのに合わせ損ね、結局それ以降沈黙してつぶしてしまった。場所移動してドラグのかからないところから投げるべきだったのだろう。数mの壁に負けたね。

それ以降は、ハッチも目立たなくなり、ライズもなくなってしまった。お昼になったので僕も姪っ子達に合流すべく終了して、合流予定の板取へ向かう。

板取では合流して温泉に入ってお茶を飲んだだけだが、今まで何となく馴染みが無くて行ってなかったんだよね、板取川。
ところが、今回見てみると水がとても綺麗でびっくりした。岐阜県内でも相当綺麗な水なんじゃないかと思う。渓相も良さそうだし、今度釣りに行ってみることにしよう。収穫だった。

投稿者 masaki : 06:00 | コメント (1)

f-bobo blog

5月18日 支笏湖&事件


●きれいな支笏湖。これで釣れればサイコーなんだけど。


仕事に追われて10日ぶりの釣り。2日前には過労で突然意識失って倒れてしまい、台所のへりに鼻と口をがっつりぶつけた。気づいたら顔抑えてうずくまってるのだが、一瞬、何が起こったか覚えてない。おっかねー。

しかーし、それでも釣りには行くのである。
朝2時に出発し、TAKAと支笏湖目指して車を飛ばす。今回は初のポイント、ポロピナイと伊藤温泉の中間地点。開けたワンドの両翼に分かれてそれぞれキャスト開始である。



●ワンド右奥でキャストするTAKA。このあと思いもよらない出来事が彼を襲う!


水温4度。あいかわらず冷たい。
すこしづつ空が明るくなってくる中、ライズが時折。でもやっぱり遠い。
魚は回遊してるらしくたまにワンド内でもライズがおこる。
飛んでるのはユスリカとちっこいカワゲラのアダルトだが、僕はやっぱりストリーマーで勝負。

しかし何も反応はない。


●ちっこいカワゲラ。正面から顔を合わせると、目がくりっとしてかわいい。


しばらくキャストしてると、離れたところで釣ってるTAKAがいきなり叫ぶ。

「ハマー、たすけてー」

どうした?クマでも出たかと、

「どうしたー?」 と大声で聞き返すと、

「鼻にフック刺さったー!」

って、おい、大丈夫かよ。

こりゃ大変!と走っていくと、支笏湖仕様のでっかいブラックカディスがTAKAの鼻の穴の真ん中にがっつり刺さってる。


●笑撃の鼻フック!なかなか狙ってできることではない。(ゴメン、タカ。載っけちゃった。)

これはかなり危機的状況なのだが、黒いエルクヘアが鼻の下でちょうどチョビひげのようにぶら下がっていて、思わず吹き出しそうになってしまった。いかんいかん。

こみ上げる笑いと深刻な状況との板ばさみで僕はかなりの悶絶状態である。
が、なんとかしなければと、とりあえずフッキングの状態を確かめる。
フックはがっちり刺さっていて、なかなか抜けそうにはない。

小学生の頃、鉄板で作った手裏剣を友達の額に刺してしまい、抜こうとしてもなかなか抜けなかった記憶がよみがえる。人にがっつり刺さったものって、なかなか抜けないのだ。

幸い、痛みはほとんどないらしいのだが、とりあえずどうにもできない。
状況を立て直すべく、とりあえずクルマに戻る。

バックミラーに顔をうつしながら、TAKAがなにやらごそごそやってると思ったら、携帯で記念撮影してやがんの。余裕あるじゃん。
まあ、僕も写真撮ったけど。

さて、本格的にフックを外そうとするが、これがまったく抜けそうな気配がない。
以前、雑誌に載ってた記事を思い出すと、貫通させるか、一気に引き抜くか、病院で切開するしか手はない。

針はずし用のペンチでフックをはさみ、ちょっと力を加えるがびくともしない。おまけに笑える。
さて、困ったなーと僕が手を休めると、TAKAが自分でフックをいじりだした。
鼻をおさえながら、フックをぐりぐりしてる。

と、プツッという音とともにあっけなくフックが抜けた。

見たところ傷口は小さく、フックに肉片もついてないし、出血もほとんどない。
いやいやこれ幸いである。よかった。よかった。

危機を脱して一気に緊張が解けたが、状況が状況だけにもう釣りどころじゃないなと思いきや、

「さ、釣るか」 とTAKA。

こいつもかなりの釣りバカである。

かくしてその後、釣りとキャス練に転じたわけだけど、
結局釣果はゼロ。

まーでも釣りなんかよりも無事でなによりである。
やっぱ、バーブレスにしようかなー。


●この日使ったフライ。リードフライはルードボディストリーマー(下)。陸に上がると情けない姿だが、水中ではまさに小魚。アイは必殺のなんちゃってジャングルコック改良型。ドロッパーにマドラーミノー(上)。

追記

その後、釣り雑誌でバーブフックが刺さったときの抜き方を発見。
それによると、シャンクを持ってフックをベンド側に押し付け、バーブが通るぐらいの隙間をつくって引き抜くと良いそうである。
バーブフックが刺さってしまった方はお試しあれ。

投稿者 fumiaki : 02:05 | コメント (2)

m-bobo blog

5月26日 庄川・御母衣湖 釣行

060526_1455_kamikouwa_3.JPG
● 長良川本流・上河和橋の橋げた。カワゲラのシャックだらけ

この日は金曜日だったけど、最近休日出勤が続いていたので代わりの休みをもらえた。
突然の休日、前の晩は会議で帰宅が10時…釣りの邪魔をしたいのか!前日にフライを巻いてて睡眠時間が2時間くらいだったので体が限界になってしまった。
結局翌日早朝からの釣りは無理で昼過ぎにのんびり出発した。狙いは御母衣湖のイブニングだ!

 日中の岐阜市内は結構な混み具合で市内脱出までにかなり時間がかかった。途中長良川本流も見ていくことにして、1カ所立ち寄ってみたのが上河和橋だった。

060526_1437_kamikouwa_1.JPG
● 上河和橋も減水

驚くほど減水していた。春には遥か水底だった岩盤が水際になってて、初めてそこに立って川の中を覗いてみるととても深くえぐれており、減水でもヤバイ深さである。落ちたら浮いてこんな。その深みは反転流になっていたが魚影?が。はっきりみえない深さに定位してたそいつは更に深みに消えていった。

気を取り直して辺りを見回すと小魚のボイルを発見!
慌てて湖用タックルを取りに行き、フローティングのミノーを付ける(←流行りモノに弱い)。キャストの頃にはボイルも大分下火になっていたが、気にせずキャスト!

…が、ミノーがどこかへ飛んでいって終了(泣)

060526_1437_kamikouwa_2.JPG
● ボイルがあったのは橋げたの下、奥の方

果たして他の魚に追われて逃げてた本当のボイルなのか疑わしくなってくるが、小魚の魚種もわからんようでは何とも推測のしようもないのでさっさと撤収。いまだに気になる。

ボイルのあった橋げたを見ると、何とまあストーンのシャックだらけ。冒頭の写真参照。
でかいのもいた。ここまでくると気持ち悪い。7~8m上までずっとシャックがくっついていた。

060526_1457_kamikouwa_4.JPG
● でかいシャック 比較は小指

それからマイナートラブルがあって(釣りしてたわけではない)庄川に到着したのは午後5時過ぎ、だいぶ遅れてしまった。あわてて一色へ向かうとこちらもかなりの減水だった。

060526_shoukawa_2.JPG
● 一色の減水

写真はないが、堰堤の上はもうどうしょうもないくらいの減水でもうダメだこりゃ。

060526_shoukawa_1.JPG
● その下流のプールも歩いて渡れるくらいに水が引いていた

060526_shoukawa_3.JPG
● 更にその下流は楽に渡渉可能

ちょっとだけ竿を出すが何の反応も影もなく早々に移動して今日の本命である湖へ向かった。

ポイントへ向かう途中、以前代増水していたところもすっかり水が引き、水際が何10mも後退していた。

060526_1738_miboroko_1.JPG
● 御母衣湖・遊漁看板から遥か遠くになった水際

060526_1738_miboroko_2.JPG
● 写真中央の木もその手前の地面も水没から復活

ポイントに着くと、前回は水没していた大石がすっかり陸に上がっていた。この石だって高さ1mは優にあるのに。

060516_1827_sakurashita_gensui.JPG
● 前回

060526_1826_miboroko_1.JPG
● 今回

曇りで多少風もあり、ハッチも飛んでる虫もあまり見つからない。
水温13℃ほど、前より1℃下がった気がする。条件は悪くないはずだが…

気になるのは、前回うろうろしてたワカサギがさっぱり見あたらないことだ。もういなくなっちゃったのかな?

