2014年01月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 2月12日 長良川の渋滞 | メイン | 買ったぜ、ロープ! »

m-bobo blog

2月18日 長良川 ミッジング 

●八幡大橋上流 2/18 

060218nagara-valor.JPG

とうとうきました、ほんとの釣行記!


記念の今季初釣行は…

                 魚の写真ないです(大泣)

と云う結果に終わりました…


単発ライズはあったんだけど…

あったんだけど…


鯉らしき大型魚はたくさんいたけどね(関係ないね)。


その顛末を書くのもどうかと思うが…(←そんなもん要らんとは云わないこと)

今週はずっと暖かくて、平均気温もこの冬では珍しいくらい高かった(気がする)。
こりゃあライズいっぱいあるんじゃないの?って感じだったのに、

今朝から急に気温低下!

そんなに釣りの邪魔したいのか、お前!(誰が?)


出発前夜の天気予報からブルーだったけど、今回を逃すと
今シーズンの長良川ミッジングはホントにやる機会がなさそうなので諦めて行くしかない。

しかしやっぱり気温が急激に下がったのが気になって、早起きする気合いが入らない。

結局、郡上に入って漁券を買ったのはもう10時過ぎで、釣具屋のオヤジさんは

「フライなら長良川本流より、支流の吉田川の八幡大橋がいいよ、人は多いけどね

と教えてくれた。おじさんありがとう!

でも後半の一言が気になるな。

決して悪人ではないがひねくれてる僕は
律儀に「ありがとー」と云ったくせにお薦めの吉田川を後回しにして本流を見て回る。

郡上周辺の長良川をちょっと見てみるがライズがないなあ…
風もそこそこあるし、やりにくそう。

去年は、有名ポイントに割り込んでいく度胸がなくて本流を彷徨っていたら
吉田川合流下の最初の橋で偶然ライズを見つけてたりしたんだけどなあ。
ヒレピンだったのに…

去年の幸運再び、ってことでライズ待ちするがどうもだめだ…だんだん飽きてきたので、
本命ポイントから少し離れてライズを待ちながら、端の方にうじゃうじゃいる巨大魚の群れ(鯉か?)を狙うこと1時間…

釣れん!


時間をかなり無駄にしてしまう…


仕方なく吉田川の八幡大橋の偵察に行くが、こちらはやはり人が多い。

060218hachimannoohashi-hiruma.JPG
●八幡大橋上流(この写真では余り混んでないように見えるけど、結構な人出)

この写真に写ってない人や順番待ちみたいな人、さらにはこれから川に降りるのか冷やかしなのか偵察なのかよくわからないギャラリーも多いし、だめだこりゃ。

でもライズはポツポツあるようだ。だからこんなに混んでるんだろうけど。


まだ究極の混み方ってほどではないけど、できればもっと気持ちよく釣りがしたいなあ。

…と思って仕方なく再度本流を見に行ってもやっぱりダメで、やっぱり八幡大橋に戻る。


ポイントの真上にあるバロー(東海地方のスーパーマーケットね)で申し訳程度に
昼ご飯を買い、川を見ながらパクつく。

人が減らないかな~

と思ってパン食って時間をつぶしていると、逆にどんどん増えてくる…


丁度良く腹ごしらえを終えるともう2時。少し不安になりながら、いざ川に降りる。


ライズはバローの対岸側にある建物の影に多いが、空いてるライズはなし。当然か。
仕方ないのでライズはないが空いてる場所に入る。

060218nagara-valor.JPG
●上流側はフライフィッシャーばっかり

フライフィッシャーの固まりの下流はフライフィッシャーやエサ師やルアーに子供、何でもアリである。

その2つの集団の間に入るがやっぱりライズなし。

対岸に渡り今度はバローの側に向かって立つ。もう他に移動もできなくなり、ココで待つしかない。

むやみに振って魚を散らしてもしょうがないので、腰まで浸かってずっと待つ。待つ待つ待つ…

最初は天気が良かったが、だんだん寒くなってくる。

集中力が無くなってきた頃に、最初のライズ!しかも結構近い!

あわててキャストするが無反応、じゃあもう1回!

反応なし。

あれ??ライズ1回だけ?

ってことは…オレが散らしたのか??
終了ー!

そしてまた待つ…待つ待つ…

30分でライズ1回!?
と思っていたら、すぐ上流に人が。仕方ないなぁ、この混み具合じゃ。

そしてまた待つ…待つ待つ…

そうしたらやっときました、さっき上流に入った人と僕の間に!

別の人もう1人…(泣)

入ってきていきなり、全然ライズないのにびゅんびゅん振りまくる彼、頼むわぁ~。

確かにオレよりはキャスト上手だけど

上手だけど…飛んでるけど…

場所荒らすのは勘弁してよ。

と待ってたら、もう1時間くらい経ってしまった。
成果はライズ1回、FFマン2人だけ?

