2014年01月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 4月9日 御母衣湖(みぼろこ)&渓流釣行 | メイン | 4月23日 祝梅川&千歳川&支笏湖 »

f-bobo blog

4月16日 千歳川&漁川

■やっとキタ!魚の写真!

今年既に7回目を数える釣行で、ようやくゲット。いやー、よかったヨカッタ。

●まずは祝梅川を偵察

前の晩、今日に備えてフライを巻いてて、気が付けば朝4時前。空が明るくなってきてる。
やばい、寝る時間ない。

当然、目が覚めると朝9時半。急いでシャワーを浴び、鳥のエサを買いに行き、カミさんを実家まで送って10時半にようやく札幌出発。TAKA に電話してみるともう千歳の祝梅川で釣ってると言う。


■千歳川支流の祝梅川


■この藻の間を魚が泳いでいった


11時半、祝梅川到着。はじめて来る川。TAKA はもう千歳川上流に移動してたけど、もっかい戻ってきてくれるという。こーゆーとこ親切だね。彼は。
TAKA が着くまで川を偵察。
すると藻の間を13cmほどの魚がすーっと泳いでいくのが見えた。
やった。魚だ。稚魚以外では今季初の魚影確認。
やっぱ寒くてもいるんだね、魚は。

●千歳川上流へ

祝梅川はTAKA が既に午前中に釣りをしていたので、千歳川上流へと移動。僕がいつも釣るポイントよりもちょっと上のところだ。



■千歳川上流。雨が降ってて気温も低い。

雨の振る中とりあえずは水温チェック。水温5℃。この前の釣行より1度低い。
流下昆虫は筒巣に入ったコカクツツトビケラのラーバ1匹のみ。ゴミかと思ってあやうく見逃すとこだった。
これだけでは何がいるのかわからないので、水中の底石を足でゴロゴロ転がしてみると、大量の水生昆虫が網に掛かった。
中でもビビッたのはヘビトンボ。でかくて気持ち悪い。しかもめちゃめちゃ元気いい。


■左から、コカクツツトビケララーバ、めっちゃでかくてキモいヘビトンボ、ヒゲナガラーバ、あとは全部カワゲラ(フタツメカワゲラかアミメカワゲラかはわかんない)


どんな虫が川にいるかわかったところで、フライを決定。まずはビーズヘッドをつけたヒガナガのラーバを流す。が、魚信なし。
フライ変更、カゲロウにもカワゲラにも見えるビーズヘッドのニンフ投入。
その後ビーズヘッドヘアズイヤー、ストリーマーと替えるが相変わらずの結果。魚いそうな川なのに。
いや、釣り方が悪いのか。。


雨は一向にやむ気配を見せず、体も冷えてきたのでちょっと休憩。

雨の中ストーブで湯を沸かし、コーヒーとカップラーメンで体を温める。
こういう屋外でのちょっとしたブレイクタイムはなかなか楽しい。
フライってまたそういうのが合うよなーなんて思ったりして。

●漁川へ

さて、釣れない千歳川上流に見切りをつけ、恵庭と北広島を流れる漁川(いざりがわ)へと向かう。
よさげなポイントを何箇所か移動しながら見て周り、まずは千歳川と漁川の出会いのちょっと上流で試してみる。魚がいそうなポイントなのだが反応がない。

そして夕方、最後のポイント。漁川の下流になんだかよさげな場所を発見。
魚道があったり、小さな滝みたいなのがあったりと複雑な渓相でいろいろと楽しめそう。
水温8℃。
TAKA は魚道下流側から、僕は堰堤上側からそれぞれアプローチ。流れの合わせや白泡など魚のついてそうな場所に16番のビーズヘッドのヘアズイヤーを送り込む。



■漁川下流域の場所。水関係の施設があるが、遠くて看板が読めない。


アタリがないまま移動し、段段になっている落ち込みへとやってきた。フライラインを長めにだして落ち込みに投入、そのまま流れにまかせて下流へ流す。手前、中、奥とラインを変えて流すが反応がない。
もうちょっと下流までと、川の真ん中の流れを今度は長めに流下させるとぐぐっとあたりが来た。



■写真左側の流れの切れ目あたりでヒット

やったね。久しぶりの感触。ネットをクルマに忘れてきていたが、6番ロッドに5xのティペットだからそのまま引っこ抜く。
そして目の前に現れたのは15cmほどのヤマメ。いやいや半年ぶりです。

さて記念撮影と思ったら、カメラもクルマに置いてきてた。さて困った。

そうだケータイがあったっけと、ケータイを取り出すが、ケータイカメラなんてしばらく
使ってないので、使い方わすれちゃった。
撮れてるんだかどうかわかんないけど、とりあえずシャッター押してあたふたしてたら、TAKA が様子を見に来てくれた。保険にTAKA ケータイでも撮ってもらってようやくリリース。


■15cmのヤマメは6番ロッドにはちょっと小さい。後ろはTAKA。


と思ったらこのヤマメ、ビーズヘッドをがっちり呑み込んでて、フックがなかなかはずれない。
フックの刺さった傷口からちょっと血も出てきて、ちょっとかわいそうになってきて、僕もパニクリはじめる。
なんとか抜いてリリースし、元気に泳いでいく姿をみてちょっと安心したが、なんかとてつもなくかわいそうなことした気になった。

食べる目的なら問題ないが、あくまでスポーツとして魚に遊び相手をしてもらっているわけだから、魚にダメージを与えるのは申し訳ない。
ちょっと本気でバーブレスに乗り換えようかななんて思い始めたのでありました。

なんてそんなこと思ってたら、腹の中のチェックするのすっかり忘れてた。

投稿者 fumiaki : 2006年04月16日 20:52

コメント

▼投稿者 masaki : 2006年04月18日 00:46

いや~、おめでと!

とうとうきたね!

にしてもまだまだ寒いな。

川的には祝梅川とても気になる。水草の川っていかにもフライっぽくて憧れるな~。
今行きたい川ナンバーワンってことで、次回北海道に行く時は是非ここ連れてって。魚多いのかな?

▼投稿者 fumiaki : 2006年04月18日 01:40

でしょ。
ちっこいけどいい感じかもし出してるんだよねー、祝梅川。

次はたぶんここ行くね。

そういや、CDドライブ直ったか?