前回ひどかった流木はみんな岸に上がっちゃってもうウェーディングの邪魔ではなくなったが、岸に控えてフライを狙っている。
遠浅の場所がないのであまりバックが取れずやっぱり思い切り投げられない。
キャストもままならないので引っぱり系の釣りは辛い。でも、ドライで待つにしても虫出てないしなぁ…

ライズもあるにはあったけど遠いところばっかりで数もかなり少なかった。

…ということで、いつの間にか日没終了。

水温はまだ大丈夫なのに、釣りの条件がかなり厳しい。大丈夫か、御母衣湖?

投稿者 masaki : 22:16 | コメント (2)

f-bobo blog

5月8日 支笏湖丸駒温泉奥

連休明けるとそれまでの平和がウソのように仕事に追いまわされる。
この日釣りに行かないとしばらく行けんと、納品とプレゼンの隙間を突いて強行。
朝2時に札幌を出、3時過ぎには支笏湖湖畔に立ちこむ。場所は丸駒温泉奥。

水温4度。あいかわらずここの水は冷たい。ユスリカしか見当たらないが、最初からストリーマー勝負なので関係ない。今日こそ釣っちゃるぞと、なんかどことなく殺気立ちながらの釣りとなった。

時折ライズはあるが、どれも遠い。たまに近くでライズがあると速攻キャストするが反応はない。

僕の場合、フライで初めて魚を釣るのに3年かかった。ニンフで釣るのにさらに2年。ストリーマーは今年から使い始めたから、コレで釣れるまではやっぱ1年ぐらいかかるのかなー。うーん、なんかやだなー。早く釣りたいなー。

一度釣ってしまえば、たぶんその後は楽になるはず。釣れる前と釣れた後では圧倒的に何かが違う。
そのシステムで釣れるまでは、釣れない原因がなんなのかまったくわからない。
一応ね、フライが悪いのかなー、リトリーブの仕方が悪いのかなー、リーダー短いかなー、もっと沈ませた方が、、いや水面直下で、、と思いつくかぎりはやってみる。

フライもいろいろ試す。ルードボディーストリーマー緑白、それの黒、ミッキーフィン、黒ゾンカー、白ゾンカー、ウーリーバガー、マドラーミノー、チェリーボム、マーチブラウン、挙句にスカッド。
どれもダメ。なんか泣きたくなってくる。
たぶん何かがちょっとづつ違って、ついでにキャスティングの問題とか、その時の状況とかも絡んでくると、もう絶望的に釣れないんだね、きっと。

確実なものが何もないまま釣ってるから、釣れるときはたぶん偶然。幸運が重なった時だけ。
でもなー、魚がいればたぶん釣れると思うんだけどなー。
そう考えると、やっぱりフライが魚の目に付くよう、できるだけ長くリトリーブするためのロングキャストが湖の釣りには必要なのかななんて思うんだけど。ま、それも状況によりけりだよね。

かくして湖の底石をまたぎながら、とにかく沖へと頑張るのだけれど、結局釣れないまま意気消沈して戻ろうとすると、足滑らせて水没なんかしちゃったりするのである。

あーあ、新品のウェーダーに穴開いちゃったよ。

投稿者 fumiaki : 09:00 | コメント (3)

f-bobo blog

5月6日 瑞穂ダム&漁川

●まずは瑞穂ダムへ

この日は長期出張先の名古屋から戻ってたカミさんの兄貴との釣行。
おにーさまのよしくん、エサとルアーはかなりの達人なんだけどフライはこの日が初めて。
UFMウエダの7ft3番のロッドをプレゼントして、いざ瑞穂ダムへと向かった。

朝5時半に札幌を出て7時前現地到着。
今思うと、朝2時には出るべきだった。ゴメンネ、よしくん。

水温10度。バタバタ飛んでるのはカワゲラのアダルト。時折ライズもあるが、投げてるのはストリーマー。あくまでサクラマスを釣りたいのだ。
ま、でも反応はない。

一方のよしくん、コツをつかんだらしくキャストもなかなか上手。

しかし二人とも釣果のないまま、2時間経過。
初フライなんだから、なんとか魚を釣ってもらいたいなと、とりあえず魚が確実にゲットできそうな漁川へと移動した。

●漁川到着

川へ着くとよしくん、流れへ向かってどんどん進んでく。さすがに釣り慣れてるだけあって、使う道具は違っても、次々フライをポイントへ流しこんでく。

結局、僕は釣果なし。
よしくん、ビーズヘッドのヘアズイヤーでヤマメゲット。
せっかくの初フライ、初フィッシュなのにデジカメの電池切れで写真が撮れなかったのが残念。

投稿者 fumiaki : 08:55 | コメント (2)

f-bobo blog

5月5日 支笏湖ポロピナイ奥


■神恵内青少年旅行村のテントサイトからの眺め

5月3日から5日までの3日間、久々に休みの合ったカミさんと日本海側へキャンプ。
連休なんだし、キャンプ場も開いてるだろうとノープランで出発したが、そこはやっぱりあなどれない北海道。キャンプ場には雪がびっしり。テント張ってる人なんてぜんぜんいない。
みんなバンガロー泊まりなんである。

積丹半島の北側はあきらめ、半島横断してようやく辿りついた神恵内青少年旅行村 。
雪もなくテント張るにはばっちり。キャンプ場自体もとてもきれいでサイトからは日本海が一望できる。

翌日は日本海沿岸を南下。
蘭越の尻別川下流や黒松内の朱太川を車の窓から指くわえてやり過ごしながら、釣りはひたすら我慢。
いつかここに来る日のために書いておくと、連休中は尻別下流も朱太川下流も雪代入ってもんのすごい濁流なのでどっちにしても釣りはちょっと厳しいかもね。

一気に島牧までいこうかとも思ったが、行ったとしても釣りはできそうにないので(カミさん怒っちゃうから)、寿都までいったところで引き返しキャンプ場目指して内陸へと向かった。

ちなみに寿都でおなかがすいたので、ようやく見つけた中華料理店に入ったのだが、これが大当たり。こんな田舎じゃなくて札幌で店だしてもやってけるんじゃないと思うほどおいしい中華だった。
寿都方面に行くことがあったらオススメです。



■たまたま入った中華料理店「昇園」(寿都町)。うまかった。

キャンプ場探してニセコまで戻ってくるも、山のふもとはどこも雪だらけ。とてもじゃないけどテントじゃ寝れない。雪中キャンプ自体には大変興味あるのだけれど、いかんせん装備がそこまでおっついてないので、安全な場所を求め、結局支笏湖まで行くことになった。


●支笏湖ポロピナイキャンプ場

あくまでこの時期テントを張れるキャンプ場という選択肢ではあるのだが、ここは支笏湖。カミさん寝ちゃったらマイタイムである。

夜11時。波もほとんどない支笏湖の湖面をライズないかなーとしばらく眺める。
30分経過。何も起こらない。
1時間経過。ライズ一つない。あきらめて寝た。


翌朝4時起床。日はもう出かかって、あたりは薄明かり。ちょっと寝すぎたとおもいつつ、ポロピナイキャンプ場奥へと進む。
水温3度。なんか前来た時より水温下がってないか?

ストリーマーをキャストするが、反応ないのはいつものこと。時折遠くでライズがおこる。
こんな時ダブルハンドだったらなーとつくづく思う。

結局なにもないまま朝6時終了。
まー、いつものことだし。



■朝4時ではもうすっかり明るい。

投稿者 fumiaki : 08:49 | コメント (1)

m-bobo blog

5月21日(日) 近所の本流(岐阜市内) 長良川

この日も朝から仕事。前日の土曜も仕事。最近休日出勤が多いなぁ…
休みが削れるとそのまま釣行機会が減ってしまうので痛い。

帰り道の車の中から長良川を眺めると、何人かが本流で釣りをしている。最近毎日必ずいるね。
この時はもう夕方で今更遠くの渓流に行くのも無理だし、本流釣りの下調べがわりに行ってみるか。家のすぐ近くだしね。

060521_1850_nagara1.JPG
● 岐阜市内の長良川 遠くの小さな杭のようなのが釣り人

前日の昼は上流の方で土砂降りになってたため増水と濁りがあったけど、増水がひく途中の笹濁り、多分サツキ的には良い状況だと思う。
川のシャケ釣りに共通するなら(サツキに当てはまるのか?)、雨の増水で遡上も促進されるはずだ。でも水量多くてポイントまで届かなそうだ…

仕方なく自分の持ってる中で一番パワーがあるからということで8番(シングル)を使うことにした。
このタックルではもどうも大げさな気がして嫌だが、ダブルハンドに転向する予定は当分ないので(まだそこまで手もお金も回らないだけ)とにかく飛んでくれないと話にならなさそうだ。

シャケを釣るための道具で、40cm前後の魚釣るんじゃちょっとねえ…って、サツキもパシフィック・サーモンだけどさ。
まあ、シラメを狙って5~6番を使うのも同じことか。


