2014年01月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 買ったぜ、ロープ! | メイン | 引っ越し »

f-bobo blog

3月5日 豊平川・小金湯温泉裏

f20060305_1.jpg

長い長ーい北海道の冬の間は、ただひたすら春が来るのを待つのだけれど、時に禁断症状にも似た川への渇望にたびたび襲われる。
来シーズンに向けて、、と、友人とアホみたいにアウトドアグッズを買いあさったり、毛ばりを巻いたりして気持ちを抑えてたけど、テレビで東北の川が解禁になったニュースが流れたりしたもんだから、もう押さえが利かないのである。

しかもその映像ではエサ釣り師が雪の降る中、5・6cmの新仔ヤマメを容赦なく、しかしばっこばこ釣ってるもんだから、「ひっでぇなこいつら」を通り越して、「ちょっとうらやましい。。」という末期症状へと至ってしまったりして。重症。

土曜のうちに溜まってた仕事を片付けて、たまたま休みの合ったカミさんを連れて日曜午後から豊平川上流へと向かった。

小金湯温泉裏を流れるこの場所は、去年、友人の TAKA が30cmのニジマスを上げている。

f20060305_3.jpg

f20060305_2.jpg

雪で入渓は大変かなと思ってたけど、逆に固く積もった雪がフラットな足場をつくっていて夏場より楽チン。カミさんにストーブの使い方を教えて、「コーヒー淹れて」と使命感を煽ってる隙に、まずは流下生物の調査から開始。ネットを川に突っ込んでしばらく待つが藻みたいなゴミしかかからない。水温を計ってみると3度。まだまだ厳しいのかも。

割合い晴れていて風もなく、冬場の釣りにはありがたい状況のもと竿を振ってみる。
水生昆虫の流下もハッチもないので、インターミディエイトの#4に2Xリーダー、2Xティペット、そして杉坂隆久氏の映像で見たルードボディーストリーマーをくくりつけ、キャスト。

まったく反応なし。

冬でも魚はいるはず。えさだよーんと小刻みにリトリーブするがまるでだめ。まあ、こんなもんかも。
キャストする方向をあちこち変えてみるがうんともすんともいわない。

f20060305_9.jpg

後ろを振り返ると遠くの方ではポンチョ羽織ったカミさんがニンテンドーDSで脳ミソのトレーニング中。

もう少しねばれそうだなと、6xのティペットを付け足して、ウェットのミッジユスリカ&ラバーショットに作戦変更。流れ込みからプールにかけて流してみる。

が、反応なし。まだ早かったかね。
全く反応のないプールを諦め、去年アタリのあった深めの流れに移動。

f20060305_5.jpg

が、ここでもまったく反応がない。
時計を見るとすでに5時をまわっている。日が長くなったなーと空を見上げると、なにやらちっこいものが視界をよぎる。ユスリカじゃん。さっそく捕まえて記念撮影、いやデータ保存。

f20060305_8.jpg

冬でも虫っているんだなーと、ささやかな感動を覚えつつ納竿。
釣れなかったけど、久しぶりに釣りができたことにものすごく満足した一日でしたとさ。




f20060305_6.jpg
TAKAに貰った軽くてコンパクトな折りたたみテーブル。使えるねえ。

・本日の釣果=0

杉坂さんのルードボディストリーマーのタイイング映像

投稿者 fumiaki : 2006年03月05日 03:07

コメント

▼投稿者 masaki : 2006年03月08日 22:09

西山徹さんの黄色い本「100の戦術」には、「低水温期のイワナは大きなニンフ」って書いてあったと思うよ。それこそ6番とかばかでかいヤツ。
ちなみに岐阜でこういう雪深い渓流ではエサ師ばっかりじゃないかな。
雪の時期のミッジングなら本流に行くよ。豊平川でも街中とかさ、まともなシーズンだったら魚が居なさそうなだだっ広い所でやるよ。そう言う所は、早春のミッジングのみってポイント多いしね。
前のノースアングラーで見た気がするけど、北海道のミッジングって探せば色々見つかるんじゃないの?
あと、寒い時期って千歳川で巨大ブラウンとかスティールヘッドみたいなニジマスとか釣れるんじゃないの?そう考えると、北海道ならシンキングラインがやっぱり要るね。

▼投稿者 fumiaki : 2006年03月08日 22:26

なるほど。

べつにミッジングにこだわってるわけではないからさ。俺の場合。ターゲットの川で釣れればいいわけ。となると、この場合はでかいニンフが必要なのか。

で、千歳川で巨大ブラウンねらうならなに巻けばいいんだ?

