2014年01月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 長良川・飛騨釣行&ドライブ | メイン | 4月4日 大阪・芥川管理釣り場 »

f-bobo blog

4月1日 千歳川&支笏湖

さて、今日は写真がない。
そして釣果もない。
まったくどうしようもない。

うんこがつくほど忙しい中、無理やり時間をつくって強行軍。

午前10時半に札幌を出、中古釣具屋で放出品のウィップフィニッシャーとダビングツイスターをそれぞれ100円でゲットしたまでは絶好調であったのだが。

いざ動き始めると途端にスローで、寄り道しながら向かった千歳川到着は昼過ぎ。
千歳川ならいっつもこの場所という、流れの重い外国チックなポイントである。

水温6度。かなり増水ぎみだが水の流れは緩く、クリア。ちょっと日も出てナイスなシチュエーションであったが、まるっきり反応なし。
ここ最近出番の多いルードボディストリーマーを皮切りに、ビーズヘッドニンフ、アカマダラカゲロウニンフ、果てはシルバーマーチブラウンという、名采配ぶりを見せながらもまったくもって当たらない。
足元には3・4cmのサケ稚魚がうようよ泳いでいる。こいつらを捕食するマスがいるはずなのに。

結局この場所は1時間半程で切り上げ、支笏湖へと向かった。

とりあえず丸駒温泉へ行ったのだが、宿泊客一杯でクルマを置く所がない。
しかたなくちょっと戻って伊藤温泉へと移動。
2mほどの高さの堤防を、やっと出番が来たロープを使って降りる。
が、ここも惨敗。

最後はポロピナイキャンプ場で4時半から6時まで、修行僧の如く立ちこみ。
掛かったかと思ったら底石を釣っていました。

んー、釣りって難しいねぇ。

投稿者 fumiaki : 2006年04月01日 19:30

コメント

▼投稿者 TAKA : 2006年04月02日 10:57

千歳川行ったんだ。いいねぇ。
オイラも明日時間あったら行ってくるわ。
こんな情報ももちろん知ってっかな?
http://www.geocities.jp/rrchokkaido/sub1.htm

▼投稿者 fumiaki : 2006年04月03日 12:25

ここ知らなかった!

もっと調べておけば。。
ポイント図解してあっていいねー。
今度はこれを参考に下流の方に行ってみるかな。

▼投稿者 masaki : 2006年04月04日 02:31

寒そうですな。
ゾンカーとかウーリーバガーとかは使ってみないの?マドラーミノーも。
千歳川、ルアーの方がやりやすそう…
ってことは、ロールキャストばっかりになるんかな?

▼投稿者 fumiaki : 2006年04月04日 09:05

ゾンカーとウーリーバガーね。
千歳川・支笏湖にはいいみたいね。
ウーリーバガーは巻いたこと無いなあ。
マドラーミノーは1回挑戦したけど、挫折した。
今度再挑戦だな。

キャストはバックスペース取れないから、ロールキャストか、1回ライン跳ね上げてそのまま斜め上流に打ち返すだけとかかな。

タックルはWF#6Fに、70cmのインターミディエイト、続いて2mの#7シンクラインType3をループtoループで接続して使った。シンクティップ状態ですな。
ただ、ブレイデッドループ全体を瞬間接着材でコーティングしたら、固くなりすぎちゃって使いづらかったなー。もっかい作り直さなきゃ。

▼投稿者 masaki : 2006年04月06日 00:05

>マドラーミノーは1回挑戦したけど、挫折した。
↑僕も全然苦手。でも夏にはヒゲナガの代わりにもなるし、便利だよね。
今年は沖縄行くの?
西山さんの本で、沖縄の汽水域でマングローブに向かってマドラーミノー投げたらクロダイ釣れたって書いてたよ。

ライン接続部をコーティングするならアクアシールじゃない、やっぱり(←こればっかり言ってるが…)
油を手に付けて整形するといいらしいんだけど、なんの油だろ?サラダ油で別にいいのかな?