060521_1850_nagara2.JPG
● とにかく広い

自宅からは10分もかからないが、いざ家を出ると困ったことにまず車を止められそうな場所がない。車置き場をようやく見つけてから釣り場へ歩く。ここでかなりのタイムロス。

やっと着いたポイント(というほどのものなのだろうか?)で辺りを見ると、みんな膝くらいまでしか立ち込んでいなかった。
何でかな?と思いつつ僕も川に入ってすぐ納得。

川の流れが見た目以上に速くて重いのだ。

仮に腿まで入ったらそのまま伊勢湾まで流されるだろう、ってな勢いである。

久々の8番ロッドは前年の忠類以来の出番である。1年とはいかないが、それに近いくらい振ってないのでとても重く感じる。まるでただの棒である。

2つのリールにはティーニーT-300とシンクティップのタイプⅢがそのままになっており、巻き替える暇もなかったのでシンクティップでやるしかない。

春にお店で聞いた時はタイプⅠかⅡでいいよ、ってことだったのでシンクレートもちょっと大げさな気がしたけど、まあしょうがない。

困ったのはフライだ。なんせ何も巻いてない。もともとウェットは殆どやったこともなく、巻いてもいなかったので弾数がない。

しょうがないので、NZで記念に買ったミセスシンプソンを使ってみる。これも使うのは初めて。通常は「これ何?」っていうわけわからんフライだが、水に入ると意外と魚っぽく見えた。

キャストを始めてから困ったのはラインの処理だった。渓流でやってるハンドツイストでは全く追いつかないし、とても手に納めきれない。
さりとて垂らしておけばすごい力で流れに引っぱられるし、口にくわえててもうまくいかないし、とても困った。
うーん、次回はシューティングバスケットを持っていくかな。

流していてもあまりイメージがつかめなくて苦労したし、変化に乏しいフラットな流れではポイントの見当もあまりつかない。
帰り際によく見たら、それまで一生懸命投げていたところが足首くらいの水深だったりね。


060521_1850_nagara3.JPG
● 全然見当がつかない

前回湖の釣りで
          A○RONのフロロリーダーなんかもう使わん!

って云ったのに、この日またすぐ新品おろして使いました…
今回は前ほど異常な巻き癖もなく前回よりはかなりマシで一安心した。何せまだ数本残ってるから、まともに使えてくれないと困ってしまう。

薄暗くなってからはヒゲナガだらけだったけど、ライズのカケラもなかった。

30分ちょっとやったら日没終了。ポイントでは一番最後まで残っていたけど、川底の状況もわからずに立ち込んでいると膝くらいでもとても怖い。次回は明るい内から来ることにしよう。

次回のために

1 ラインを巻き直す、タイプⅡかフローティング
2 フライ巻いておく(ごく少数で可)
3 シューティングバスケット
4 明るいうちに川の偵察

投稿者 masaki : 22:00 | コメント (1)

f-bobo blog

5月1日 瑞穂ダム


■グッドルッキンな瑞穂ダム。釣れそうだねー。

スペイキャスティングスクールで杉坂さんに教えてもらった瑞穂ダム。
小雨がパラつくナイスな天候のもと、午後からTAKAと遠征。

午後3時半に到着すると、フライマンが二人、ルアーが4人ほどとまあまあの人手。
フライができるスペースは限られていて、ルアーの人がいるところはかなりの急斜面。おまけに立ち木も結構あるので、フライは振れない。

そんな斜面を偵察がてら歩いていると、ルアーの女の子が掛かってるんだか、根掛かりなんだかよくわからない感じでリールを巻いている。「あらら、かわいそうに」なんて思いながら立ち去ろうとしたその時、ラインの先から銀色の魚体が現れた。これはびっくり。いきなり銀色ピカピカ、35cmのサクラマス。

これはこれはテンション上がるね。

ほかの場所も見てみようとクルマを走らせ、ダム湖中ほどの橋の上からダムを見ると、遠くでボコンとでっかいライズが。
さっきのサクラマスといい、今のライズといい、ここはすごいぞと二人してテンション上がりっぱなし。

さっそく用意して釣りを始めるもライズはかなり遠い。遥か彼方。
しばらくキャスト&リトリーブを繰り返すが反応は全くない。まあ、イブニングはまだ先だしなんて余裕かましながら、時折起こる遠くのライズを眺めてると、なんかおかしい。
さっきから同じところでライズが、、。何でかなーとなんとなく空を見上げると、ダムをまたいで電線が。。
どうやら高ーい位置から滴り落ちた水滴がライズの主らしい。そしてまた一方では衝撃の事実が。
僕とは違う方向に向かってキャストしていたTAKAが、「ハマ、あれ魚じゃなくて鳥じゃないかー」だって。
しばらく見てると水鳥が潜ってエサをとっている様子。鳥のクセに結構な時間潜ってる。。
途端にテンションガタ落ちの二人。


■写真中ほどに広がる波紋。でっかいライズと思ってたら、どうやら鳥だったらしい。

日没からは最初にサクラが上がっていた場所に戻って、いよいよ本番。
水温10度。
ユスリカしか飛んでない状況なんで、ストリーマーをキャストしてリトリーブ。時折、立ちこんでいるすぐそばで、ポコンとライズがある。これはまちがいなく魚。
ユスリカでも食べてるのかなーなんて思いながら、それでもルアーに来てたしと、ストリーマーで頑張る。
ちょっと離れたとこでTAKAがキャストしていたのはビーズヘッド。で、TAKAにはアタリがあったらしい。
が、結局午後9時半までやった時点で二人ともノーフィッシュ。

「次は絶対」とリベンジを誓い、ダムを後にしましたとさ。



■岸際の水の中をよく見るとなにやらちょこまか動いてる。網ですくうとエビでした。スカッド効くのかな。

投稿者 fumiaki : 01:34 | コメント (5)

m-bobo blog

5月16日 庄川・御母衣湖釣行~その2~

~5月16日続き~

060516_1827_miboroko_gensui.JPG
● 御母衣湖 夕方は朝に比べかなり減水

朝の部の御母衣湖を諦め、次は庄川へ行った。

今年あまり行ってない場所にもたまには行こうかな…
ということで、ここ数年僕には釣れてなくて、一昨年の洪水で更に足が遠のいた牧戸付近に行くことにした。

牧戸
9時30分頃
水温 10℃ちょっと切る位
暖かくないのでカッパも着たまま。
ちなみにこの日の高山は 最高気温 17.4℃ 最低気温 1.8℃ らしい。
天気も別に良くはない。

増水で流れが速くなっているが、濁りはあまり無い。ただし、ライズもない。
久々に来たらコンクリートのスロープができてる。また無駄に川をいじったもんだな。

少し釣り上がっても反応は無かったが、’いかにも’という流れ込み先の緩やかな流れで、パラシュートをそのまま流すとフライ近くに魚影が現れたが、水面までは出てこない。
こんなメジャーなポイントにいる魚はやはり一筋縄ではいかない。

川の中で少し大人しくして辺りを観察していると、1cm前後のミドリカワゲラ系がポツポツ飛んでいたが、一番目についたのはガガンボだったのでガガンボパターンにチェンジしてみる。

実はガガンボは今まで殆ど作っていなかった。CDCをレッグにしてちょっと作ってみたこともあったが、何か違うような気がしてたし、すぐ沈んで使い勝手も悪いし。
飛んでても気持ち悪いな、と思うくらいであまり気にかけなかった。

が、釣りの記録をつけ始めて気付いたのは、最近どこへ行ってもガガンボに遭遇しているということであった。こうなると巻かないわけにはいかなくなる。
ということで、今まで作ったことのないパターンをネットで調べて実験することにした。

新型に期待して投げたところ、うまく長いことナチュラルに流れたところでやっと出た。

060516_1030_yamame22.JPG
● ヤマメ22cm

久々に釣りらしい釣りができてちょっと満足した。放流魚のこんなサイズでも絶不調の今年では最長寸である(泣)。

初登場のガガンボパターン、やるではないか。朝まずめの時間を削って(ホントは食い込んだだけ)まで巻いた甲斐があったというものだ。

060516_yamame22.JPG
● ヤマメのストマック

ガガンボはサイズも色もばっちりだったが、いかんせん1匹と上半身だけのカケラが入っていたのみ(泣)
ガガンボフライは果たしてガガンボとして機能したんだろうか?
体長10mm、クリーム色で結構太い。
ウィング10mm
レッグ16mm
翼足共にもダンカラーである。

他にはニンフにストーンアダルト、カディスピューパにクモ…
何でもアリである。


060516_yamame22_4.JPG
● まとまって食われているイマージャー

この中で気になったのはイマージャー。クリーム色のボディで体長約9~10mm。
ヒメヒラタ?だとしたら水中羽化だし。
みんなウィングが黒くて縮れており、ダンになる前に食われている。

チカブーをウィングに使ってイマージャーを作るとこんな感じになるかな?
でもチカブー持ってないし、近くに多分売ってない…


060516_yamame22_2.JPG
● 最も多く食われていたのはピューパ

最大でも8mmくらいである。中には羽が伸びたのもいた。
これだけ食われてるってことは、まずはコイツで勝負すべきだった。が、存在に全く気付いてなかった。やられた…
同じようなサイズのカディスは結構居るようで、種類によってハッチの仕方も違うので同定したいがわからん!