と思ってたらやっときた、ライズ!
もちろんぶっ飛び兄ちゃんより下流で。兄ちゃんにつられてぶんぶん振らんで良かった。

多少距離はあるが、ダウンクロスで流すにはばっちりの位置、これはかなりいけそうだ。

隣の兄ちゃんに引っかからないように気を付けなきゃいけないので、ちょっと気をそがれるが

待ちに待ったチャンス到来、気分は戦艦大和初の対艦主砲攻撃、サマール島沖追撃戦である。

戦艦の主砲弾よりは命中率いいはず。

「目標!-左舷35°、距離  13,000 ミリメートル!」

撃てー!!

満を持してキャスト!

結構いいぞ!よし、よし、それ!そこだ!


あれ?…


何もなし。


再度キャスト。

連続でいいところに入ったぞ!(めずらしい)
よしよしよし…


食った!! ぷるぷるっ!
あ~!久しぶりの感触~!

あっ!!

ばれた…

継続時間0.5秒(たぶん)
がっくり…


それから10分くらいさらに待っていると、隣のぶっ飛び兄ちゃんが寄ってきた。

「ココ初めてなんですけど~、どうですか~?ライン細いですね~、何番ですか~?」だって。

っていわれても、こちとら荷物がたくさんもてない関係で今日は2番を持ってきてないから我慢して
3番使ってるのに。

話しかけてきた彼の竿は、モデルまではわからないが、ロッドもリールもセージでちょっと太め、そりゃ飛ぶわ。それほど大きくもない吉田川で4番を使っているところを見ると、確かに初めて来たらしい。

彼の話を聞かされていると、ライズ発見!こんな時に、彼の前で…悔しい…

しかし彼は無視して話し続ける。何故だ??ライズを狙わずに話し続ける彼。

「さっきばらしてましたよね」

…うるせーよ。(←グサッ)

と我慢していると、今度は僕の目の前でライズ!

しかし彼の話を聞きながらキャストしてもうまくいかない。

彼の相手をしてるうちにでライズを複数やり過ごす。

そのうち彼も「こいつと会話しても釣れん」と思ったかどうかは知らんが去っていった。

そして何故かライズも無くなってゆく…

彼がイブニングをしたがっていたが、あまり天気も良くなく、寒くなってきたのであまり期待しない方がいいんじゃないの?

と思うままに正直に答えたけど、どっこい、夕方の4時半頃から20~30分はライズ増えたなあ

悪気があってウソを教えたわけではないが…

こんなに寒いのにイブニングがあるのか~と驚きつつ、心の中でセージくんに謝る。

他にも何度か魚は出たけど、結局フッキングすらしませんでした。

今回は釣れなかったけど、収穫と云えば今期流行りの(はやってるの?)のTP88フックだね。

半日ほとんどこのフックに巻いたフライを2~3本使い通したけど、良く浮き沈まないという性能には驚いた
そのフライのCDCもたまたま良かったみたいでなかなか吸水だおれしなくて良かったけど、もしかしてそれもフックの軽量さによるものか?

今年2月の長野県でのイベントで、杉坂の研ちゃんに「15本500円は高いよ」って云ったら、逆に
「あれだけ苦労して作った中から更に厳選して売ってることを考えたら、こんなの安いよ!」って
熱っぽく語られてしまってから、そんなもんなのかなぁと思っていたんだけどね。

どうも好きになれない松○○吉のプードルフックはミッジ出てないので(嫌なのに買ってしまう)、値段は高いけどTP88を買わざるを得ない。まあ、TP88はいいからしょうがないね。

ただし、釣れてないからフッキング性能がいい云々はわかんないけどね。

値段は高いけど、これ使ってダメだったらもうしょうがないって諦めはつくね。次回こそこれで一匹釣りたいなあ。
一匹だけじゃなくてもいいけどね。


投稿者 masaki : 2006年02月18日 20:42

コメント

▼投稿者 fumiaki : 2006年03月08日 22:58

しかしまあ、人の多いとこだなー。
そっちで釣りすんのって大変なんだなぁ。

ところでさ、ライズしか狙わないの?
ニンフとか使わないの?
ミッジングってそーゆー感じなんだ?

TP88良さそうだなあ。

▼投稿者 masaki : 2006年03月08日 23:26

川底でじっとしてるやる気のないヤツをがんばって探し出すより、ライズしてる喰い気のあるヤツを狙う方が効率がいいし、ライズ狙うのはやっぱり面白いからね。
ミッジでもユスリカウェット使うらしいよ、ライズ狙いとかでも。ライズ無くても効くらしいけど。
ただ、そういうときのウェットって、フローティングラインで表層を流すみたいだよ。シンキングでドーンと沈めたりするウェットではないみたい。