2014年01月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 長良川水系偵察? | メイン | 3月19日 洞爺湖サクラマス狙い »

m-bobo blog

3月19日 長良川支流釣行(その1)

昨日は往復で240kmくらい走ってライズを探したものの、結局釣りしたのはわずか数回投げただけ、殆ど釣りできずにただのドライブ!?に近い状態に終わってしまった…

ということで、昨日の雪辱を晴らすべく今日も釣りに行こうかと思ったものの、この数日間は睡眠時間が極端に短かったため今朝はもう起きる気力がなかった。


短時間睡眠の本なんかには、常識的な「1日6~8時間睡眠が良い」という話に実は根拠なんてないんだよ、短眠でも体には問題ないよ、と書かれていた。

そう思って数日続けてみると、確かに1日3~4時間半くらいの短眠でも意外と体の調子は悪くならないが、やっぱりほんの数日しか続かない。短眠生活が習慣になれば、フライボックスが充実するし、朝マズメに行ける回数も増えそうだけどね。


今朝はアパートの自治会で草むしりがあったが、そういうおつき合いは嫁さんに任せて、出発の準備をする。


昨日さんざん下見ばかりしてあまり良い感触はなかったが、やっぱり吉田川が気になる。

遅い出発で焦って東海北陸道を飛ばすが、今日は異常に風が強い。行きしなに聞いていたラジオでも、日本全国強風だらけと云った感じだった。


高速で強風を受けると一瞬のうちに車が横にずれてるわ、ハンドルとられるわで怖かったなー。


それでも郡上のバローに着いたのは11時ちょっと前だが、とにかく風が強い。
釣り師も2~3人か。少ない。岩の上でぼーっとしてるだけで釣りしてないよ。

ブログ用H180319.1047ハタヤ上流.JPG
● 唯一の釣り人たち、ライズ待ち中?の2人。とりあえず釣りはできない様子

昨日も見た若葉マークとチャイルドシートだらけの白いランドローバー、昨日と同じようにセージ490LLのロッドケースが車内から見えてるよ。盗まれないように気をつけなよ。

ブログ用H180319.1048ハタヤ下流.JPG
● 例のごとくバロー(ハタヤ)から下流を見たところ。とうとうここも人が居なくなる


ライズはないし、強風すぎて話にならん。ダメだこりゃ。


移動移動!


今日は吉田川周辺を離れ、長良川本流を北上してみた。昨日見た栗巣川、牛道川方面に向かう。

※ちなみに、栗巣川の国道156号線からの入り口の目印はこの看板
ブログ用H180319.1109栗巣川入り口目印.JPG
● 奇遇にも管理釣り場(アウトドアin母袋)の案内板でもある

川の様子
ブログ用H180319.1106栗巣川徳永橋上流魚道.JPG
● 栗巣川、国道付近

次の川
ブログ用H180319.1220牛道川保之木橋下流.JPG
● 牛道川、ほうのき橋付近

どちらも今日はエサ師すら居ない…

強風に加えて途中から雪も降り始め、どうもよろしくない。

まあ、オレも日にちを選んで釣りに来れるなら、敢えて今日釣りには来ないよな。


いっそのこと、強風でもライズする蒲田川にでも行こうかと思ったが、もう正午を回っていたので時間が余り無いし、山を越えた向こうはもっと嵐がひどいだろうな、と思うと行く気も失せた。


それにしても、転勤が決まった時は「これで今年の釣りは無理か~」
と諦めたけど、全然釣りできそうな雰囲気で安心したな。
それと、岐阜市に住んでると長良川水系が行きやすそうだと言うことがっわかってきたので、そろそろ郡上の年券でも買うかね。

昨日は釣り時間わずか数分(数回投げただけ)の為に日釣り券1,000円で超高額になっちゃったし。
今日も釣りできないのに1日券1,000千円じゃ割に合わん、という心配をしたからなのであった…

白鳥町の釣具屋さんで年券を買って色々聞いてみると、早い話が
「フライはまだ早いよ、5月くらいからかなあ」
だって…
ああ…まだ3月…
しかも雪で荒れてるよ…

そこで聞くと、今日はそこの周辺で放流だったらしい(ネットで知ってはいたが)。
確かに、店の目の前の国道にかかる橋周辺はエサ釣り師だらけ。

ブログ用H180319.1220長良川奥美濃大橋上流.JPG
● 白鳥町奥美濃大橋(国道156号線)の上流

みんな強風の中、よくやるな~
おまつりしないのかね?
ココで釣りしても楽しくなさそうなので移動。

他にも今日は4カ所放流したというので一応見てみるか。
放流直後の魚を釣ったことがないので、どういう釣りなのか実はよくわからないんだけど。

ブログ用H180319.1326長良川白鳥越佐橋.JPG
● 越佐橋下流・雪がひどくなってきたのにこの混みよう(移ってないところにも人沢山いるからね)

どこもエサ師だらけ、たまあにルアーの人が混じるくらい。

更に移動。

ブログ用H180319.1331長良川白鳥大島橋.JPG
● 大島橋、放流地点なのに誰もいない!

おお!ココだけは0人!!
放流日なのにありえんな!ちゃっかり雪は降ってるが…
でもこの季節、この流れではエサでも釣れないと言うことなのか。勉強になった(気がする…)。

移動中、本流沿いの農道を快走していると…

道路上、1時の方向に障害物発見!

取り舵ー!回避ー!

強風でどこかの農具小屋の屋根が吹き飛んできたらしい…
ブログ用H180319.1257白鳥地内長良川沿い強風被害.JPG
● あ、危なかった!

放流地点最北部の平家平橋にはエサ師2人のみ。

うろうろした結論は…

やっぱり風を弱めるような環境にあるところが良いな、なら支流の方がよさそう。


…おとなしく戻ろうっと!


ようやく諦めたボク、今までの時間とガソリンよ、成仏してくれ…


で、支流に向かうのでした。


長くなってしまったので、続きは次回。


---続く---

投稿者 boborusa : 2006年03月19日 23:32

コメント