060516_yamame22_3.JPG
● その他大勢

唯一わかったのはヒメフタオカゲロウニンフ、陸上羽化と云われるとね。
ダンだかスピナーだかよくわからないのが一匹、体長7mm、テイル9mm。何だろう?
あと、ウィングケースが黒くなった上半身?だけのニンフとか。

もう同定どころではなく、種類別に分けるだけでも一杯一杯である。


その後中型の黄色いメイフライがたまに飛ぶようになった。
帰宅後調べたストマックからすると、こいつがヒメヒラタだったのかもしれない。
色を合わせたプードルにする。プードルも今までは本格的に使ってなかったので、今日は実験の日だね。

流速が早めの所を狙うと、サイズは落ちたがヒレの綺麗なヤマメがもう1匹。

060516_1151yamame20.JPG
● ヒレの綺麗なヤマメ 20cm


コイツのストマックは更にカオス状態で、目立つのが
ガガンボアダルトx1
クリームのメイフライイマージャーx1(12mm)
小さなイマージャーや大小ニンフにミッジピューパ、
クモありブユあり毛虫あり、今季初のアントも入っている。
どんなフライを使えばよいのか…
何でもいいのか?


060516_1151yamame20_2.JPG
● ヤマメのストマック


昼頃に移動して、今度は学校裏へ。釣れてない時なら空腹でしょうがない時間帯だが、状況も気分もいい時はご飯を食べる時間も惜しいし、食欲より釣欲が勝ってしまうものだ。相変わらずげんきんな人間である。

プールをプードルで探ってみるが反応無し、魚影も無し。このポイントもたまに手を出すが大抵何も起こらないのですぐ立ち去るのが習慣になっている。

フライ1種類で探っただけというのももったいないのでガガンボパターンに替えてキャストしたらすぐドラグがかかってしまうミスキャスト。
こりゃダメだ、と思って一瞬目を離した隙に「パシャッ」っと魚が出てしまった。
そんなことでは勿論合わせられず、痛いマイナス1匹になってしまった。

が、珍しくここから魚を引き出したガガンボパターンの威力をまた感じた。これはいけるぞ。


その後はいつもの一色川へ向かう。

水温10℃くらい。

ライズはないが橋からグランドまでやってみると、藪下のポイントで1匹合わせ損ね。
流してる時に一歩踏み出した足が浮き石にのってグラっと揺れてしまい、気を取られて目を逸らした時にバシャッと出た。

さっきミスして集中力を欠いた時に合わせ損ねた教訓がまるで生きていないのである。
ダメだこりゃ(僕がね)。

辺りをよくよく見回すと、去年も同時期に同じポイントで取り損ねた記憶がある。去年はライズがあったはずだが…

それから小さな堰堤下を上から狙うと、フライをピックアップする時に堰堤のコンクリ底にフライが引っかかり、あっという間にフライを2個ロストしてしまう。

引っかかりやすそうな底には要注意だね。

それから当分反応が無く、最後の堰堤下に来た。
ここのプールもよく来る割には日中はなかなか魚の反応がない場所なので、釣り上がりパターンに替えてガガンボで攻めてみるとまたいきなり出た。

ただこのフライの唯一の欠点は、昨年来相性の悪い

 TMC103BL
に巻いていたことである。

去年は 103BL のおかげで何度もバラしていたので実はあまり使いたくなかった。

細くて軽くて刺さり易くて、使い易い針ではあるがやたらバレてしまうという印象が強いのでイヤなのである。(僕の腕を疑うのが本筋だと思うが、それでもバレない針というのはあるからね)
あの形も何か抜けやすそうだし…

でも昨夜急遽巻く時に選べる針が他になかった。102Yは形がとても好きなので使いたかったが、もう少しワイヤーが細いもので作りたかったので…

で、結局今回もバレてしまった。今ある分を使い切ったら、もう買わんぞ、103BL
(…釣り損ねたのを針のせいにしている??)

気を取り直して、近くでコンクリ底の隙間に流す。去年の同時期に同じ場所からイワナを引きずり出していたのでしつこく狙うとやっぱり出た。

コイツは小さな隙間に居た割には良型で、午前中のヤマメよりは大きかったが、数回のジャンプとコンクリ底に擦ったおかげで糸も切れてしまった。糸が擦れるのは計算済みでせっかくフロロにしたのに…もっと太くすればよかった。がっかりである。

060516_1605isshiki.JPG
● コンクリ底はフライが大好き、すぐ食べられる

取れるはずの2匹を更に逃してうなだれていると夕方になる。御母衣湖へ戻る時間だ。

戻ったダムは朝とはえらい変わりようだった。たった半日でこんなに水って減るんだ。そこを写したのがこのページの冒頭写真ね。

朝はぷかぷか浮いていた大きな木の根もすっかり動かなくなっていた。
しばしライズを待つがなーんにも起きない。
立ち込んでまたしばらく静かにしてると!!

細長の小魚が!!
ワカサギ!!(多分)

僕のすぐ近くまで泳いでくるよ!


産卵行動に入ってるとか、産卵後で浮いたワカサギなんてのはサッパリ見えない。数匹の群れで漂うように泳いでいるだけである。
それにしても大きいな。
ティムコのドライワカサギより二回りは大きい。このサイズでフライを作ると、タックルも替えなきゃいかんだろう。困ったものだ。

ワカサギは確認できたので、ドラワカを投げてほっとく。

目の前に大きな岩が沈んでたので、偏光グラスを通して撮っておいた。
次回来る時にはどれだけ減水したかの目安になるだろう。

060516_1827_sakurashita_gensui.JPG
● 突き出た枯れ枝の先に沈み岩

19時くらいで散発ライズが起こるようになったが、どうもワカサギを補食している様子ではない。
ディンプルライズで、もっと小さな虫を静かに吸い込んでいるようだ。

昨年も数回だけこの時期のイブニングに来ており、ライズも時々あった。
フラットな水面なので、水面膜を利用して少しでも騙そうと考えてスタンダードフライで挑んだが全く釣れなかった。

ディンプルライズを起こすような虫を探す。
…が、目の届く範囲で水面や水中を観察しても、極小の虫(何かもわからず)がいるようだがはっきり見えない。時々見えるのはまたしてもガガンボくらいである。

これが昨年の謎のヒントじゃないのか?

ライズの理由はガガンボじゃないのか?

湖でガガンボなんて話は聞いたこと無いけど、今の状況を考えるとあり得る答えだと思う。

と思ってガガンボに替える。

すると、朝とてもイラついた
テ○ムコのリーダーがキャストしてもコイル状になったままで飛んでいく。

唖然としてしまった。
もう巻き癖が取れないなんてレベルではない。明らかに釣りの邪魔である。

かくして、いつも使っているリーダーをも凌ぐ高価なA○RONのフロロリーダーは、その価格とは正反対の品質のため殆ど活躍の場もなく退場。
全然痛んでないので元のパッケージに戻してまた使うこともできたが、もうリーダーとしては使ってやらんぞ!ということで、いつかマテリアルとしてタイイング用にでもとっておくことにして、無造作にポケットへ。

薄暗い中のリーダー交換、貴重なタイムロスだがどうせライズは遥か向こうで手は出せない。

交換後、慌ててキャストしたら見事にブッシュに引っかけガガンボパターンも討ち死に。心配したとおりの結末である。
投げる前にイヤな予感がしたので、フライのサンプル写真を撮っておいた。

060516_1847.JPG
● 濡れて変形しているが、ガガンボパターン

何とも後味の悪い終わり方だった。

暗い中、帰り際に小さな虫が飛んでいた。小型カディスだろうか。よくわからなかった。


しかしまあ、こんなに状況のいい日で2匹しか釣れないというのはかなりヤバイ。
この先どうなる事やら…


今日のまとめ

1 5月中旬、御母衣湖のライズは05:30くらいまで!5時にはもうすっかり明るい。
2 ガガンボ作ろう。←細軸フックを探そう
3 プードル量産(今まであまり使ってなかった)
4 ワカサギは大きい。でもドライワカサギにはなってない(浮いてない)←ストリーマーの方がいいのか?
5 フロロリーダーには要注意(まだいくつか残ってるんだよね…)
6 ドリフト時の集中力をどう維持するか?
7 ダム湖の減水は早い、岸沿いのゴミ&流木もすぐ岸に上がるので、朝見ただけで1日全部諦めてはダメ
8 湖でもガガンボを試してみること
9 コイに注意ね

