2014年01月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« シューティングヘッドの製作 | メイン | 長良川水系偵察? »

f-bobo blog

3月12日 小樽内川&札幌湖

f20060312_1.jpg

朝起きるととてもいい天気。冬ももう終わりだなーなんて気分も良い。
せっかくだから前日に作ったシューティングヘッドを試してみようと午前中にいそいそと準備を始める。
ストリーマーを巻いたり、用具のチェックをしたり。そんなことしてるうちにもう昼近く。
なんだか眠くなってきた。

ちょっと一眠り..と気持ちの良い昼寝へと突入したのだが、それがまずかったのかも。

目が覚めると午後3時前。寝すぎた。
結局4時前ぐらいに家を出ることになってしまった。

今回目指すは小樽内川と札幌湖。定山渓温泉裏を流れる小樽内川で釣りをしたことはないのだが、今回は偵察がてら。そして小樽内川にくっついている札幌湖でキャスティングテストをしてみようと、そんな目論見だったのだが。

定山渓に近づくにつれどんどん雲行きが怪しくなってくる。やっぱり昼寝なんかしなけりゃ良かった。
小樽内川に掛かる時雨橋を目指し車を進めるが脇道に入った途端、あたり一面銀世界。
山はまだまだ真冬だった。

小樽内川に掛かる時雨橋から川を見る。両脇は結構な崖になっていて、川も雪に覆われている。こりゃまだまだ無理だなと小樽内川を諦めて札幌湖を目指す。

札幌湖への道は完全アイスバーン。市街はすっかり雪がないのに。
しかしこんなのはまだまだ序の口だった。

札幌湖湖岸のパーキングエリアに車を停めて湖めがけて歩いていくと。
湖がない。札幌湖全面結氷。がーん。

f20060312_2.jpg

そうか。札幌湖って結氷するんだ。知らなかった。。まいったね。
湖に流れ込む川も見る影もない。

f20060312_3.jpg

湖も諦めて偵察がてら、さらに上流を目指してみるがどこも雪深く覆われていて、入渓どころか車を停める場所すらない。改めて雪国なんだなーなんて思ったりして。

こうして今回の釣行は徒労に終わった。
ま、一つ学習したってことで。

投稿者 fumiaki : 2006年03月13日 23:11

コメント

▼投稿者 masaki : 2006年03月17日 00:22

スゲーなこりゃ、やっぱり北海道は違うなぁ…
全面結氷の湖なんて見たこと無いよ。
それにしても、今度洞爺湖でシューティングヘッド使うんでしょ?その前に一回キャスティング試してみた方がいいんじゃない?普通のフルラインとちょっと感じが違うかもよ。
近場の練習でライズでも見つけたらめっけもんだし、って、ラインの種類違っちゃうけど。
定山渓の温泉街ってどうなの?釣れないのかな?釣り場の雰囲気は良くなさそうだけど。

こちらは、次回の長良川に備えて某ショップの「秘密のニンフ」を見せてもらったよ。


http://www.lasthope.jp/midgefly.htm
http://www.lasthope.jp/fd030217nagara.htm
http://www.lasthope.jp/fd050215yosida.html
http://www.lasthope.jp/fd050221yosida.html

ちなみにお店はココね↓
http://www.lasthope.jp/

すっごく細いフェザントテイルでした。
で、ニンフだけど頭が表層に浮くようにできてたよ。
ただ、使っているレアなマテリアルというのはよくわからなかったけど。買ったわけではないのでね。1個サンプル買おうかな、と思ったけど、おやっさんが自分のベストからフライボックスとってきて見せてくれたんで、売り物っぽくなかったし。


あーでも今日ももう巻く暇ないしなー、まだ1個も作ってないんだな…

▼投稿者 fumiaki : 2006年03月17日 00:51

いやーキャスティング予行演習しておきたかったんだけどねー。仕事忙しくてぜんぜんだめさ。
フライもぜんぜん巻いてないし。まいったな。


秘密のニンフってよくできてんな。写真だと虫みたい。
ところでこのニンフ、通信販売大歓迎ってサイトに書いてあったぞ。