シンキングライン(type3)とエアロシューターオーバル+2は今日買ってきたぜ!

▼投稿者 masaki : 2006年03月08日 22:52

千歳川で釣れてる大物は大抵ルアーだよ、たぶん…
ルアーマンはミノー使ってるみたいだから、フライならやっぱりストリーマーじゃないの?
どのみち相手は大型トラウトなので魚食メインだろうしね。
ラインのスプライス難しそうだな。どうやって穴穿けて通すの?

▼投稿者 fumiaki : 2006年03月08日 23:05

早速実験してみたぜ!

普通の縫い針をライターであぶって熱してな、そいつをフライラインにぷすっと刺すわけよ。一度じゃ貫通しないから何度かやるわけ。そしたらちゃんと穴ができてさ。そこにランニングラインを通して瞬間接着材で固定するだけ。あまりはカット。これが見事に接着されててさ、ペンチで引っ張っても接合部分はまったく壊れない。
恐るべし瞬間接着材!
詳しくは明日当たり記事に書くわ。

千歳川はストリーマーね。オッケー!

▼投稿者 masaki : 2006年03月08日 23:35

接続部を上からコーティングした?アクアシールみたいのだとしなやかでいいんじゃないの?
千歳川のストリーマーは僕の勝手な予想だから信憑性はイマイチだけど(笑)、北海道でも千歳川遡上魚の釣りはまだ確立されていないんじゃないかな。
どうだろうね、あんまり大きいようならイトウ用のフライとかどうだろうね。効くかもね。それもやっぱりストリーマーだと思うよ。
スティールヘッド用とかサクラマス用のフライとかは参考にならないのかなぁ?
でも、北米のスティールへッドは遡上が夏か秋頃でしょ?季節違うから関係ないのかな?その辺はよくわかりません。

▼投稿者 fumiaki : 2006年03月08日 23:51

いんにゃ。
接続部のコーティングはしてない。フライラインの中を通るランニングラインに瞬着をつけてるだけ。
ピンポイントでくっついてるので動きも損なわれません。

千歳川はねー、腰までつからなきゃ釣りできないのよ。3年前ぐらい、3月に行ったときは水が冷たすぎて30分ぐらいしかウェーディングできなかった。。とても寒かったというつらい思い出があるのでしばらくは行かないかな。暖かくなるまでは。ネオプレーンのウェーダーでもあれば別だが。。

装備より根性か?

でも行くときはたぶんストリーマー巻いてくよ。サクラ用とか参考にしてさ。

▼投稿者 masaki : 2006年03月11日 18:08

3/11

せっかく岐阜市に来たんだからサツキマスの釣り方わからないかなあ、と思っていたら、海サクラのネタ発見。

http://homepage3.nifty.com/Daiou3/Satukimasu.htm

▼投稿者 fumiaki : 2006年03月11日 20:07

研究してる人っているんだねぇ。
サイト見るとエサ釣りっぽいけど、
何で狙うわけ?

▼投稿者 masaki : 2006年03月12日 20:36

↑詳しくはわかりません、失礼…

ちょっと話は違うんだけど、今日サツキマスの話を聞いたよ。
長良川・岐阜市周辺のサツキマスなんだけど、アレキサンドラとかシルバーマーチブラウン、グレートセッジとかの一般的なウェットフライか、ストリーマーでいいって。
で、タナは参考にならんかも知れんけど、サツキはそれほど底に沈む魚じゃないからタイプⅡっくらいでいいってさ。
ただ、サツキは5月くらいからで桜が散って1ヶ月以上経ってからの話だから、ちょっと条件が違うよね。

▼投稿者 fumiaki : 2006年03月13日 01:09

なるほど。とゆーことはお前もいよいよウェットデビューか。(もうデビューしてた?)

そうかそうか。ならば最近ヒジョーに素晴らしいものをゲットしたのでキミにも送ってやろう!

楽しみに待ってなさい。