投稿者 masaki : 21:37 | コメント (2)

m-bobo blog

5月16日 庄川・御母衣湖釣行~その1~

060516_0620_2miboroko.JPG
● 手前は全て湖面に浮かぶ流木

この日は平日だったが、最近休日出勤が続いていたのでその代わりに初めて振替休日をもらえたので、今シーズン初の平日釣行に行けることになった。

数日前にまとまった雨が降った後ということで、水量もちょっと落ち着いたとてもいい頃合いだった。

季節良し、状況良し、平日で尚更良し。これだけ好条件が揃うとなると、こちらもいつもに増して気合いが入る。多分今年の釣行の中ではトップクラスの好条件になるんじゃないかな。

前日の夜に仕事を終えてから準備を始め、フライを巻いたりネットで情報収集してたら午前3時!徹夜のまま慌てて出発する。こういう時だけは眠くならないのが我ながら不思議である。


朝・夕まずめは湖を狙うことにして最初に入ったのは御母衣湖、到着は午前5時ちょっと前。荘川桜も散りかけていたが、今年は綺麗に咲いた方だろう。何年か飛騨に居たがあまり咲いてるところは見たことがなかった。

もう辺りは明るくなっており、明らかに遅刻だった。気合い入れて準備しすぎ…準備で朝まずめを逃しては意味無いのであった…
それでもライズがポツポツあるようだ。

060516_0529miboroko.JPG
● 御母衣湖 流木の先は深くて立ちこめないが、流木の中に立ち込むのも…

ちょっと肌寒いのでカッパを着込む。水温9.5℃くらい。
あまりに増水して流木(&ゴミ)だらけになっていて驚いた。バックが取れずあまり投げられない。岸は流木に埋まってウェーディングできるところも限られるし。


060516_0620miboroko.JPG
● 流木だらけで立ち込むのも厳しい

引っぱり系もやろうかと思ってリーダーをフロロ3x、12ftに交換する。テ○ムコのリーダーなのにM○XIMAのリーダーより高いんだからそれなりに働いてもらわないと困るぞ、とリーダーに念を押しておく。
それにしてもこれいつ買ったんだっけ?湖用のリーダーなんて最近買ったのでも去年の秋だし、その前の残りなら一昨年買ったヤツか?

僻地に住んでいた時、たまに都会に出ると装備を買いだめしていたのがあだになる。
買ったマテリアルや糸類は購入年月日を書いといた方がいいね、というのが田舎暮らしで得た知恵であった。

しかしコイツ、値段は高いくせにコイル状の巻き癖がひどくて引っぱろうが伸ばそうが、全然巻き癖が取れない。いつもはしなやかなリーダーを使っているのでそのギャップもあり、異様に硬く感じる。
それでも使っていれば少しはマシになるかと思って使うしかない。

肝心の釣りは、ドライワカサギを浮かべてライズが少なければ引っぱってみようと思ったんだけど、準備万端整えて5:30に釣りを開始する頃にはライズもだいぶ減っていた…

できるだけ浮かべて待ったが、立ち込んでいてもワカサギも見えず。そういえば、あんまりワカサギのこと知らないんだよね…殆ど見たことないし…

で、’待っては投げ’を繰り返していると一度だけ引っぱってちょっと潜ったドラワカの後ろでギラッと反転した魚影が見えた。
その後周辺に打ち込んでももう影もなし。全然大きな魚ではなかった。30cm以下だったんじゃないかな。

その後6:15頃から上流(南)側から下流(北)側へ微風が吹いてきて水面もざわざわしてきたが、魚の気配は無し。6:45撤収。


それからドライブイン・キャンプ場裏に移動してみると、これがまた良い風裏だったがライズも投げる場所も無し。荘川の村の方へ移動する。


岩瀬橋の下も車止めの近くまで水が来ていた。

060516_0733miboroko.JPG
● 岩瀬橋下 車の先が車止め

牧戸の北側、浄化施設?の北にある降り口から見てみたら、以前目をつけたポイントは遥か沖合になってしまい、ポイントどころか車を乗り入れるあぜ道の途中から既に水没しており、その変わりようにまたまた驚いた。

060516_0738miboroko.JPG
● 遊漁の看板が何故こんなに道路近くの奥まったところにあるかやっとわかった

ここでちらっと見ていたら、遠めにライズが!あれ?と思って近寄ってしばらく見ていると小魚のボイルも起こっていた。こりゃあもうドラワカしかないでしょう~(ニヤリ)
と勝手に思いこんで投げるが、バックが取りきれず中途半端にしか投げれない。当然届かない。

でも一瞬見えた魚体の一部の体色といい体つきといい、コイなのかな?と思いつつも、届かない距離で時々起こるボイルやライズに気を取られてしまいなかなか諦めきれない。結局1時間位費やしてしまったが成果無し。

この時期、5月前後の御母衣湖・岩瀬橋の辺りには去年もその前もコイが群れていることからも、どうもコイのような感じである。ちなみに、ポイントを去る時、最後に見たギラッと光る魚体はまるでヘラブナのようだった。

ここではホテルエメラルドで買った(←相変わらず節操がない)1個750円もしたドラワカをなくしてしまった。見本用だったのに~…(見た目も値段もルアーと変わらん…)

ということで湖の部は成果なく終了。夕方に再度チャレンジすることにして、川へ向かう。

~続く~

投稿者 masaki : 22:21

f-bobo blog

4月29日 杉坂隆久 スペイキャスティングクリニック in 支笏湖


■参加者に説明中の杉坂さん

さて、待ちに待ったキャスティングスクール当日。
これまでのうだうだした肌寒い天気がウソのように晴れ上がり、気温も上々。
会場の支笏湖モーラップキャンプ場までは、車で約1時間。
気分よく1時間前に家を出たら、道がめちゃめちゃ混んでるし。

連休初日だったのすっかり忘れてた。

結局10時20分現場到着。スクールはもう始まっていた。
湖を背にした杉坂さんを、参加者がぐるりと取り囲み、なにやら座学の真っ最中。
知ってる人なんて誰もいなそーだし、おまけに遅刻してるので、ちょっと気まずいなーなんて思いながら輪に向かうと、ドリーバーデンの下山さんが満面の笑みで迎えてくれた。

輪の中心で話す杉坂さんは当たり前だが画面で見るのとおんなじだった。
いつものオーバルのサングラスに大きいダミ声で、北海道の湖のことや、湖での釣りについていろいろと話している。

何を話していたか記憶をたどると、、

・北海道ぐらい鱒族が釣れるところは世界ヒロシと言えども、なかなかない。
・北海道にいながら阿寒湖方面に行かないのはかなりもったいない!
・湖の釣りは暗いうちに狙え!
・なぜならフィッシュイーターは日が高いうちは自分の存在をベイトフィッシュに感ずかれてエサになかなかちかづけない。だから闇にまぎれてエサを襲うのだ。
・日が出てても、波があったり、雨がふったりしてればフィッシュイーターが捕食行動をとることもある。(エサに感ずかれにくいから)
・湖の釣りは朝4時なら寝坊。午前2時には釣りを始めるべし。
・カケアガリの外までキャストすべし。(シャローにはフィッシュイーターはなかなか入ってこないから)
・なのでシャローにいくらキャストしても釣れる確立は低い。

というようなことを言っていた。

なるほど。勉強になるなー。
そりゃ真昼間の洞爺湖で、しかも岸際で延々キャストしたって釣れるわけないわ。

座学のあとはいよいよ本題のスペイキャスティング講義。
杉坂さんがTSRのスペイロッドを手にしてラインを軽く手前に引き寄せたかと思うと、次の瞬間、スルスルスルーっと弾かれたようにラインが飛んでいく。
ホントちょっと投げただけで20m。
フォルスキャストなしでラインがあんなに飛んでくなんて、ウソみたい。
恐るべしスペイキャスティング。

講義は実演を交えながら、スペイキャストの歴史からはじまり、
フォームの解説からタックルのバリエーションまでと話が展開していった。

自分用に大事なことをまとめておくと、、

・まず大事なのは水面上にラインを一直線に伸ばすこと。
・で、このために必要なのがロールキャスト。
・ロールキャスト後はロッドティップを水面近くまで下ろすこと。
・この水面近くからスペイキャストは始まる。
・左手はロッドのグリップエンド持って鳩尾近くからあまり動かさないようにし、
・右手を動かしてロッドを操作する。
・右足前、右足重心の状態からまずリフト(ロッドを上げてラインを水面から引き剥がす)
・そんでスウィ-プ。ロッドティップの高さはそのままに、斜め後ろまでロッドを移動(このとき重心は左足に移る)
・ラインが引っ張られアンカーがうたさり、Dループをつくる
・アンカーを打つ位置はロッド一本分自分の斜め前方
・斜め後ろにロッドを構えた状態(ロンチポジション)からそのまま両腕を少し上方向に上げ、その状態からロッドティップの高さを一定に保ちつつ、左足から右足へ重心を移動しながらシュート。

と、いうことである。
(文章だけ見たってわかんないよね。)

いやいや、すばらしい。
杉坂さんの解説と実演だと、なんか僕にもできそうなんて思っちゃったりするのだが、
見るのとやるのは大違い。あとで泣きべそかくはめになるのであった。



■参加者に指導中の杉坂さん。右手前・赤青のチョッキ。杉坂さんがキャストすると、弾かれたようにフライラインが飛んでいく。


実演と講義終了後はいよいよ演習。
ほとんどの人がロッド持参の中、僕はここぞとばかりに杉坂プロデュースのTSRのDSPロッドを貸してもらう。

はじめてのダブルハンドは当たり前だけど、でかい。
でも、長い分だけちょっとの振りでラインが遠くまで飛んでくのには改めてびっくり。

右隣のおにーさんが言うにはこれはロッドの出来がかなりいいから飛ぶのだそうだ。


とりあえず、杉坂さんが言っていたことを反芻しつつ、キャストしてみるが、これがまったくできない。
というか、一番最初にラインを一直線にするためのロールキャストができない。
ピーンチ。

いままでかなりてきとーな感じでキャスティングしてたもんだから正しいロールキャストなんてやったことないし、頭で考えれば考えるほどこんがらがってくる。いやー、まいった。

杉坂さんが僕のところまで廻ってくるには、もう少しかかりそうだし、困ったなーなんて、水面をバシャバシャたたいていると、左隣にいて僕を見かねた下山さんが手ほどきをしてくれた。
この下山さん、一回お店に行っただけなのに、僕のこと覚えてくれていて、しかも手取り足取りていねいに教えてくれる。いい人だなー。

が、理屈はわかるんだけど、ひとつひとつフォームを意識すると、どこでタイミングを取ればいいのかわかんない。

僕的にはやっぱりこーゆーもんは数繰り返して、体で覚えるしかないモードに入っていった。

しばらくたって杉坂さん登場。
僕の振っていたロッドを見るなり、「そりゃー競技用のラインがついてるから無理だよ。投げづらいでしょ。」だって。
そーなの?そんなのわかんないよ。とりあえず一番デカいロッドを借りてきたんだけど、、、。
僕が借りたTSRは15ft。ロングベリーのぶっといスペイラインがついていた。

杉坂さんは「ちょっとそっちのロッド貸して」と左隣でいい調子でキャストしていたおにーさんから、14ftのロッドを取り上げ、僕に渡してくれた。
「こっち使ってごらん。さっきよりは投げやすいよ。」

しかーし、キャストがヘタクソなのはロッドのせいじゃなくて、僕のせい。
ロッド変えても、じたばたしてる僕に、「まず、左手が一緒になって動いてるから、それを動かさないように、胸元の服をつかんでごらん」と教えてくれる。で、「ロッドは水面まで倒して」「ティップの高さを変えないように」と、あれやこれやと自分で振ってみせてくれたりしながら、丁寧に教えてくれた。
おー、いい人だあ。


そんなこんなであっという間に午後一時。昼食タイム。
持参したカップラーメン食べるのにバーナーでお湯をわかしてると、
杉坂さんが近くに。

いつも使ってるタックルバッグにサインをねだると「え、これに書いちゃっていいの?」と気遣いつつも快く書いてくれた。そしてちょっと雑談。
「普段、どこに釣りに行ってるの?」
「札幌周辺の川とか支笏湖とかです。」
「ほー、そうなんだ。昨日行ったところなんだけど、なんてったけな、千歳からこう行ったところの、あっ、瑞穂ダム。凄い風強かったから、釣りじゃなくてキャス練やってたんだけど、そしたらさぁ、40cmぐらいのアメマス釣れちゃってさー。ふんへへへへ。あそこいいよ。今度行ってごらん。絶対釣れるよ。」

と、あれこれポイント解説も含めて教えてくれたのでした。ほんといい人だあ。

昼食後、午後2時までのスクールを3時まで延長して、再びキャス練。
ロールキャストはちょっとできるようになってきたけど、その次のスイッチキャストで、アンカーを打ってからシュートまでがなかなかうまくつながらない。
この時もまた杉坂さんが手本を交えつつ手取り足取り教えてくれた。

結局最後まで、満足いくキャストはできなかったけど、
「ま、一日でそこまでできるようになったんだから、いいよ。いいよ。オレなんて、もっとひどかったもん。めちゃくちゃだったもんなー。ガハハハハー」だって。やさしいね。

最後はルードボディストリーマーの水中での動きを解説して、記念撮影して終了。

いやいや内容の濃いスクールだったなあ。

スペイキャスト。できるようになれば、バックのとれないところでもフライやれるし、手返しもいい。
うまくなればロングシュートもできるし。(杉坂さんは40mぐらい飛ばしてた)
オーバーヘッドと何より違うのが、フライラインを操ってる感がすんごくあって、キャスティング自体がとても楽しいのだ。

シングルハンドでもスペイはできるみたいだから、ダブルハンドを手に入れるまではしばらく手持ちのタックルで練習することにして、いつかは欲しいぞTSR。



■愛用バッグに貰った杉坂さんのサイン。TSdesignのマークとおんなじ。
  使うのもったいないのでもう1個普段用にバッグ買っちゃった。

投稿者 fumiaki : 23:59 | コメント (5)

m-bobo blog

5月8日 長良川本流

この日はゴールデンウィークあけの月曜日で、本来は仕事のハズだ。

ところが前日が休日出勤で、しかも徹夜で働いたため、この日は昼過ぎからフリーになった。
休み明けで人が居なくなっただろうと勝手に考えて無理矢理出動したものの、仕事の疲れと翌日の仕事への影響を考えるとあまり遠くへは行けない。何より時間もないし。

ということで、遠くへ行かずに済む本流と、あわよくば比較的近い支流筋にでも入ろうかなあ、と甘ーい予定で出発した。

15時に自宅を出て、ポイントへ着いたのは16時ちょうど。

~以下個人メモ ~自宅から57分、36.4km~
060508_1kamikouwahashi.JPG
● 長良川本流 上河和橋 砂は写真左手の下側、殆ど写ってないね

さてさて、上河和橋に来てみたが、ライズのラの字もない。

立ち入れる場所は淵尻で、綺麗なベージュの砂に覆われており、気分が良くなる美しさ。踏んだ感じも心地よい。

本題の川は、元気のありそうなヤツがいるだろう流れ込みははるか遠くで、しかも崖になっておりどうせ釣りができる環境ではない。汗ばむような陽気で、計ったわけではないが水温もぬるめ。

ライズのありそうな主流越しの向こう側、ドリフトがとっても難しそうだ。結構投げなきゃいかんだろうし。


ん~、まだ時間もあるし、他の所も見てみるか。

三日町のプール  ~自宅から1時間8分、45km~

相戸堰堤      ~自宅から1時間14分、49km、~

連続して移動するが何もなし。

何もないな~と思って地図を眺めると、近くに渓流が。
禁漁じゃないか確認しようとしたら、漁協の遊漁地図にも載ってない。

…もしかして隠れたパラダイスなのでは?

1人で勝手に想像して盛り上がってしまう。
そこは郡上に入る手前の安久田川。読み方すらわからない。
上流に大滝鍾乳洞というのがあるらしい。

るんるん気分で探検に行くが、国道を曲がっていざお目当ての川を見てみると…

あまりに細すぎる川の両岸から木が斜めに倒れて放置され、
屋根を組んだように塞いでいた。

ここまで荒れ果てた山というか川は見たことがない。

それこそ、川の上を人も通れないんじゃないか、と云うくらいの密度と狭さで木が塞いでいる。

がっくりきたが、それでも一応上流を見てみようとして走ると、少しずつ流れが見えるようになってきた。が、川幅は相変わらず極狭で振る場所もないくらいだ。

この川幅、岩○大先生のリーダーならどう見ても半分くらいしか使えないだろう。
リーダーどころか、ティペットしか使えんと云う状況ではないか。

状況的には竿1本分のリーダー&ティペットでも扱いが面倒というところだった。

ある程度上まで行くと、ちょっと開けたところに何故か釣り堀。目標にしてた鍾乳洞の少し手前だったがもうどうでもよくなって引き返した。

といいつつ、帰り際ちゃっかりちょっとだけ場所を選んで竿を出してみるが、やっぱりダメだね。水温も14℃近い。見た目は涼しそうなのに、今年の釣行では一番の高水温だった。

で、三日市のプールに戻る。まわりの木にはヒゲナガやでかいガガンボがついていた。

薄暗くなってきたらいつの間にか白い蛾のように見えるヒゲナガが沢山出てきていたが、ライズもなけりゃアタリもない。
そしていつの間にかフライも無くなって、日没終了。

昨年藪沢で活躍した実績パターンをなくしてちょっとガッカリの結末でした。

投稿者 masaki : 21:17 | コメント (5)

m-bobo blog

5月5・6日 飛騨方面 釣行 ~その2~

~前回の続き~

小坂川支流の管釣り状態になった放流ポイントを避けて道の駅まで下ってきたものの、果たして魚居るんかいな?

と思って開始。珍しく全然人が居ない。さっき上流で会った人が
「一時はここ(道の駅周辺)も(人出が)すごかったよ」ってなことを云っていたが、全くその影もなし。

見た感じ良さそうなのでちょっとじっくりやってみることにしたが、これがまたサッパリ。

沈めた方がいいんだろうか。気温も水温も低い訳じゃないしなぁ…

ってしつこく狙ってるうちにかなり風が強くなってきた。2番タックルじゃキツイ風である。5番でもきついけど。

追い風向かい風でいろいろ試行錯誤していくうちに、投げること自体が目的のようになってしまい気がつけば意地になって一生懸命風に向かって投げてる僕。勿論、ドリフトなんかまともにできるわけもない。

ってやってると道の駅の対岸の隅の方で流してたら、魚が水面に乗り出して大きくバシャッと出てしまった。
異様なドラッグがかかってイレギュラーに動くし、魚も食うのが大変だろう。のるわけもない。そりゃそうだわな。慌ててちゃんと流せそうな位置まで移動してやり直すが後の祭り。

以後、そこも沈黙したのでした…(泣)

試しに虫を見てみると、何ともまあ豊かなこと。

060506_2osaka.JPG
● 小坂川の棲息昆虫

ラーバ
 ヒゲナガ 40mm弱 でかい  30mmのは緑色だった
 トランスクィラナガレトビケラ 14mm よくよく見ると体のダマダマの頂点からヒゲのような細い毛が2本くらいずつ生えている

ニンフ 
 大きいヤツ 17mm オオマダラ→ハッチシーズンがちょうど5月頃、今なのだ フックサイズ#8
 シマシマ  9mm フタマタマダラ or ヨシノマダラ→どちらにしてもハッチは6月以降らしい
 白線入り  7mm クロマダラか
 中堅どころ 11mm これもクロマダラ?
 コカゲ系  8mm どう見てもシロハラ
 1匹緑色のコケに覆われたニンフが居た。まるでカニみたい。


みんなとても元気でよく動いている。

虫はいるのだが、一通りやってみてここも端の方しか反応がなかった。

残念だが移動。

今度は馬瀬川へ行く。

馬瀬川に馴染みはなかったが、ひょんなことから今年は年券を購入していたので、今まであまり行ったことがなかったけど行ってみたかったのだ。

が、あまり情報もなく、上流の方に行くと山道が細くて車を止めるスペースすら無い。

ということで、何とか見つけたところも先行者の足跡だらけだった。
そんなところで出るはずも無く、引き返してゆっくりポイントを見ながら走ったり降りたりを繰り返していたらたまたまライズ発見。

観察したらライズは10分に1回くらい、場所もちょっと離れてる。

060506_3maze1.JPG
● 馬瀬川のライズポイント

こりゃ困ったな、と思って回り込んでみたらそこは見かけによらずかなり深い淵で、多分僕の身長の倍以上は優にありそうである。目をこらしてみてみると、底の方に放流モノが固まっているのが見えた。

あっちゃ~、こりゃ釣れんやろな…

と更に困りながらもう少し移動すると、そこにはエサ箱やルアーのパッケージが散乱していた。

みんなよく狙ってる放流ポイントじゃないの…

060506_maze2.JPG
● 放流魚のたまり場らしい キャンプ場下流の方

散発ライズを待つ気にもならなくなってちょっと手を出してみるがそんなの通用するはずもなく、まるっきりお手上げであった。

帰り道、薄暗くなってから馬瀬川沿いを下流へ南下してるとまたまたライズ発見。

今日も成果がないので何とか粘ろうとしたが、どうもこれはライズなんだろうか?

ただ飛び跳ねてるだけ?ワカサギくらいの大きさの魚がジャンプしていた…

馬瀬川、懐が深いような意外と川が短いような、まだまだ探検しないとね。


この日の感想は…

大きなごついニンフを作っておこうね

ってことかな。
オオマダラに対応するニンフ全く持って無いのでね。


投稿者 masaki : 00:31 | コメント (2)

m-bobo blog

5月5・6日 飛騨方面 釣行 ~その1~

060506_1osaka.JPG
● 5月6日の小坂川。釣り堀以上の混み方

ゆえあって5日は昼過ぎに出発、一路庄川を目指す。
夕方になって到着したが、まだイブニングには時期が早かった様子…

小さなメイフライを少々見ただけで日没終了。

とりあえず荘川IC出口にある道の駅兼温泉に行って、お風呂に入って次の行き先を考える。
ここの温泉に入ると肌がツルツルでおもしろい。

温泉で晩ご飯を食べようとしたら、7時半には既にオーダーストップ。さすがに飛騨は店のやる気が違う。

そう云えば、高山の商店街も5時にはたいてい閉まっていた気がする(お土産屋を除く)。
まるでワーホリで行ったオセアニアと同じようなレベルなのである。とっても商売っ気がないのだ。
午後6時に閉まる謎のラーメン屋とかね。昼間もすぐ休憩するし、いつやってるんだよ、って感じで。

それはともかく、この数日間帰宅していた嫁さんがまた家を出た後だったので、僕は温泉に入ろうが、帰宅せずに一晩中川の近くで待機しようが好き勝手できる状態だった。これまた開放感があってなかなか良い。ちょっとした小旅行気分になる。

実は夕食の弁当を持っていたが、次の行き先に着いてからゆっくり食べようとしても、その行き先がなかなか決まらずお腹がピンチになってゆくばかり。

色々迷って気温も暖かかったし、通常の休みでは行きにくい、ちょっとだけ遠めの下呂市萩原町・益田川支流の山之口川から小坂川方面を経て、馬瀬川を攻めてみようかな、と思ってそっちへ移動。

ちなみに、高山には夜間営業しているガソリンスタンドは無い。開いていてもせいぜい夜9時まで。

萩原の国道41号線沿いに一軒ある24時間営業のスタンドが最も近いが、車で1時間はかかる。

ので、夜間移動中に高山市内でガソリンがギリギリになってしまうと、スタンドまでたどり着けないのである。
案の定、荘川の温泉で駐在さんにガス欠の電話相談をしていた若いカップルが居たが、荘川ではもう絶望的である。
ガソリンは半分くらいになったら入れておかないと、飛騨では緊急時に身動きとれなくなってしまう。

…と、つい最近荘川でバッテリーが上がっちゃって右往左往した僕が云うことでもないね。

また話がそれたが、無事に目的地について車中待機。もう日付が変わっていた。

朝の4時半には目が覚める。
これがもし自宅にいたらちょっと前に起床して、「また寝坊した~!」と高速をぶっ飛ばしている頃だろう。
現地待機すばらしい。高速代も浮くしね。

のんびりしてたら5時頃にちょっとだけ先を越されてフライフィッシャーが先に入ったが、全然ダメとのこと。僕もダメ。魚影もなし。

下流から上がってきたエサ師は「流れのある小さなポイントにそこそこ居るよ」だって。

でももう少しやったがあまり調子も良くないのでさっさと諦めて次の小坂川へ向かう。

小坂川はこの日が放流日とのことで、ちらっと覗いてみるとそこは既に管理釣り場をも凌ぐ光景が広がっていた。
それが冒頭の写真である。


こんなポイントはパスして、もう少し下流でやってみるがよくわからない。

僕の後に入ったルアーマンが

この先のプールどうしてもやらせて、と云うのでちょっと譲ったら

「小さいのが追ってくるけど食わんねぇ」

って、ぼくその小さいのも見えないんですけど…

ということで、またまた場所移動。更に支流の小黒川に行くがさすがにまだ時期が早いかなあ。
ちょっと見てみただけですぐ移動して、道の駅まで下る。

~続く~

投稿者 masaki : 06:18 | コメント (2)

m-bobo blog

5月4日 長良川水系釣行

060504_1417.JPG
● 寒水川 とても良さそうなところ

この日は出発が遅かったので、できるだけ近くがいいだろうというのと
時期的に良さそうと云うことで、本流を見て回るが何も発見できず。

昼も大分すぎてから寒水川へ行ってみる。ちょうど良さそうなところが空いていた。
地理目標がないので、何という場所なのかがよくわからない。

日中は虫だらけで、季節も申し分ない。天気も良く、汗ばむような陽気だった。

夕方でも20℃以上あったのでおかしいと思ったが、暗くなって肌寒くなってからの帰り道、道端の温度計でも14℃あったので、温度計がおかしいわけでもないようだ。

到着 14時過ぎ
気温 25℃以上
水温 13℃

出ないわけはないという感じの所を釣り上がるが、反応がない。

この日唯一反応があったのは、脇の方の小さな落ち込みのみ。別にタイミングが悪いわけでもなかったが、のらなかった。
ナチュラルに流れてないのか。よっぽど攻められているのか。

出たのは端っこの釣り残しみたいなところだった。

もう1つ、フライを木に引っかけて回収に行った時に魚影1確認。この日の数少ない釣れたかも知れない魚だったが…

060504_1811.JPG
● 釣れない方がおかしい


夕方、気付けばスピナーの群れに取り囲まれていた。→ヒメヒラタ

小さな黄色いカゲロウのダンがポツポツハッチしてた。→よくわからず。

オレンジの大きなスピナーを数匹見つけた。→ウエノヒラタ

黄色の小さなストーンがいた→シミズミドリカワゲラ

060504_kanomizu5.JPG
● 流下昆虫ならぬ採集昆虫

ガガンボだらけで、でかいキモイガガンボもたくさんいた。

小さなガガンボが夕方に大量に水面近くの石周りに集まっていた。

最近どこへ行ってもガガンボだらけ。

060504_3kanomizu.JPG

ちなみに、長良川本流の州原神社から自宅までは33.2kmだった。以前住んでた高山市内の自宅から同じ高山市内の荘川は50kmあったので、それより近い。恐るべし高山。

投稿者 masaki : 23:56

m-bobo blog

4月30日 長良川支流釣行

060430_0957.JPG
● 気良川 見た感じ良さ気

前日は急遽釣りに行けなくなってしまったのでその分も期待して行ったが、この日はゴールデンウィークの第2日目。大混雑は目に見えているが、だからと云って平日に休みをとれるわけでもないので行くしかない。
前回バラした寒水川のポイントが気になるが、7時くらいに着いても空いてるわけないね。

というより、この川自体に入れそうな所がなかった…みんな適度な距離が空いていて程よく全体的に埋まっていたので、潔く川自体を諦める。

近いと云うことで隣の気良川に行くと、上流の方に何とか空きがあったので入る。

見た目は良さ気だが何かイマイチ反応も魚影も無い。みえたのは鑑札チェックの漁協のおじさんくらいであった。

その監視員曰く

・今下流で会った人は「イワナしか釣れん」って云ってたけど、アマゴも入れてるんだけどね
・まだ支流は毛針早いんじゃないの~?本流(吉田川)の方がいいぞ、もっと上流行かな

と云っていた。

…川の選択ミス&釣れてないのはオレだけ??…

堰堤下流で虫をチェック。今日も虫網忘れたので、ランディングネットでキャッチする羽目に。流速が結構あり、フレームが折れるんじゃないかと心配になる。

気温 16~17℃くらい
水温 10℃

川底をゴリゴリやって、ネットを構える。
何か採れたかな~♪
と楽しそうにする僕。

そんな僕が見たものは…

うぎゃー!!

ヘビトンボ!!キモイ!!

大の苦手である。それにしても本州で初めて見た…

阿寒川で何度か見たので、何となく北海道のイメージがあったんだけど、居て当然だわな…

思い出せば最初の出会いは数年前のニジマスのストマックで、その時は中身が無くなって巨大な殻だけが吸い出されたんだけど何かわからず、異様に気持ち悪かった。大きめの魚は食ってる虫もでかいな、と妙に感心した記憶がある。

2回目はその数年後、また阿寒川で今度はうねうねと泳いでいたのを見た。あの動きも気持ち悪いことこの上ない。あの大きさといい、まさに北海道って感じである。

ヘビトンボはかなり伸び縮みするが、それでも今目の前にいるヤツは少なくとも4~5cmくらいある。時期的なものなのか、北海道のものよりは小さい気がする。

そいつは写真撮影する間に何とシャーレから逃げ出してしまった。大きいのでシャーレの横の壁などはものともせずに尻の方からスルスルとバックで逃げていく。恐る恐るシャーレに戻そうとするがうまく逃げられてしまった。

しかし苦労しながら捕まえようとして、色々観察できた。

小枝でつまみ上げようとすると、むきエビのように丸くなってコロコロ転がる。危険を感じるとそういう体勢をとるのかも知れない。ヘビトンボフライはでかいのだけじゃなく、丸いフライも有効かも。

で、気がつくと伸びて胴体の後半を尺取り虫みたいに動かしてバックで逃げていく。何ともキモイ、恐ろしい生き物である。

アゴもいかにも強力そうで、これなら大きなストーンでも食っちゃいそうである。頭も固そうだし。

そう云えば、去年阿寒川でヘビトンボフライ2種を使ってみたが、トロ場のすれたニジマスを観察しながら実験したら、最初はすごい興味を抱いてダッシュで駆け寄って来た。しかし一瞬で見破られてしまう。大きくてリアルというのは難しいなあ、と感じたね。とにかく本物が大きすぎるのである。
そして、2投3投していくともう近寄りもされずに無視される。

あんな大きなフライをどう巻くか、巻く前ずーっと悩んでて巻き始めてからも苦労したのに、数投でお役ご免だなんて(泣)…

話を戻すと、ヘビトンボには逃げられたが、それでも十分大きなストーンのニンフがいる。シャーレから逃げ出そうと必死の様子なので、早く撮ろうと思ってカメラを向けると今度は!

今まで必死で逃げようとしてたくせに、シャーレの中で他の虫食い始めた!!

060430_1.JPG
● シャーレの中で行われる大自然の営み…

逃げたいのか腹減ったのか?すごい欲張りである。
ウエノカワゲラなのかな?

060430_2.JPG
● まだ端の方で殺戮している残酷物語

カディスはオオカクツツがいるけど、メイフライのニンフはあまりおらず。何でだろ?
小さなマルツツらしきケースもあった。そう云えば、そんなマルツツらしきアダルトも結構飛んでいた。
今回の中では大きめのニンフは10mmほどでオオマダラにしては小さいような、ヨシノマダラなのか?よくわからず。

そうこうしてるうちにストーンも逃げ出すが、コイツ、

虫をくわえたまま逃げやがる!

何て強欲な…

強欲ストーンに巨大(&キモイ)ヘビトンボ、あんな恐竜のような肉食昆虫に囲まれて、この川で暮らす小さな水生昆虫はさぞ気が気じゃないだろう。気の毒である。

060430_3.JPG
● 虐殺の舞台。川はとっても豊か

それにしても豊かな川だった。


ちょっと場所を変えて上流に行き、しばし車で休憩してるとスピナーが1匹まとわりついてきた。マエグロだろうか。蚊のようなシマシマのボディーだった。体長14mm、標準よりちょっと大きめで時期もちょっと遅い気がするので違うかも。とにかくフタオカゲロウの仲間であろう。

ここも結局できず、川自体を変える。監視員に教えてもらった上流のスキー場周辺まで行くが、いまいち場所がよくわからず、見た目もどうってことはなかった。強風だったので竿も出さず早々に退散。

もっと下流川の吉田川に入る。

060430_1158.JPG
● 吉田川の「高橋」上流。また高橋だって

ここでは久々に落ち着いてゆっくり釣りができた。が、う~ん、釣れてもいいはずだけどなあ…
途中ライズがあった気がしたが、視界の隅だったので結局わからず。

060430_1555.JPG
● ライズ?があった気がした辺り

ライズか勘違いかで、次回行きたいかどうかに影響するから大事なんだけど、わからない…

060430_5.JPG
● 橋下流側。釣れないのが不思議

060430_4.JPG
● 橋上流側 ここも悪くなさそうなんだけどなぁ…

じっくりやってみるが結局ゼロ。

夕方になりまた支流へ向かう。少しは人も減ったかな~と期待していく。

前回バラしたポイントに行くと、朝とは別の車が止まっていて、もろに僕が今から行こうとしてるポイントをエサで釣っていた。
天気が悪いのでちょっと待ってたら雨がひどくなり、カッパのない2人は早々に退散したので行くしかない。

今日も1日責め立てられてもうさっぱりダメか、と思ったら落ち込みの肩の部分で出たオチビちゃんがフライをくわえてそのまま落ちていった。

060430_amago.JPG
● やっと釣れた綺麗なチビッコ 大きくなれよ~

17:14
水温 10℃
気温 15℃
天候 小雨
フライ エルモン・ダン♀ #14 パラ(エルモン出てなかったけど)←ここ重要…(泣)

本命ポイントは結局ダメで、日没終了。

どうも、前より水量が落ちたようだ。次回はもっと減るのかな?

ま、朝は早起きしようね。

投稿者 masaki : 20:42 | コメント (2)